中編6
  • 表示切替
  • 使い方

身代わり人形

「お菓子でもおもちゃでもいいけど、買うのはひとつだけだぞ」

お祭りの屋台を見て回っている私にパパが注意しました。

その日、私は近くの神社のお祭りにパパと一緒に来ていました。

nextpage

「う~ん、わたあめがいいかなあ、それともお面にしようかなあ」

私は色々な屋台を見ているうちにおもちゃを並べている屋台の中に大きめのぬいぐるみがあるのに気が付きました。

それは私が抱えるぐらい大きなぬいぐるみでした。

けれど、その見た目がすごく変わっていました。

nextpage

お巫女さんの服を着た女の子のぬいぐるみのようなのですが、お尻にはもこもこで金色のしっぽが付いていて、髪の毛も同じ色の金色、そして顔にはきつねのお面がつけられていました。

「うわっ、なんだか、かわいいのか、へんてこなのかよくわからないぬいぐるみだなあ」

私の背中から同じぬいぐるみを見たパパが叫びました。

ぱっと見は私も不思議な感じがしたのですが、じっくり見ているとすごくかわいく思えるようになってしまい、そのままパパにおねだりしていました。

「えっ、こんなの欲しいの、う~ん仕様がないな、すいませーん」

パパが屋台の店番であろうお姉さんを呼びます。

nextpage

呼ばれたお姉さんは私達が尋ねたぬいぐるみを見て

「あれ? こんなのあったかな」

とつぶやきました。

しかし、次の瞬間、目が少し虚ろになり

「あ、ありがとうございます、こちらのみがわりのにんぎょうですね」

棒読みの感じで言葉が聞こえました。

「身代わりの人形?」

パパが店番のお姉さんに聞き返します。

「このおにんぎょうのもちぬしがきけんなめにあうときにかわってくれるんです」

「へぇ、じゃあ厄除けや御守りみたいなぬいぐるみなんだ、そういわれてみればそんな感じもするなあ、で、これいくらかな?」

「9,800円になります」

「たっか!・・・ま、まけてくれない?」

「9,800円になります」

お姉さんは無表情のまま値下げに応じる様子はありませんでした。

パパは私の方を見て、何か助けを求める感じでした。

「パパ、ひとつはひとつだよ!」

その言葉を聞いたパパはあきらめたように財布から1万円札を出しました。

nextpage

ぬいぐるみを連れて帰った私はさっそく名前を付けました。

「えっと、きつねのお巫女さんだから、きみちゃんにしよう」

名前を決めて喜んでいると、パパとママがもう遅いから今日は早くお風呂に入って寝ますよと言ってきました。

そこで私はきみちゃんも一緒に入ると言いました。

パパがぬいぐるみはお風呂に入れられないよといいました。

nextpage

「でも、パパ、きみちゃんの着物脱げるよ」

きみちゃんの巫女の着物はくっつけてあるのではなく、小さいサイズの着物を着せているようでした。

「うわ、なんか本格的! さすが高いだけあるなあ」

パパが着物の脱げるきみちゃんを見てうなずきました。

私が白い着物と下にはいている赤い着物を脱がすときみちゃんは肌色の生地の裸になりました。

nextpage

「あれ、でも、パパ、きみちゃん、パンツはいてないよ」

「あ~、確か巫女さんは下着をつけないはずだから、多分それでいいんだよ」

「へえ~、そうなんだ」

私が納得しているとそれを聞いていたママがパパの頭をうしろからスパカンと強めにはたきました。

「何するんだよ、絵梨花」

「娘に変なこと教えないの!」

顔にひもで固定されているきつねのお面も外してみようとしましたが、強くむすばれていて、ひものむすび目がほどけず、お面は外せませんでした。

結局、私はその日はいつも通りパパとママと3人でお風呂に入り、きみちゃんは裸では寒いのでタオルでくるんで、その間にママがきみちゃんの着物を洗濯機にかけていました。

私は乾燥が終わって、いちだんときれいになった着物を着たきみちゃんと一緒に寝ました。

着物の肌触りも尻尾のもこもこもたまりませんでした。

nextpage

そのとき私はきみちゃんのやわらかさにいやされながらも私は屋台のお姉さんが言っていた身代わりの人形という言葉を思い出していました。

「きみちゃん、私が危ない目にあったら、代わりになってくれるの?」

私はお布団の中できみちゃんに話しかけていました。

「でも、私、きみちゃんにも危ない目にあってほしくないから、気をつけるね」

私は強いトーンで言いました。

だって、きみちゃんとはもう家族だもの。

nextpage

しかし、しばらくたったある日、私は自転車に乗っているときに倒れてしまい、後ろから来た車とぶつかってしまいました。

病院に行って、お医者さんは大丈夫といったけど、強くぶつけた手と足はとってもいたくて、肌が青と赤に色が変わりました。

私はママに連れられて病院から家に帰ってきました。

nextpage

「う~ん、きみちゃんは身代わりにはなってくれなかったなあ・・・」

やっぱり、ただのおまじないだったのかなあ、きみちゃんがはりさけるのもいやだし、これでよかったのかなあ・・・

