皆殺しの家【リレー作品⓻】

長編7
  • 表示切替
  • 使い方

皆殺しの家【リレー作品⓻】

東日本大震災、未曽有の天変地異が起こるまで、Nは封印された別荘地の地下室で眠っていた。

Nという名前は警察関係者から符丁として付けられた名前だったが、N本人としては小説に出てくるスパイやエージェントのようで気に入っていたので、自分でもこの名前を使っていた。

nextpage

元の名前は・・・「のら」だったか「のろ」だったか、確か周りの村人からはそんなふうに呼ばれていたような気がする。

しかし、意味は野良犬だとかのろまだとかそんな感じだったので、むしろはっきりと思い出したくはなかった。

nextpage

「脳みそがあると、楽なんだがなあ」

やはり、霊体の身では考えることと覚えることに非常に力を使うという感覚、他人に憑りついて肉体を得ることができたNだからこそ実感できることだった。

nextpage

最初は戦争のおかげだった、兵隊に村の男たちが取られたおかげで、村は女と年寄りの数が多くなり、自分を馬鹿にしてきた奴らを比較的簡単に手をかけることができた。

その後、自分の理想とする虐待の共同体を作ることもできた。

しかし、一人の女が逃げ出したことにより、監禁事件が発覚しNは警察に追い詰められた。

nextpage

そして、Nは自殺した。

その際、体を焼き、歯を抜いたのは身元を隠したいからだった。

確信などなかったが、もし霊などというものが存在して、自分が恐ろしい悪霊になることができたならば、自分の生死をぼやけさせておくのは後々役に立つかもしれないと考えたからだった。

nextpage

そして、Nは賭けに勝った。

この世におびただしい未練を残したNの霊は悪霊となって復活した。

喜んだNはさっそく自分に何ができるかをいろいろと試してみた。

というのも幽霊として存在できるとはいえ、生きている人間に何の影響も及ぼすことができないのであれば、それはただそこにいるだけで何の意味もなかった。

その点に関して、色々試みた結果Nにはとんでもない能力が備わっていることがわかった。

なんと生きている人間に憑りついて自由にその人物を乗っ取ることができたのである。

nextpage

これにNは歓喜した。

「この能力があれば、なんでもできるじゃねえか、殺人や強姦だけじゃない、政治家に憑りつけば世界を破滅させることもできる」

しかし、この能力にはさらにいろいろ試すうちに色々と制限があることもわかってきた。

例えば明るく強い意志を持つ人間では意識を乗っ取ることができずに混濁することが多かった。

また、そもそも霊感をもっている人物の場合はNの姿が視られてしまうし、その霊的な加護からか憑りつくことができなかった。

nextpage

そうして自分の能力の特性を把握しながら、万全の準備を整えたNは自分を追いつめた警察に対するゲームを含めた猟奇殺人を開始した。

計画は成功し、警察に一泡ふかすこともできた。

しかし、その後、Nの身に思わぬことが起こった。

憑りつきの能力を使っているうちに心なしか憑りつく力が落ちているようなのだった。

以前は簡単に憑りつくことができた子供や薄弱そうな青年であっても憑りつきがうまくいかないことが出てきたのである。

慌てたNはさらに自分の能力に対する探究を続けた。

憑りついた青年の体を使って生まれて初めて本を読み漁り、参考になるかもしれないと心霊スポットと呼ばれる場所にも赴いた。

そして、ある心霊スポットのぬし的な霊から有用な情報を得ることができた。

それはいくら最初に強い力を持っていたとしても、使い続けていればその力は目減りしていくということだった。

その対策としては、自分が信仰や畏怖の対象となり、人々の念の力を集めればいいということもわかった。

「・・・要するに神様や心霊スポットのように信者や好奇を持つものを得るということか」

しかし、そうは言われたもののどうしたら信仰心や好奇心を集めることができるのかについてはさっぱりだった。

既に有名な心霊スポットには他にも有象無象の悪霊がいて、飛んでくる念を分け合わなくてはいけないからだった。

仕方なくNはできるだけ力を目減りさせないような対象を選びながら、短絡的な犯行を繰り返し、一回だけ子供の体を使って警察をおちょくって楽しんでみたりもした。

また、力が残っているうちに政治家の身体を乗っ取って日本をめちゃくちゃにしてやろうとも考えたが、意外なことに有力な政治家ほど護衛に霊感のある人間が存在し、政治家自身も意思の力だけでなく霊的な加護が恐ろしく強い人間ばかりだった。

