中編2
  • 表示切替
  • 使い方

三猿の呪い

三猿を馬鹿にするんじゃなかった。

nextpage

一日目、僕は目が見えなくなった。

光のない、暗闇の世界。

一歩先が道なのか、崖なのかもわからない。

僕は周りの人々に

「目が見えないのです。助けてください。道はこちらでいいのですか」

と泣きながら尋ねて回った。

意地悪な人は僕をからかったり騙したりしたが、親切な人は僕に道を教えてくれた。

その声が嬉しかった。

nextpage

二日目、僕は口がきけなくなった。

しゃべろうにも声が出ない。

喉の奥からはかすれた風の音しかしなかった。

目が見えず、口もきけない僕だったけど、文字を書いて道を尋ねた。

『目が見えず、声も出ないのです。道はこちらでいいのですか』

意地悪な人は僕をからかったり騙したりしたが、親切な人は僕に道を教えてくれた。

その声が嬉しかった。

nextpage

三日目、僕は耳が聞こえなくなった。

声を聞こうにも静寂しか届かない。

文字を書くことは出来たけれど、その答えを聞くことができなかった。

僕は泣いた。心細くて、孤独で泣いた。

nextpage

四日目、僕はまだ泣いていた。

見えなくて、話せなくて、聞こえなくて泣いた。

その時、誰かが僕の手を引いた。

温かくて、柔らかな手の感触だった。

nextpage

wallpaper:742

食べ物のいい匂いがしてきた。

泣きつかれてお腹が空いていたから、お腹が大きく鳴った。口内からはよだれが溢れた。

nextpage

wallpaper:791

誰かが僕に箸を握らせ、食器を持たせた。

手探りで食器の中の何かを口に運ぶ。

炊きたての米の味がした。

僕は夢中になってガツガツ食べた。

nextpage

wallpaper:1797

僕は泣いた。

うれしくて、ありがたくて泣いた。

心の中で「ありがとう」とつぶやいた。

ーーサワサワサワ

その時、僕の耳に音が戻った。

「あ、あ……」

僕の口に言葉が戻った。

ーーまぶしい。

僕の目に光が戻った。

nextpage

目の前には三猿がいた。

彼らは最初から僕の前にいたのかもしれない。

「ありがとう」

僕は声に出してもう一度礼を言った。

彼らは揃ってキキキ、と笑った。

Normal
閲覧数コメント怖い
8517
12
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意