そう思いながら、家族の寝室に入るとベットの上に座らせていたきみちゃんが少し大きくなっているのに気づきました。

体の形もぬいぐるみではなく、女の子の体つき、そして金色の髪ではなく、私と同じ長い黒髪でした。

nextpage

すると、とつぜんその女の子がこちらを向いて話しかけてきました。

「ごめんね、きみちゃん、私の身代わりになってくれて、おかげで事故にあわなくてすんだよ」

そういうと女の子は来ていた巫女服を全部脱いで裸になりました。

そして、きつねのお面を取りました。

中から出てきたのは見慣れた私の顔でした。その顔は涙で濡れていました。

「本当にごめんね、きみちゃん、痛かったよね」

あれ、この女の子が「私」、じゃあ私は・・・身代わりになっていたきみちゃん?

「・・・服はまた私に返してね、きみちゃん」

きみちゃんと呼ばれた私は混乱しました。

「え、ええっ、私がきみちゃん? そっか、そうだった」

慌てて、自分がきみちゃんだったと納得した私は来ていた服を全部脱いで渡しました。

代わりに私はお巫女さんの着物を着ます、下着なしで、やっぱりなんだかすーすーする。

「ありがとうね、きみちゃん、今度からはもう身代わりさせないように気を付けるからね」

私の服を着終えた「私」は最後に残ったきつねのお面を私にかぶせようと近づけてきます。

やっぱりなにかひっかかるなあと思っているとお面を眼前にかぶせようとする女の子のお尻に大きな金色のしっぽがありました。

一方、私のお尻を触ってみてもしっぽはありません。

私は近づいてくる女の子のしっぽをぎゅっと握りました。

「やっぱり、あなたがきみちゃんでしょ!」

私は叫びました。

尻尾をきつくつかまれたままのきみちゃんは

「あーん、もうすこしだったのにぃ」

残念そうに吠えるとしっぽのある「私」の姿の中心からぐにゃりと姿がゆがんでうずを巻き始めました。

そしてそのうずが消えると私の服が床にばらばらと落ちてきました。

服の中心には裸のぬいぐるみがありました、しかしさっき私につけられようとしたきつねのお面はそのままぬいぐるみにつけられたままでした。

私のほうもやっぱり裸で足元にきみちゃんの着物が散乱していました。

さっきのはいったい何だったんだろう、きみちゃんが私といれ代わろうとしていたのかな、ああ、だから、身代わり人形かあ。

nextpage

この出来事があってから、私はお風呂に入るときに自分の裸を見て自分がぬいぐるみかきつねになっていないか時々確かめるようになりました。

その後、私はおとぎ話などできつねさんが人間を化かしてからかうということを知りました。

けど、そんなことは関係なく今でもきみちゃんのことはだいすきです。

寝るときも一緒だし、寒いだろうと思ってきみちゃんのパンツもママに作ってもらいました。

冬になるまえにあったかいシャツとタイツも作ってあげるねと言ってくれました。

nextpage

「ねえ、きみちゃん、このまえは私のこと化かしたの? すごかったね、私もう少しでだまされるところだったよお」

また話しかけてきてくれないかなあ、わたしずっとまってるのに・・・

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,61216
18
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

綿貫様からコメントと怖いをいただけるなんて!
光栄です、ありがとうございます。
本当にそうですよね、子供目線で見たあちらの世界に関わった出来事はまた我々とは違った佇まいがあるのだと思います。

表示
ネタバレ注意

ラズ様、こちらこそはじめまして!
そう!何気に超常バトルなのですよ、彼女はそれに勝利したんです。
そして、無垢な感じ、なんていい響きの言葉なんでしょう。
そんな感想をいただけて嬉しいです、彼女のような感性を持っていた時代を取り戻したいです、ふふふ・・・

表示
ネタバレ注意

ゴルゴム様、ま、まさか、女の子にもふもふされて喜んでるわけないじゃないですか。
龍田様にも勘付かれてしまいましたが、アイコンと身代わり人形が一緒なのは偶然です。
え、いや、ほんとうに・・・

ラグト様・・・まさかあなたは身代わ・・いえ、何でもありません。興味深いお話でした。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

よもつ様、リレーさせてもらいました、ありがとうございます。
編みぐるみのお話本当に怖かったです。
良い作品に刺激されるといつの間にか私も書いてしまう感じです。

表示
ネタバレ注意

スルスルと入り込んで読みました。

この作品からの教訓…子供達をどこかに連れて行くときは、『500円までで一つ』と言います。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

何か怖い話ですが最後ほ切な感じですね♪

話せる日が来ると良いですね♪