中編3
  • 表示切替
  • 使い方

香水

これから読まれる皆様へ

実話ではありますが私にとってはよくある事であり、怖い要素は全くありません。

心凍るような怖さを望まれる方は読まずに次の怖い話へ進まれる事をお勧めいたします。

nextpage

separator

私は通勤や買い物・食事に出掛けるなど、ほぼ毎日のように自分の車を運転しています。

今の車は免許を取得してから3台目で、新車で購入し今年で6年になります。

nextpage

焼き肉屋に行った帰りには車内が焼き肉の匂いがしたり、買い物で揚げ物を買えば油の匂いが…。

ネギやニラ・セロリなど香りの強い野菜を買えばその匂いがします。

nextpage

今はそうですね…こちらは雪国ですから、フロントガラスの曇りを取るためにエアコンを最強にして走るので、あっという間にそれらの匂いが広がる訳です。

nextpage

しかし、車というものはいつ誰を乗せるかわからない。

自分だけなら我慢は出来るが、急に連絡がきて家族や知人・恋人…などなど。

私の場合は恋人は有り得ませんけどね…えぇ…。

nextpage

とにかく、ラーメンやら油やネギ臭い車には乗りたくないだろうし乗せたくないので『無香料の消臭剤』を置いているのです。

nextpage

私自身は汗のかかない仕事をしていますが、かなり近付かないと分からない程度の香水を使っています。

年齢も年齢ですから…誰かに気遣う事は決して悪くは無いと思って身に付けている程度です。

separator

今の車に乗ってからというもの、運転中ふと車内に存在しない香りが漂う時が度々あります。

それも走行中や駐停車中と時間や場所に関係なく、あたかもたった今誰かを乗せたかのように急に。

nextpage

香るものは自分が纏っている香水のみで、その香りとは全く異なる明らかに人工的な香りなのです。

その急に漂った香りは時には男性的であったり、時には女性的であったり。

稀にご年輩の方が使っていそうな香りの時もあります。

nextpage

とにかくバラバラなのです。

一つ言えるのは車内には私一人であり、当然の事ながら車の周りにも誰もいない。

走行中なら尚更有り得ない話なのです。

そして気付けば香りが無くなっている。

無くなるまでの時間もバラバラ。

nextpage

消臭剤が臭いを消すには少々速過ぎる時間ですし、自宅まで香り続ける事はありません。

初めて経験した時は心の底から焦りましたよ。

nextpage

『は?何故?どこから?』

nextpage

窓を開けても香りはしませんし、その香水は車載してないどころか持ってすらいない。

もう気になって気になって仕方がありませんでしたが…。

さすがにこう度々あると慣れるものです。

nextpage

終いには『今日は男性だな』『今日は女性だな』なんて考える余裕すら出てきました。

nextpage

ただ、口に出さないようにはしています。

あくまでも『気付かないふり』を決め込むのです。

なんとなくですが、人間関係と同じで露骨に態度に表してはいけないような気がして。

nextpage

どこのどなたかは知らないが勝手に乗ってきて勝手に降りるという、身勝手極まりないものですが、香り以外は実害が無いのですから『またか』ってぐらいにしか思わなくなったのです。

nextpage

ただ一度だけ、縁遠くなってしまった知り合いが身に付けていた香水の香りがした時はさすがにビックリしましたよ。

その方は今もご健在でいらっしゃいますけどね。

separator

こうやって徒然と書いておりますが考えようによっては、お線香の香りや血液の匂い・死臭などという「いかにもそれらしい匂い」よりはマシなのかなぁと思うのです。

nextpage

姿が見える訳でもなく、ただ香水のような香りだけの同乗者に『まぁいいや』ぐらいにしか思わない私は鈍いのか阿呆なのか…単なる変わり者かもしれませんね。

nextpage

因みに、変わったお客様(?)を乗せるようになってから事故を起こすようになった…

nextpage

などという事柄は今まで全くありません。

免許証も未だゴールドを更新中です。

nextpage

さて…

nextpage

nextpage

…あなたは本当に一人きりで車に乗っていますか?

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
43111
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

はじめまして、mamiと申します。
『匂い・臭い』は、思い出と直結する…とかしないとか…(^_^;)聞いたことがあります。
いつか逆に、他所で香った匂いで、車での事を思い出す事があるかも…そう思うと、ゾワっだったのですが、ムダに怖がらせてしまいましたね…すみません…

後書読んで、『あぁ、分かる分かる‼』と、思いました。ドキドキしますよねぇ。
とても、読みやすくてすっと入ってきました。
また、お話しを楽しみにしています。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意