短編2
  • 表示切替
  • 使い方

wallpaper:221

最寄り駅からアパートへと続く帰り道。

その途中に急な坂がある。

坂は中ほどでゆるやかに「く」の字に折れ曲がり、坂の下から頂上を望むことはできない。

nextpage

坂を登りきったところには寺がある。

坂の片側の高い塀の向こうは広い墓地だ。

もう片側は民家の高い塀である。

nextpage

坂の麓と中ほど、それに頂上には街灯がある。

しかし、中ほどの街灯は電球が切れかかっていて、まるで息切れをしている老人のようにチカチカと点滅を繰り返している。

夜ともなると薄気味の悪い道だった。

nextpage

しかし残念なことにその坂道は僕の下宿への近道で、厭だ厭だと思いながら、俯(うつむ)きつつも夜にトボトボ登るのだった。

nextpage

ある夜、僕がその坂を登っていると、折れ曲がった道の向こうから、コロコロ、何かが転がってきた。

見ればそれは銀杏の実で、コロコロ、コロコロ、僕の足元をかすめて坂の下まで転がっていった。

nextpage

坂の上の寺の庭には、大きな銀杏の木があるのだ。

ああよく転がるなあと思いながらも、僕はまたトボトボ坂を登った。

nextpage

それから何日後かの夜のこと。

僕はまた、トボトボ坂を登っていた。

すると折れ曲がった道の向こうから、コロコロ、何かが転がってきた。

見ればそれはカメラのフィルムケースの黒い蓋で、器用にその身を起こしたまま、コロコロ、コロコロ、僕の足元をかすめて坂の下まで転がっていった。

nextpage

なんであんなものが。

不思議な気持ちになりながら、僕はまたトボトボ坂を登った。

nextpage

また何日後かの夜のこと。

僕はまた、トボトボ坂を登っていた。

すると折れ曲がった道の向こうから、ゴロゴロ、何かが転がってきた。

見ればそれは薄汚れたランニングシャツに股引きを履いた爺さんで、枯れ枝のような細い腕で膝を抱えた姿勢のまま、ゴロゴロ、ゴロゴロ、僕の足元をかすめて坂の下まで転がっていった。

nextpage

下、アスファルトなのに。痛そうだなあ。

不憫な気持ちになりながら、僕はまたトボトボ、トボトボ、坂を登った。

Normal
閲覧数コメント怖い
58211
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

にゃん様、今年もよろしくお願いいたしますー。

表示
ネタバレ注意

ピノ様、他の噺も読んでいただけると嬉しいです。
あんみつ姫様、○○○ってなんでしょう?
りこ様、華麗にスルーです!
珍味様、白雪夜話も読んでいただきありがとうございます。不安定な悪夢のようなナンセンス噺、また書きます。
龍田詩織様、白雪読んでいただきよかったです。怖いをありがとうございます。復元したいと思いますが、出来上がってみたら前より不気味な形になったりして。
ゴルゴム13様、白雪だけに…って、ツラい!

白雪が消えた
それは淡雪の如く溶け去ったのだ。
新作お疲れ様です。
オチが無いのが却っていい味出してます。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

ロビン様、はげましのお言葉ありがとうございます。
やめて泣けてきちゃう…10分以上の長編だったのに…。
いやいや、気を取り直してがんばります。

表示
ネタバレ注意