中編2
  • 表示切替
  • 使い方

俺は毎日通勤ラッシュが少しずつ落ち着き始める10:00くらいに電車に乗り大学へ向かう。

一年以上同じ時間の電車に乗っているとよく見る顔ができるもんだ。

俺と同じように大学へ向かっているだろう学生。主婦仲間のような方々、俺より歳上そうな女性、新聞を広げてるおじさんなんかだ。

意識して見てたわけじゃないが、その人達が降りる駅っていうのを覚えていた。

次はあの人が降りる駅だな…

次はあの人…

次はあの人が乗ってくるかな

そんな感じでだ。

ある日、いつものように電車に乗っていると3、4歳ほどの子供を連れた母親が乗ってきた。

子供は虫の居所が悪かったのか、何かあったのか癇癪を起こし泣いていた。

母親は周りを気にして頭を下げながら子供をあやしていた。

子供は泣くものだし、まだ1日は始まったばかりでそんなことで腹をたてるほど神経がすり減っている人もいなかったのだろう。誰も気にした様子ではなかった。

もちろん、俺も気にならなかった。

そんな中、歳上そうな女性が男の子の前に座り布の袋を見せた。

そして、その中に手を入れて飴玉を1つ取りだし自分の口へと入れて見せた。

「そんなに泣いちゃぁお母さんがこまっちゃうよ?これをあげるから泣き止もう、男の子でしょ?」そう、優しく問いかけ袋を渡した。

子供は泣き止み、笑顔になった。

「すいません。ありがとうございます。」

母親はお礼を言っていた。

丁度よく女性がいつも降りる駅へと到着し

「いえいえ。子供は泣くものですもの、子供は泣いていないと………ない。」

微笑みながらそう言って降りて行き、

何となく女性の降りていった方を目でおっていた。

ん?

「うああぁぁぁあーーー!!」

「いやあああぁーー!」

叫び声が車内に響いた。

な、なに?なんだ?!

声をあげていたのは、先ほどの子供。そして、子供の母親だった。

どうしたんだ?!近くにいた人が駆け寄っていた、俺も思わず立ち上がっていた。

子供の手が傷だらけで血で真っ赤に染まっている。

子供の傍らには真っ赤に染まった袋が落ちていた。床に落ちた袋の口からは赤いカッターの刃や破片、画鋲が出てきていた。

袋の中身は飴玉だと思い取り出そうと手を入れてぎゅっと握ってしまい手が傷だらけになってしまった。

背にしていたホームの方へ振り返ると、女性が口に飴を含んだまま立ち、俺と目があった。

『子供は泣いていないと…つまらないじゃない』

俺の聞き間違いでは無かったようだ。今度は俺の目を見てそう口を動かした。

俺も敢えて探しはしないが、あの日以来同じ電車に女が乗ってくることはなくなった。もしかしたら今もどこかで袋をもって電車に乗っているかと思うと、電車で泣いている子供が心配になる。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6998
18
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

mami様
こんばんわ!
お読みいただきありがとうございます!
この話はフィクションですが、受け取ったものがどういった経緯のものか、安全安心なものかそれはわからないですからね
子供はありがとうと受け取ってしまいますので、親御さんが気にかけてあげないといけないですよね
子育てを経験してない私が言うのは失礼に当たるかもしれませんが、子育て頑張ってください!
子育ての合間の一時に読んでいただけるようなもの書いていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!

表示
ネタバレ注意

にゃん様
はじめまして!
人は見た目によらないってのはありうる話ですからね~。良い意味でも悪い意味でも。
人の親切心を疑いたくはないですが、いったん落ち着いてみることも大事なことなのかもしれませんね(笑)
透明な袋以外は無闇に手を突っ込まず、袋の中を覗き見ると良いかもしれませんね(笑)
また書かせていただきますので、その際はよろしくお願いいたします!

マガツヒ様
はじめまして!Sな女性ばかりとは大変羨ま…ゲフンゲフン
cloloです!
実話じゃないですよ\(^^)/
ただ、袋の夢を見たんです。人から渡された袋に手を入れると袋の中のなにかに手首を食いちぎられるって…夢(笑)
その夢から現実っぽく派生させたものです!
また書かせていただきますので、その際はよろしくお願いいたします!

表示
ネタバレ注意

よもつひらさか様
お読みいただきありがとうございます!
人の親切ってのは疑わないし、疑いたくないですから警戒心が低くなってしまいますよね。
子供ならなおさらのこと。
袋の中から飴を出し目の前で食べて見せた、そのやり方も相まって…。
また、書かせていただきますのでその際はよろしくお願いいたします!

表示
ネタバレ注意

これ、めちゃめちゃ怖いですよ!
凄く不安になった!