Mountain of Snow Woman【リレー作品②】

長編6
  • 表示切替
  • 使い方

Mountain of Snow Woman【リレー作品②】

music:4

wallpaper:1987

「ねぇ・・・さっきまでここに・・・こんな道、有ったっけ?」

『うん・・・見落としてたのかもね!

ねぇ、アッキーと冬弥はどう思う?私は、この先へ行ってみるべきだと思うけど?』

千夏が2人に声を掛けた瞬間、まるで石つぶての様に、激しい音と共に猛吹雪が痛いほどの強さでスキーウェア越しの身体に雪を投げつけ始める。

nextpage

「いてててて!!!」

『こんなとこで迷ってなんていられない!!先ずは、一時的にでもこの吹雪から身を隠せる場所を探さないと!』

冬弥が腕で顔を隠しながら、そう言うと、みるみるうちに降り積もっていく新雪を踏んで先を歩き出した。

その冬弥の後を慌てて、秋良、春美、千夏は、猛吹雪の中着いて行った。

nextpage

wallpaper:1990

カラフルなスキーウェアを着ているのに、吹き荒ぶブリザードの様な自然の猛威の中で、すぐ目の前を歩く冬弥と秋良、二人の姿もすぐに霞んで見えなくなってしまう。

そんな不安を感じていた春美に

「春美!手を繋いで行こう!」と、千夏が手を差出してくれた。

『うんっ!!』

猛吹雪の中だと言うのに、春美はスキーグローブ越しに、千夏の手の暖かさを強く感じていた。

nextpage

wallpaper:1989

「建物らしき物が見えるけど、どれも深く雪に埋まってるな・・・。」

秋良が声を張り上げ言うが、春美にも、どうやら千夏と冬弥にも建物らしき物など見えない。

『ちょっとー!アッキー!どこに建物なんてあるのよ?』

千夏が秋良に負けじと声を張り上げる。

「ほら!そこにも!こっちにもあるじゃん!見えない?」

秋良の指差す方を見ると、確かに薄らと何かが有る様には見えるが、それが建物かどうかの判別は出来ない。

nextpage

『コイツ、全身筋肉で出来てるからな!視力も2,0だよw

動体視力なんて、ケニア人並にあるんじゃね?w』

冬弥の言葉に、皆笑いたいのに、笑顔も出てこない。

nextpage

wallpaper:1988

《これって、かなりヤバくない?》

一歩進むごと、その度に足が新雪に取られ、進む事も辛くなって来た。

千夏と繋ぐ手も、それさえ重く感じて来ている。

強く握り返して来ない所をみると、多分、千夏も同じなのだろう・・・。

nextpage

《告白も未だなのに・・・私達、どうなっちゃうのーーー!?》

春美は泣きたくなった。

nextpage

wallpaper:1991

―――

グイッ

―――

春美の手を千夏が力強く引っ張った。

春美が顔を上げたその先・・・今度は目の前にハッキリと、建物が見えた。

猛吹雪の中、小高い場所に、お洒落な洋風のお屋敷が、春美達4人を見下ろし颯爽と建っていた。

nextpage

wallpaper:1992

4人は、固まって玄関に行くと、秋良がドアノックを使い扉を叩く。

「すいませぇーーん!!」

『開けてください!!!』

「助けてくださーーいっ!!」

皆揃って声を張り上げるが、ドアが開く気配はない。

nextpage

「きっと、ここも空き別荘なんだよ・・・」

冬弥の声で、秋良は遠慮なしにドアノブを回した。

すると、鍵は掛かっていなく、ドアはいとも簡単に開いた。

nextpage

「不法侵入かもしれないけど、今、そんな事言ってたら死んじまうぜ?」

秋良と冬弥は、互いに珍しく意見が合ったと言わんばかりにニヤリと笑う。

すると冬弥が

「お嬢様方も、どうぞお入りください。」

と、まるで執事の様に春美と千夏を家に招き入れる仕草をする。

nextpage

wallpaper:1993

その間に秋良はと言うと、さっさと家の中のエントランスの中央に入り、吹き抜けになった天井や壁に飾られた額に入った絵画をぐるりと見回している。

「ちょっとー!ここって、空き別荘じゃないよ!!

