中編3
  • 表示切替
  • 使い方

課外授業

神様のバチは本当にある…。

それを身をもって体験したお話。

nextpage

高校1年の初夏、課外授業でとある湖畔のキャンプ場へ行きました。

飯盒炊爨をして、私の班はカレーを作ります。

みんなでレンガを組んでカマドを作り、原始的な火起こしでカマドへ火をくべました。

「シティーボーイにサバイバルスキルなんか必要か?」

男子はそう愚痴っていましが、楽しそうでした。

nextpage

男子が火を起こしている間に、女子はカレー作りをしていました。

男子のリクエストで、具は乱切りの野菜ゴロゴロカレーになりました。

食事を終えると、自由時間になります。

私の班は、森の探索にいきました。

nextpage

男子2人がドラクエのBGMを口ずさみながら森の中を進み、女子がそのあとをついて行きます。

空気が美味しくて、森の中のせいか初夏なのに少し肌寒く感じました。

30分ほど歩き回った後でしょうか。

先頭を行く男子が立ち止まりました。

nextpage

「どうしたの?」

と、班員のカオちゃんが問いかけます。

男子の1人、ヒデ君が振り返って、

「…迷った」

と告げました。

『えぇぇぇぇぇっ!?』

私を含め女子3人が、声を合わせて叫んでしまいました。

nextpage

私達は小石で木に、ひっ掻くように矢印を書いて進みました。

これなら迷うまい!ということでしたが、なぜか同じところをグルグル歩かされました。

「…迷ったんじゃなくて、迷わされてるんだわ」

私が言うと、みんな青ざめました。

nextpage

「何とかならんの?」

と、もう1人の男子のリョウ君が尋ねてきました。

「いやーぁ、原因が分からんし」

私が答えると、すぐ隣にいたナルちゃんが、

「えー!霊的なものにかけてはスーパーサイヤ人の君がダメなら、うちら全滅じゃん…」

そう言って座り込みました。

nextpage

「なんとかしてみるよ」

みんなにそう言って、私は手近にあった木に左手を当てて目を閉じ、

<森の神様、地の神様、私達を迷わせる理由を御示しください。私達に出来ることはありますか?教えてください>

そう念じた後、みんなを振り返って、

nextpage

「…よし、もう1回進んでみよ」

そう言って私を先頭に歩き出しました。

しばらく進むと、なぜか少し開けたところに出ました。

そこには小さなお社があり、そのお社を他の班の男子2人が木の枝で突いたり叩いたりしていました。

nextpage

「…迷った原因、アレだね」

私が言うと、「あー…、ナルホド」とみんな。

それからすぐに、ヒデ君とリョウ君がその男子2人に「何しとんねーん!」と蹴りをかまし、お社への悪戯を止めました。

「でも、悪いのはあの2人なのに、なんでうちらが迷わされたの?」

nextpage

素朴な疑問をナルちゃんが言いました。

「人間の問題だから、同じ人間が何とかしろってことだよ」

私の言葉に「ふぅん…」と、イマイチよく分からなそうにナルちゃん。

お社の方では「お前らのせいで森から出られないかもしれないんだぞ!」と男子が怒っていました。

nextpage

そのあと、みんなでお社に手を合わせました。

「…これで帰れるはず」

私が立ち上がると、みんなも立ち上がって歩き出しました。

例の男子2人も歩き出しましたが、2人仲良く躓いて転んで手首を捻挫。

nextpage

「あーぁ、ほら、バチが当たった」

カオちゃんが言いました。

「…っ、なんで謝ったのに…っ!?」

男子の1人が苛立ったように言ったので、

「もう悪いことするなよ、っていう神様からの警告だよ。いいじゃん、手首の捻挫だけで済んで。下手したら命落としてるよ」

nextpage

私がそう答えると、男子2人は肩を落として押し黙りました。

やがて森を抜け、私達は無事にキャンプ場へと戻ることができました。

あのまま何もしなかったら、きっと戻れなかったことでしょう。

nextpage

山には山の、森には森の、海には海の神様がいて、その地を護ってくれています。

私達人間が、興味本位や、ましてや悪戯心で神様のテリトリーを侵したり神様を貶めたりすれはバチが当たるのも当然。

今の人間達には、もっと感謝の気持ちが必要なのかもしれません…。

[おわり]

Normal
閲覧数コメント怖い
5704
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意