「日本は心霊の分野を一般人に隠してやいないか?」

N自身がそう勘ぐってしまうほど、日本の有力者には心霊関係に精通している人間が多かったのである。

nextpage

そして、Nが政治家に興味をもち始めたころ、たまたま通りかかった神社の前が参拝客でごったがえしているのが見えた。

「ああ、そう言えば今日は正月か、そんなことすっかり忘れてたぜ」

もはやNは一般人のイベントには全く興味を持っていなかった。

そんなことよりも考えるのはやはり刹那的な快楽。

「今日は着物の女の子にしてやろうかな、そのあとデザートに巫女さんも喰っちゃおうかなあ」

どうせ回数が限られているのならとNはその時偏執的な嗜好に走り気味だった。

結婚式の花嫁を襲う父親、教え子を襲う慕われた先生、気弱な弟を襲う血のつながった実の姉など、不道徳の極みを尽くしていたNはまるで今日の晩御飯はこれかなという感覚でまたマニアックな選択をした。

nextpage

しかし、その選択がNの命運を尽きさせてしまったのだった。

そのときNが襲った着物の女の子は時の政権与党の大臣経験者という大物政治家の孫娘で、またその神社で霊視のできる神職に姿を確認されてしまった。

情報はすぐに警察にもたらされ、ちょうどそのとき警察ではNが憑りついて殺した小学生の事件とNの関係が捜査されていた。

そして、孫娘を襲われた大物政治家の指示による超法規的な包囲網が敷かれることとなってしまったのである。

N自身、警察がここまでやるとは思わなかったというほどの政治家の復讐ともいえる残虐なやり方で封印されてしまった。

nextpage

しかし、封印された地下室でNは諦めてはいなかった。

自分の存在が消えてしまう恐れもあったが、残ったすべての力を使って、封印から抜け出してきたのだった。

その結果、消滅だけはしなかったが、結界を通すことができたのはNの意識を含めたほんの少しの力でしかなかった。

外に出たNの意識に力はほとんど付いて来てはおらず、どんな憑きやすい幼い子供であっても、もう無理ではないかというほどだった。

その時、Nは封印の外を彷徨いながら、自分が読み漁った本のある論考を思い出していた。

それは幽霊が魂のある人間に憑りつくのでは着ぐるみの中にもう一人はいるようなものだからなかなかうまくはいかないのではないか。

それならばまだ魂と呼べるものがないと思われる胎児に憑りついたらどうだろうという記事だった。

当時、その記事を読んで興味は持ったが、あまりに不確定でまた仮に胎児にうまく融合することができたとしても、それで今の自分の意識が残せるのかが不安であったため、その時はそれ以上考察することはなかった。

しかし、今となってはもうその方法にすがるしかないのではないか、そう考えながら近くの村を彷徨っているとうってつけの妊婦をNは見つけることができた。

名は夏子というらしい。

見た目もN好みだった、もし胎児に成り代わることができたら、今度は親子での嬲り殺しも含めた戯れもいいじゃないかとまたマニアックな妄想にふけりながら、最後の選択肢をNは実行した。

