短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ズルル・・・

これは昨日の夜勤の時の話です。

私はとある会社でシステム監視業務を行っています。

セキュリティ上抵触しかねない事もあるので内容としては、

控えます。

そこでは、朝勤と夜勤があり、その日は、夜勤でした。

ある程度まで作業を終えたので、2時間程仮眠を取りました。

少し気付いた時に目を覚まして、あぁ・・・こんな時間か

まだまだ眠れるな・・・

眠ろうとした所、ズル・・・ズル・・・ズル・・・

とどこからともなく、そんな音が近寄ってきた。

そして、その音が私に襲って来たと思い、何らかの夢を見る訳でもなく、

急にパニックに陥って声を発したか、体が激しく動いたと思う。

何気に全身発汗していたが、気にしない事にしよう。

普通に業務に戻った。

巡回時間となったので、サーバールームを巡回しに行った。

その時、パチン!パッチン!!!私の後をラップ音?が付いて回る。

あ・・・

なんか付いて来てるみたい・・・

もしかして、さっきの夢?の人かな?

最近、私は自分のオーラ?と言うものが見えてきたので、

その色を判断して、付いてきているのかな?と思った。

オーラはさておき、理由はなんとなくです。

巡回も終えて、監視業務に戻ると腕が引きちぎられそうな感じな

痛みが出てくる。

「私にはあなたを助けることは出来ません。」

と、繰り返し心で呟く。

以前、Youtubeで見た動画で、そう呟く事か気にしない事とかで、

離れると見たので試しにやってみた。

仕事が終わる頃には、腕の痛みもすっかり消えていた。

この話を書いている時には、多分だけど離れていると思う。

きっと・・・・・

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
37200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