中編4
  • 表示切替
  • 使い方

みえているもの

子供の頃から他人には見えないモノが見えていたのだと思う

他人が見ているものと同じもの

それと同じように見えているので他の人にも見えているものだと思っていた

公園の砂場に立っている女の人

4車線の間の分離帯に取り残された人

木の上に座っているおじいさん

幼稚園の門からこちらを見ている人

踏切の前で俯き立っている人

駅のホームの椅子にじっと座っている人

普通にただの人と同じに見えていたのだ

時々人に言うと

「そんな人いないよ」

と言われる事があり、いつしか自分が見ているモノと人が見ている物は違うのだと悟った

その頃から明らかに存在するはずのないモノが何となくわかるようになった

同時に自分にしか見えていないという事が怖くなった

友人達はたまに不思議なことを言うやつだ

程度にしか感じておらず疎遠にされる事はなかったのは救いだった

中には頭のおかしいヤツだとか妄想癖だとかいう者もいたが、そもそもそういった輩とは付き合いがほとんどないので気にするほどのことではなかった

ある日、おかしな子供だと思われるのを覚悟で母に言ってみた

すると母は

「今更何を言っているのか」

と鼻で笑った

とっくに知っていたし母も同じモノを見ているらしい

気は楽になったが、原型をとどめているモノはやはり見分けがつきにくかった

母に言ってみたところ

「生きている者だろうがそうでなかろうがお前の人生に関係することはないから気にするな」

と言われ

確かに と思った

それからはあまり気にしないようになった

時々見えていることに気付いて話しかけて来たりちょっかいをかけてくるモノもいたができる限り相手にしないようにして過ごしていた

成人し一人暮らしをはじめた頃、急に今まで見えていたモノが見えなくなった

原型留めていたモノはイマイチどうかわからないが

そうではない明らかな異形は全く見えなくなった

理解ある友人に話して見たところ

「大人になると見えなくなるってよく言うよな。良かったじゃないか。俺としては残念でならないがな」

と理解者はのたまった

まぁ、道端で血塗れの子供を見てしまっていたたまれない気持ちになったりせずに済むのは助かるな

などと思っていたのは数日間の事だった

「見えなくなった」だけで「居なくなった」わけではないのだ

という事に気付いてしまったのだ

その事に気付いてしまったせいで見えていた頃よりも怖くなった

ついこの間まで見えていた踏切にずっと佇んでいたあの女の人は今でも佇んでいるのだろう

でも今は見えない

今までこちらが見えていることに気付いているモノもいた

今は見えない

何かされてもわからない

そんな恐怖を感じながら生活していたが

ある日友人と買い物に出ていた時

何も無い歩道橋の階段で何かに突き落とされた

友人は前を歩いていた

落ちる瞬間、女性の声が聞こえたので振り返ったが誰もいなかった

なのに明らかに突き落とされた

とっさに手摺に掴まったため大事にはいたらなかったが

友人が近寄ってきて声をかけてくれている時

私は思い出した

この歩道橋から下を眺めている女性がいつもいた事を

何となく嫌な予感がして今までこの歩道橋を使ったことがなかった事を

そして気付いてしまった

突き落とされる瞬間

低く憎しみのこもった声で

「しね」

と聞こえたことに

寒気がした

友人に付き添ってもらいマンションへ帰ったが

震えが止まらず友人に泊まっていってもらった

次の日、友人は帰ったが私は家から出られなくなった

実家にいた頃からの癖で玄関に盛り塩、部屋には父の実家で頂いたお札を貼っているので多少安心出来た

自宅で仕事をしていた事は不幸中の幸いだった

買い物は申し訳なく思いながらも友人に頼んでいた

そうして部屋から出なくなって数週間経ったある日

母が突然来た

何やら怒った様子で

「元のように見えるようになりたいか?」

と聞かれた

見えなくなった事は言っていなかったのに何故知っているのかと思ったが少し悩んで頷いた

すると母はため息をついて

「目を閉じろ」

と言った

よくわからないが素直に従って目を閉じると

顔に何か紙のようなものがつけられた

もう目開けていいと言われたので目を開けると目の前に謎の白い紙

なんだこれ?と思い指で軽くつまむと

「なるべく触るな。今から24時間それをつけていろ」

明日今頃人を寄越すからそれまでは何があっても外すなと念を押して帰って行った

結果として、私は元通り見えるようになった

紙を貼っている間、色々なことがあったがそれはまた別の機会にでの話そうかと思います

今でも人には見えないモノが見える

でもあの見えなくなった時を思うとそれほど恐ろしくはない

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
43611
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ピノ様
過去作品まで全て読んでいただきありがとうございます!!

白い紙くつけて、24時間過ごすとか後で考えると異様ですよねw

また何かしら投稿すると思います!!

表示
ネタバレ注意

名無しの権ちゃん様
閲覧、コメントありがとうございます!!
そうですねぇ他の方のコメント返しにも書きましたが
「朝起きたら家族、知人が透明人間になっていた」と想像してみるとか
「指名手配犯に似た人を近所の公園で何度か見かけたけどある日パッタリと姿を見なくなった」とか
そういった非日常的な想像になってしまいますねw

殺意というより見えている=何かしらの防衛手段がある
という事だけど見えていたが見えなくなった場合存在を知っているけど防御手段がなくなる故に狙いやすくなるんじゃないでしょうか

元々全く見えない人を強制的に見える人にする事はできないんじゃないですかねぇ
一時的に見えるようにする事は一応できますが…

今書いてる話がそんな感じなので興味があればまた見てください(宣伝)

mami様
閲覧及びコメントありがとうございます!!
私は周りに恵まれていたので見えていて辛かった思い出は少ないですが作品にした程度に見えない時期の方がよっぽど怖かったですねぇ
「朝起きたら家族や知人が全員透明人間になってたら」と想像していただけたら何となくわかるんじゃないかなと思います。(書いておいて何だがわかりにくいような気がしてきた)
世の「見える人」の中には理解されずに辛い思いをしてる方も少なからずいるでしょうね…

あんみつ姫様
閲覧誠にありがとうございます。
今まで見えなかったものが突然見えるようになったら怖いと思うのでしょうが、私の場合物心ついた頃には既に見えていたので恐らく生まれつきなのでしょう。
子供の頃から感情の起伏が激しい方ではなかったためか「そういうもんかー」とすぐに慣れましたねぇ

母の
「生きている者だろうがそうでなかろうがお前の人生に関係することはないから気にするな」の台詞はなかなか説得力がありましたねぇw
なんせ同じ体質で倍以上生きてる人の言葉ですからねw

のり たま子様
元々見えている方はよっぽどグロい外見ではない限り気付かない事が多いと思います。

私は割と早い段階で既に現世のものでないモノにも色々なんだなぁくらいにしか思っていませんでしたが怖い人はやはり怖いでしょうね…
母には頭が上がりませんw

皆様コメントありがとうございます!!
私の拙い文章で少しでも怖い、面白かったと思っていただけたなら幸いです。
仕事が始まって亀になってしまいましたがお返事させていただきますー!!

見えてたものが見えなくなる恐怖・・・想像しかできないですが相当なもんでしょうね(;´_ゝ`)見えてれば対処できる(回避?)けど見えないと何もできない
・・・それに霊に記憶や感情の起伏があるかは判らないけど見えてたはずの人が見えてない人と同じで素通りしたら殺意も出てくるのかもですね(;´_ゝ`)
ところで元々見えない人も見えるようにできるのかな?ちょい好奇心旺盛なんで気になります(°Д°)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意