中編2
  • 表示切替
  • 使い方

もう1人の

music:7

今回は怖い話ではありません

ご了承ください

music:4

年が明けて直ぐに

私の住んでる家から

車で20分〜30分の所

少し奥まった裏道を入り

大きなマンションのような

旅館と書いてある建物を左手に見て

港に着いて車を停める

そこから

海を横目に見ながら

神社の名前の書いてある看板を見る

nextpage

その神社が

今回の目的地だった

夜中の12時半に

なぜこんな場所へ

用があったのか

nextpage

それは夢を見たから

寒い道を歩いて

そこにいる誰かに会い

私は何かを話した

nextpage

だから

ここにきた

その夢が

リアルで

呼ばれたような気がしたから

nextpage

車を降りて

結構な距離を歩く

海風が冷たく身体に刺さる

寒い

nextpage

暗く、寒い

周りは静寂に包まれている

だからこそ

砂利道を歩く足音が

周りに響く

ザクザク

ジャリジャリ

nextpage

しばらく歩くと

後ろから

「おーーい!

どこいくんだぁー?」

と私に語りかける声が聞こえた

こんな時間に?

出来る限り静かに歩いてきた

急いで振り返るも

誰もいない

あれ?

どこにいる?

nextpage

しばらく歩く

歩いて行くと

また後ろから

「おーーい!

こっちにこーい」

とさっきより近くで

声が聞こえた

nextpage

どこにいる?

誰が?

しかし

やはり誰もいない

nextpage

ヒューーー

風が吹いている

ヒューーー

ヒューーー

「おーーい!」

また声が聞こえた

今度は自分の右方向から

nextpage

黙々と歩き民家もなくなり

明かりはない

暗い道を

手に持ったライトだけで

歩いていく

nextpage

しばらく歩くと

また

「おーーい!」

と声が聞こえた

今度は前方から

nextpage

方向が変わっている

だが

それも

夢で見た出来事と同じ

全く同じなのだ

大丈夫

私は

この先にいる

誰かと会わなくてはいけないんだ

しばらく歩くと

小さな古い神社に着いた

nextpage

誰もいない

境内に入る

特に思い当たる何かはない

なんとはなく

空を見上げていると

nextpage

「おい!」

前方に人がいた

見覚えのある顔

何気なくいつも見る

自分の顔と同じ

nextpage

そこから何かを話した

内容が思い出せない

何を話したのか

気がつくと帰り道を

泣きながら歩いていた

心には

なんとも言えない充実感があり

身体も心も軽い

憑き物が落ちたように

nextpage

記憶の片隅にあるのは

何かの重荷を渡したこと

「お前の代わりに

俺が背負う!」

そう言われた気がした

nextpage

家に帰って

私はこの話を

文字にしようとして

何日か経ったが

やはり

なんの話をしたのか

そして

なぜ泣いていたのか

私にはわからない

だが

あの空間は居心地が良かった

自分と全く同じ顔をした

あの人物はなんだったのだろうか

Normal
閲覧数コメント怖い
2300
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