中編2
  • 表示切替
  • 使い方

エレベーター

10年くらい前の話。

関西のとある商店街の近くにある古い雑居ビルでのこと。

wallpaper:928

当時僕はとあるリフォーム会社で働いていた。

ある日のこと、ビルのオーナーからテナントの経営者が夜逃げしたから荷物を片付ける見積もりをしてほしいといわれた。

他の仕事を終わらせて夕方くらいに僕は同僚と2人で現場に向かった。

wallpaper:1456

僕は1階でオーナーに挨拶と打ち合わせ。同僚は先に現場の7階へエレベーターで上がって行った。

オーナーとの打ち合わせが終わり、僕も7階へ上がった。

nextpage

しばらくして見積作業が終わり、僕はボタンを押してエレベーターを呼んだ。

2人でエレベーターを待っていると黙りがちだった同僚が口を開いた。

nextpage

先に7階へ上がった際、3~4階くらいを通過する時になにか人の叫び声のような物が聞こえた、と。

僕が上がった時はなにも聞こえたりしなかった。

同僚は自分より年上で非常に真面目な人だ。

nextpage

sound:16

エレベーターは7階に到着し、僕らは乗り込んだ。

7階…6階…5階とゆっくりとエレベーターは下っていく。

4階を通り過ぎ、3階になってもなにも聞こえなかった。

nextpage

僕は「なにも聞こえないっすね」と言った。

同僚は「僕が聞いた時は壁の向こう側から聞こえた気がする」と言った。

エレベーターは2階を過ぎ、僕は扉の反対側の壁に近づいて耳をあててみた。

いきなり

nextpage

shake

sound:14

ドン!!ドン!!ドン!!

壁の向こう側から誰かが壁を思いっきり叩いてきた。

あきらかに3回、はっきりと。

nextpage

僕と同僚は大声をあげて飛び退くと

エレベーターは1階に到着した。

扉が開くと同時に、僕と同僚は一目散に逃げだした。

wallpaper:928

後日、ビルのオーナーから話を聞いた。

僕たちがビルに行った翌日エレベーターが故障したらしく、清掃業者を呼んだとのこと。

その時僕は壁が叩かれた事をオーナーに話した。

するとオーナーはこう言った。

wallpaper:62

sound:39

「じゃあまだその時は生きてたのか」

Normal
閲覧数コメント怖い
4921
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意