中編2
  • 表示切替
  • 使い方

湖の写真

自分が引っ越しするために、荷物を整理していた時、見たことのないアルバムが見つかった。

カバーはどこにでもあるような普通のものだったが、そもそもアルバムは全部実家においてあるはずだ。

ただ、なんとなく中身も気になったのでアルバムを開くとそこには

「湖……か?」

最初のページには、湖の写真が貼り付けてあった。

多分、そうとう大きい。

対岸が霞んで見える。

「なんでこんな写真撮るんだろ」

空は曇っているし、湖が特別澄んでるわけでもない。

およそ、写真を撮る価値のないような風景。

ページをめくる。

「あれ?」

そこにはまた湖の写真が貼ってあった。どうやら同じ湖、同じ場所から撮っている。景色が変わってない。

……いや、違う。湖の奥のほう、岸から100メートルくらいの場所に、なにか浮かんでいる。

ただ、なんだか黒ずんでいてよく見えない。

ページをめくる。

また湖の写真だ。そしてやはり、なにか浮かんでいる。しかし、一つ前の写真より、その「なにか」はこっちの方へ近づいてきている。

よく見ると……

「これって、人か?」

人が浮かんでいるように見える。

手足をバタバタ動かしてるような感じで。

溺れているのか?

ページをめくる。

また近づいてくる。

……溺れかけてる人間の写真を取り続けてるって、やばいな。

ページをめくる。

どんどん近づいてくる。

だんだんはっきりしてくる。

……人であることは間違いない。

しかし、なんだか変だ。

ベージをめくる。

ギョッ とした。その溺れていた人は、すでに岸にあがっていた。男だ。やっぱりだ。こいつはおかしい、たしかに人の形をしているが、全身がくろずんでいて、グズグズに腐ったみたいな皮膚だ。それに、腹が異様に出っ張っている、というか体がパンパンに膨らんでいるような。

まるで溺死体のように……

ページをめくる。

その男は歩いて近づいてくる。

なんだか写真の向こうから睨まれているような気がする。

ページをめくる。

近づいてくる。

なんで俺はページをめくっているんだ?

ページをめくる。

近づいてくる。その男には目玉がなかった。

明らかにやばい。異常だ。

ページをめくる。

近づいてくる。

本能でわかっている。

ダメだ、めくっちゃダメだ。

手が勝手に動いていく。

ページをめくる。

「ヒィッ」と声を出してしまった。

写真のほとんどはその男の顔で埋まっている。皮膚もズルズルになって剥がれていて、肉がグジュグジュになっている。なんだか臭いまで漂ってくるようだ。目玉もないのに、その真っ黒な眼窩が自分を睨みつけてるような……

アルバムはそこで終わりだった。

どうしよう。すぐに捨ててしまおうか。それともお寺にでも持っていくか。

とにかくもうこんなもの見たくない。

アルバムを閉じる。

nextpage

そこでは、男が真っ黒な目で俺を睨みつけていた。

Normal
閲覧数コメント怖い
3423
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

読ませていただきました。

1枚だけの心霊写真は珍しくありませんが、連写で映る心霊写真があればこのようなことが起こり呪い倍増なんてことが起こるのかな?と考えました。