中編3
  • 表示切替
  • 使い方

霊感テスト

私の周辺で定期的に流行った《霊感テスト》

周りはこぞってキャーキャー騒ぎながらソレをやる。そんな光景を私とNは眺めていた。その中でも、処理に困った《テスト》に出くわしたことがある。

nextpage

〈目を瞑って、力を抜いて。〉

__また始まった。

簡単に説明すると、

1.される側) 目を瞑って、力を抜く

2.する側) 相手の目の前で、相手の名前をフルネームで書き、一回書き終わる度に相手の手を取り、振る。これを3セット。

3.する側) 2の後、自分の手を三回回す(糸まきの歌にある?ような)そして、相手の手に向かって自分の手をかざし、引き上げる。

4.終わらせる時は、する側がされる側の腕を掴み、下に下げる。

3の時、霊感があれば誰も触っていないのに、勝手に腕が上に持ち上げられる感覚になるという。(あくまで、噂だ)

ただ、これにはタブーがあった。それは、

《肩より上に手を上げてはならない》

というものだ。タブーをやらかすと自分で首を絞めてしまうのだという。

(どうせ、心理的な思い込みなんだろう)

そんな風にしか私もNも思っていた。

nextpage

〈ねぇN〜!やってみてよ!〉

「え〜」

突然の誘いに嬉しそうにやってもらおうとするN。

『抵抗してみたら?』

ボソッと私は耳打ちした。意地悪そうな笑みを浮かべ、「了解〜」とNは実験されに行った。

separator

「うぉぉ!これはw駄目だw」

結構な力で抵抗しているはずのNの腕はみるみる内に上へ上がっていく。本人曰く「手首をガッツリ掴まれた!」だそう。

疑心暗鬼になりながら、Nにお前もやってみろと言われ渋々了解した。

「…。」

Nは何やら私にテストをしようとしている者に耳打ちしている。__悪い予感がした。

nextpage

目を瞑っている状態の私は完全に力を抜いていた。

ヒュ ヒュ ヒュ

目の前で私の名前を書いているのか、風をきる音がする。

その途端、

ガシッ

ハッキリと手首を掴まれる感覚があった。

その感覚は続き、力を抜いている私はされるがまま、手を上に上げられていった。周りの野次馬からは〈おぉ〜〉っと感心するかのような声が聞こえてきた。

nextpage

そろそろ、相手は術を解くだろうと思っていた。が、なかなか降ろされない。

__おかしい。

もう、腕は肩の高さだ。

周りからはザワザワとした雰囲気が漂う。どうやら、Nの指示のせいで私はタブーをやっているようだ。

自分で解こうにも、金縛りのように体は動かない。

__まずい

そう思った時だ。

nextpage

腕が半ば強制的に曲げられる感覚があった。そう、首の方向に手が向いた形だ。

周囲はとうとう焦りだした。が、Nがそれを止める。目を瞑っている状況でも私はNが楽しんでいるのがわかった。

辛うじて声は出せたので

『N…止めてくれないか?コレ、かなりマズイのだが。』

と助けを求めるも

「大丈夫。大丈夫。」

としか言わない。

そんな状況下であった私もマズイとは言いつつ、何故か平常心でいた。

(夢の感覚で…)

そんな風に考え、記憶が一瞬途絶えた。

nextpage

ハッとして起きると、周りに何人かが集まっていた。

〈大丈夫?〉と口々に聞いてくる。

『うん。大丈夫。ありがとう』

そう言って、人だかりを抜けていつの間にか消えていたNを探した。

微かに痙攣が全身を襲っていた。

『おい…』

やっとNを見つけた。相変わらずニコニコしている。

『ご希望のものは見れたかな?』

痙攣する手を抑えながら私は言った。

「ん〜…」

ニコニコしながら言葉を濁す。この時ほどNの思考が読めない日はなかった。

nextpage

それから、痙攣のようなものはそれからしばらく続いた。そして、その日以降、さらに可笑しな現象に巻き込まれていくのは、また、別のお話。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9594
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

*mamiさん*
明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
やはり、一回は流行りますよね…
私も古い記憶を辿ったので不十分かもしれないですが、面白半分でやるのは、良くないということが印象的だったのは確実です…

今年もよろしくお願いします。

faust様、明けましておめでとうございます。
今更…そして、こんな時間に読みまして、コメントを失礼致します。

これ、私も小学校時代にありました。詳細は覚えてないのですが、相手に向かって手をクルクル巻いていくとか、肩より上にあげてはいけないとか…
不思議な感覚で、私の腕も上がっていきました。

どうぞ本年も宜しくお願いいたします。

*hikaさん*
コメントありがとうございます。
褒めていただき、とても嬉しく、言葉に表せません…
ありがとうございます…

これからも、少しづつ更新していこうと思いますのでよろしくお願いします…

表示
ネタバレ注意