中編2
  • 表示切替
  • 使い方

伊藤さん

このお話は私が地元の企業に就職して二年目に起きた出来事だったと思います。

その日、私は一人で取引先を回っていたのですが、同じ部署の先輩女性で私の教育係でもある黒川さんから携帯に着信がありました。

携帯に出てみると、自分が行く予定だった取引先に行けなくなったから、代わりに行ってほしいということでした。

その取引先には行ったことはありませんでしたが、場所は知っていたので了解しました。

そして、そこでの打ち合わせの内容もメールで飛ばしてくれるということで私はそのままその取引先に向かいました。

nextpage

郊外のコンクリイトウ製の壁に囲まれた事務所に着いた後、駐車場に車を止めて黒川さんからのメールを待っていたのですが、その敷地の中で何か違和感を覚えました。

実は黒川先輩はいわゆる霊感のある人でこれまでも一緒に仕事をしてきた中で心霊的な事件に何度も遭遇していました。

私はどうも少々感じる体質らしく、霊的に良くないところというのは何となく雰囲気で分かるようになっていました。

確信は持てませんでしたが、この会社の事務所からも何かそのような良くない雰囲気が感じ取れました。

その時、黒川さんからメールが届いたので、打ち合わせの内容を確認するとメールの最後に一文添えられていました。

nextpage

「あと、そこの事務所、自殺した伊藤さんが彷徨っているから意識しないほうがいいわよ」

nextpage

誰、伊藤さんって!

nextpage

そして、このメールのせいで逆に意識するようになってしまいました。

案の定、打ち合わせが終わってその会社を出た後、体が妙に重く気持ちも沈んでしまいました。

今までの経験上、明らかに何か憑いてきています。

うちの会社の事務所に戻ると、私はさっそく彼女のところに行きました。

nextpage

「うわっ、あんた本当に憑かれやすいなあ」

私の姿を見て呆れた様子で言われました。

思った通り、メールに書いてあった伊藤さんという自殺した従業員が憑いてきているようでした。

nextpage

訝しげに唸りながらも、彼女は右手の指をすっと二本立てて、私に向かって空中を切ります。

そして、私の胸を手のひらでぽんぽんと二回叩きました。

途端に気持ち悪い重さが消えていきます。

どうやら憑いてきたものを追い払ってくれたようでした。

nextpage

「ちゃんとメールに意識するなって書いてあったでしょう、気にすると憑いてこられやすいんだから」

あのメールのせいで逆に意識したんじゃないですかと文句を言いたかったのですが、怖いのでやめました。

多分こういう精神の弱さが憑かれやすさの所以なのだなあとしみじみ感じました。

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,89735
26
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

mami様のいうとおり、あの方に振り回されています。
いまサイトにつないでびっくりしています。
本当にリレー企画並みの高揚感ですね。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

なんか……、すいません……。私が佐藤を書いたばっかりに……。
って、僕は悪くないっ!

おはようございます。
ラグト様の仕事の速さに驚きを隠せないよもつです。
あの方の悪ふざけに乗っていただきありがとうございます。
さて、また炎上ですかなw

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

こ、ここ、コンクリイトウだと?!∑(゚Д゚)「や、やられた!ww」

このスピード!やはりラグト先生は素晴らしい!ψ(`∇´)ψげーへっへ

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

ラグトさん、ロビン様の魔の手に振り回されていますよ!
次は…マガツヒさん?
って、ここで密かにリレーが行われている!しかも、また仕掛人はあやつか!

伊藤さんと黒川さんのコラボ…お得感満載でした!