中編3
  • 表示切替
  • 使い方

エレベーターの女

 スナックに勤めているY美さんは、自分が直接視たわけではないけど――と前置きした。

「何人かのお客さんがエレベーターで視たと言うんです」

 Y美さんのいる店は三階建てテナントビルの三階にある。当然客はエレベーターを使用するのだが、その中に後ろ向きの女がいるというのだ。

 それが視える客は最初気付かないまま乗り込んでしまい、ドアが閉まってから急に背筋がぞっとしてわかるのだそうだ。

三階に着いた後、血相を変えて店に飛び込んでくる客に、「ああ、またか」とママが清め塩を振るのをY美さんは何度も見た。

 ところが自分を含め店の女の子たちは誰もエレベーターの女を視たことがない。そのため視たという客をきゃあきゃあと取り囲むので、それに気をよくして常連になる客もいた。彼らはエレベーターの女は幸運を呼ぶと笑った。

 だが、客の知らないことがあるという。

 ごくたまに女が後ろ向きではなく、前を向いているということだ。

 それを視た客はその後なぜか来なくなる。店が気に入らなかったのか、他に原因があるのかわからないが、とにかく二度と姿を現さないのだ。なので、しっかり者のママは「前を向いていた」と言う客のツケには応じないそうだ。

 ある日、視えない派の常連、B氏が友人を店に誘った。

 一緒に来るつもりだったが都合が合わず、B氏は先に来て待っていた。

 しばらくしてB氏の携帯電話が鳴る。このあたりをよく知らない友人が道案内を乞うてきたのだ。

 電話で誘導し、数分後、ビルの看板を見つけたことがB氏の口ぶりでわかった。エレベーターの前に到着したらしく、「三階だぞ」と言ってからも友人と話を続けていた。

 Y美さんはママに、「店に来てからゆっくり話をすればいいのにね」と笑った。

 B氏は友人の到着でテンションが上がったようだ。

「おっ、着いたみたいだな。店はエレベーター出た角を右に曲がって、廊下の突き当り。

ああほんと、待たされたよ。ははは、えっ?――」

 B氏が急に送話口を押さえ、ママやY美さんを見た。

「エレベーターに気持ち悪い女がいたって。もしかして例の幽霊?」

 そう言ってB氏はいたずらっぽく笑った。自身は視えないが話は知っている。

「彼には教えてないんだけど。すごいな。本当に視えるやつっているんだ」

 B氏は送話口の手を離し、「なあ、その女、後ろ向きだったろう。それって実はな――」と言いかけて、再びママとY美さんを見た。

「ちぇっ、幽霊と違うみたいだ。前を向いてたってその女。せっかくビビらせようと思ったのに面白くないな」

 ママとY美さんは顔を見合わせた。

「もしもし、もしもし。あれ?」

 友人は電話を切ったらしく、B氏も切って携帯をポケットに入れた。そして入口を見つめ、友人が入ってくるのをいまかと待ち構えた。

 しかし、何分経っても友人は入ってこない。三階で営業している店はここだけだ。間違えるということはない。

 B氏は電話をかけたが繋がらず、結局閉店時間まで来ることはなかった。

 その後、Y美さんは店に来たB氏に友人のことを尋ねてみたが、「あれからあいつとは連絡が取れないんだ」と言って寂しげにしていたという。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4324
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

半実話です。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意