nextpage

そして、結果は失敗だった。

胎児、すなわち秀夫への融合には成功したが、Nの意識は主ではなく、あくまで秀夫の潜在意識的なものにとどまってしまった。

そしてもう一つの誤算は夏子が霊感めいた勘をもっており、Nという悪寒の存在に気づいていたことだった。

そのため、あまりおおっぴらに動くと夏子に気づかれてしまうため、Nはその後夏子を殺す機会をずっと秀夫の中で伺っていた。

そして、少ない力を振り絞って秀夫の身体を隙を見て乗っ取り、夏子を自殺に見せかけて殺害したのだった。

さらに別荘地での猟奇事件を起こし、自身の封印された力を取り戻すため、封印を壊そうとしたがすんでのところで食い止められ、再び封印されてしまった。

nextpage

再度封印されたNだったが、そんなNに二つの幸運があった。

一つは天変地異という僥倖、地震と津波の天変地異によって封印の一部が破損したこと、そしてもう一つの幸運、それを最初Nは認識することができなかった。

封印の一部が壊れ、Nは別荘敷地内の結界の中であればいくばくか動くことができるようになっていた。

しかし、もう別荘地を囲む結界を抜ける力は当然残っていない。

Nの意識は別荘地の中を彷徨うしかできなかった。

しかし、どうだろう日に日に自身に力が戻ってくるような感覚があった。

何日か経つうちにその感覚はさらにはっきりしたものとなり、再び生きている人間に憑りついて乗っ取ることができそうなほどあった。

理由がわからず考えていたNがすべてを理解したのは深夜皆殺しの家に心霊スポット探訪に来た若者達を見た時である。

自分のいるこの別荘地が秀夫と一緒に起こした猟奇事件のせいで恐怖の心霊スポットになっていたのだった。

そのため皆殺しの家には好奇と畏怖の念が集まり、Nに力を戻している。

探究心旺盛なNはさらにこの状況を利用しようと考え、別荘の一つに残されていた古いパソコンを自身の力で動かし、心霊スポット特集サイトに意識を繋げてみた。

Nはそこでさらなる力の源となるように盛大に皆殺しの家を恐怖の心霊スポットとして煽ったのだった。

nextpage

そして、時は現在に至り、Nの努力はついに実を結んだ。

Nの意識は洋子を乗っ取り、自分の力の大部分をいまだ閉じ込めている封印を次々と破壊していた。

nextpage

「ひひ、この娘もいいけど、やっぱり復活第一号の獲物は春華に瓜二つのあの女だよなあ、秀夫も俺の半身だからな、運命を感じちゃったよお」

施設の中を進みながらも我慢できなくなったNは洋子の身体をまさぐりながら、春華の顔を思って絶頂を迎えたのだった。

Normal
コメント怖い
40
30
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信

ラグト様
再度ゆっくりと読ませていただきましたが、本当に見事です。
位置的にも難しい第7走者。
風のように走り去った感じがいたします。
ラグト様の踵には、翼がついておられるのでしょうか。
ゴミ屋敷と汚部屋状態だった第4走者。それを第5・6走者が断捨離し、綺麗にお掃除。その後、無駄のない洗練されたセンスでリフォームしてくださった感じがします。
あぁ、老体に やっと元気が戻って参りました。
さて、続く龍田様、まだお仕事の最中ですよね。
熱い紅茶か番茶をお持ちいたしましょうか。
ご無理のないように。。。と願いつつ、期待してしまう私です。
そして、そして、龍田様からの襷・バトンを受け取るのは、大人の色香?そうですか。遂にあの方が。。あぁ、我が愛しの君。ううう・・・涙がこぼれそうにございます。
しばらくは、脳内モルヒネ・アドレナリン放出がとまりそうにございません。このリレー、最期まで目が離せませんね。
給水所に熱い紅茶にショウガのしぼり汁とアカシアのハチミツを入れた特性ドリンクを持参いたしますので、応援の皆様もご一緒にいかがでしょう。( ^^) _旦~~
萌よ、番長。。じゃなかった、燃えよ、後半ランナー・・・(^_^)/

返信

大人の色香って言葉を知ってるか?番ちゃん…。

さ、そんなとこで遊んでたら迷惑になるからお家に帰ろうね?w

返信
表示
ネタバレ注意
返信

え?!龍田さん…次の指名のヒントである
大人の女性の色気ってもしかして…!?
だめですよ!?
だってだって番長はもう3番で走っちゃったんですもの…!
番長を指名されるだなんてぇ!?

あ、まだ作品よんでないのでこれから読みますw

返信

ラグトさん、お疲れ様でした。
すごいです。だんだん伏線の回収に入っていって…
“おぉ、なるほど‼”ばかり思っております。
お仕事もあったなか、本当にお疲れ様でした。
まだまだ楽しみですね。
今後も目が離せません。
ありがとうございました‼

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信