中編4
  • 表示切替
  • 使い方

カラオケ店の子供

昔5階建てのカラオケでバイトしてた時のお話

nextpage

3階の部屋が客で埋まったら4階に、4階が埋まったら5階にって感じで部屋を回すのがお決まりだった。

一つでも部屋を使うと最後に閉めって言ってそのフロアを全部掃除しなきゃいけないもんで3階が埋まってても5分ぐらいで部屋が空きそうなら

「今満室なんですよー5分程…」

って感じで客待たせて4階を使わないようにする努力してたw

流石に待ちが二組以上だったら4階開放してたけどね。

nextpage

その日は平日だってのにめずらしく4階まで埋まってて、出てくるような客もいなかったから仕方なく5階を開放したんだよね。

つっても5階に入ったのは父母子供二人の4人家族一組だけ。

nextpage

んで部屋案内して1時間ぐらいたった時かな。

その家族部屋から苦情が来た、何やら5階を走り回る子供がいるらしい。

インターホンに出た店長はすぐに注意しにいきますのでってな感じで謝ってた。

nextpage

んで店長が部屋の人数とか年齢をチェックしたんだけど5階の家族部屋以外に小学生以下の子供がいるような部屋は無かった。

俺らにも

「今日って子供入ってたっけ?」

って聞いてきたけど

「今日は子供入ってないっすね」

って感じで返した。

nextpage

取り合えず3、4、5階見回りしたけど子供は見つからなかった。

「やっぽ子供はいないですねー」

って報告してたらインターホンがなった。もちろん家族部屋から。

nextpage

曰く、子供が益々騒がしく走り回ってるとのこと。こりゃまいったなーと思い取り合えずお飲み物でも出そうって事になった。

「申し訳ありません、これ、サービスになります」

って飲み物渡して一階に下りると店長が

「ちょっとフロント見てて俺上行ってくる」

って小走りで上行った。

nextpage

まさか5階かwなんて思ってたら家族部屋からトゥルルルって…出てみると店長で

「N(俺)ちょっと脚立と懐中電灯もって部屋きて」

って頼まれた。

うほwって思いながら脚立もって5階の家族部屋に行った。

nextpage

部屋につくと何やら店長と父親が話してた、上見ると普段は鍵がないと開けられない天井裏に行くため?のドアが開いてた。

蓋?がプラ~ンとなってて溜まった埃がフワフワと降ってきてる感じだった。汚ねwって思った。

「N、脚立押さえてて」

って言うと店長が脚立に上がってそこの穴に上半身突っ込んで何やら点検してる感じ。

「鍵が壊れちゃってるみたいですね~申し訳ありません」

って店長が申し訳無さそうに言った。

しっかし子供がうるさいわ天井のドアが開くわでこの家族も災難だなw

今日は料金頂くわけにはいかないな、とか考えてた。

nextpage

「どこの部屋の子かしら、親御さんは心配してないかしら?」

って子供二人に抱きつかれた母親が俺に聞いてきた。

天井の事で文句言われると思ってたから反応が遅れた。

「3階の方かもしれないですね(嘘)あはは;」

って感じで返してたら

「どうやって上がったのかしらね、そんなに簡単に上がれるものなんですか?」

って言われた。

「エレベーター以外にも階段がありますから、なので階段を使って上に来ちゃったんじゃないですかね」

と返した。

nextpage

一呼吸おいて父親が俺に向かって言った 。

「歌ってたら急にバン!って上の蓋が勢いよく開いて、ビックリして(家族四人共)上見たら知らない子供が頭出して部屋を覗いてたんですよ」

nextpage

ゾワっとしたわ!w

ブルっとしたわ!w

おいマジかよ店長w言えよ馬鹿wこえーよ俺早く下戻りてーよwって思った。

nextpage

「私達ビックリしちゃってしばらく何も言えずにじーっと見詰め合ったんです」

と母親。

「ボク危ないよ?って言おうと思ったらスっと顔引っ込めて逃げちゃったんです」

と父親。

「こえええええ!」

って子供の心の声がハッキリと聞こえた。

今思えばあれは俺の心の声だったのかもしれない。

nextpage

店長が

「誠に申し訳ありません、すぐ別の部屋を用意させて頂きます」

と言うと俺に別(3階か4階)の部屋に案内するよう指示した。

飲み物などは全てそこに置いて新しい部屋に案内し

「今回は御代の方は結構ですので」

と新しく飲み物をサービスした。

思わぬ展開に家族は喜んでた。

思わぬ展開に俺はブルってた。

nextpage

5階の部屋に指示通りやった事を報告しに戻ると店長がニヤニヤしながら

「こえええww」

って言ってきたw

俺もだ馬鹿wって思ってたら

nextpage

「いやさ、鍵壊れてるつったけど実は鍵壊れてないんだよねwうははw」

nextpage

って俺はあの時、チビったのかな?

どうやら何とか誤魔化そうと鍵が壊れてるって事にしたらしい。

上半身穴に突っ込んでるときは正直

「やべええwこんなとこ覗きたくねぇw」

って思ったとか。

nextpage

取り合えず蓋閉めて鍵閉めなおして部屋片付けてフロント戻った。

何がこえーってさ、俺思い出したんだよ。店のルール。

nextpage

「一部屋でも使ったらそのフロアは掃除しなくちゃいけない」って事。

一人で、店を閉める夜中の3時付近に。

店長が何か言いたそうにじーっとこっち見てたのを覚えてるよ。

nextpage

俺は0時で帰ったw

nextpage

翌日出勤すると店の中はその話題で持ちきりだった、

何やらあの後遅番の人が5階閉めに行ったら天井のドアがまた開いてたらしい。

技術専門スタッフに来るよう本社に連絡入れたあとしばらく5階に客は入れなかった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5915
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

こえええええ!