それでなきゃ、こんな立派な額に入った絵が飾ってある訳ない!」

千夏の言葉に、春美も大きく頷く。

nextpage

『じゃぁさ、千夏と春美は・・・この吹雪の中、どこに行けば良いと思うの?』

冬弥に突っ込まれ、二人とも何も返せなくなってしまった。

『だろ?家人が帰って来たら、ちゃんと事情を説明すれば、分かってくれるさ!』

そう言いながら、春美と千夏の頭をクシャッと掴んで笑う。

nextpage

wallpaper:1995

「うぉ~~~~~いっ!!みんなぁ~~~~~っ!」

いつの間にか家の中の探索に出ていたらしい秋良が、どこからか皆を呼ぶ声がする。

「こっちこっち~~!暖炉があるぜ~~~♪」

みると、エントランスに向かって左側のドアから顔を出し、上機嫌で手を振っている。

『やっぱりあいつはアホッキーだわ!不法侵入だって言うのにw』

「仕方ないよ。だって脳味噌も筋肉で出来てるんでしょ?ww」

自分の事を言われている事にも気付かず、嬉しそうに一段と大きく“アホッキー”は手を振る。

nextpage

wallpaper:1997

「生き返るぅぅぅ~」

『ホント!あったかぁ~い♪』

乾いた薪はパチパチと音を立てて爆ぜ燃え、冷え切った4人の顔を、手足を、身体を暖めてくれる。

nextpage

wallpaper:1998

暖炉からの熱で、部屋が温まって来た頃、部屋の奥にあるピアノのカバーを外し

「春美!何か一曲弾いてくれよ。」

秋良が突然言い出した。

『えーーーっ!不法侵入で、勝手に薪と暖炉使って、ピアノまでなんて・・・』

渋る春美の肩をポンと叩き、千夏が

「もうこうなったら、ピアノ拝借するくらい、どーって事ないってw」

と笑う。

冬弥も微笑んで頷く。

nextpage

wallpaper:1999

『もう!じゃぁ弾くけど、アッキー!子守唄代わりに寝ないでよっw』

「(((;゜Д゜))!!寝ねーわっw)

(そんな事言ってるくせに、弾き終わる前に寝ちゃうんでしょ・・・w)

春美は椅子を引き座ると、背筋を伸ばし、軽やかにピアノを弾き始めた。

~♪~♪~♪~

nextpage

「これ、何て曲?」

アホッキーが演奏中の春美に向かい、大きな声で聞いて来るのを制止させ、冬弥が

『ドビュッシーの“夢想”だよ。』そう秋良に告げる。

すると、今度は千夏が

「春美!ゴメン!!ちょっとトイレに行って来る!」

そう言うと、バタバタと足音を立て、部屋を出て行った。

(千夏・・・我慢してたのねw)

春美は、クスッと心で笑い、演奏を続けた。

nextpage

wallpaper:1996

『やっぱりねww』

「しょうがないw全身筋肉(脳味噌も)の秋良だからなw」

演奏が終わり、暖炉の前のソファーで大口を開けて寝ている秋良を見下ろし、春美は笑う。

冬弥も、拳骨にした手を自分の口元に押し付ける様に、声を殺して笑っている。

nextpage

『そう言えば、千夏は未だ戻らないの?』

「あ!そう言えば未だ戻ってないな。ちょっと探して来るよ。」

冬弥が立ち上がろうとするのを制止する様に、春美は

『私も・・・その・・・トイレ行きたいからw

冬弥はここで待ってて。』

少し照れたように言うと暖かい部屋を出た。

nextpage

wallpaper:2000

部屋を一歩出ると、凍りつくほど空気が冷えている。

春美はブルッと身震いをし、エントランス、そしてエントランスを挟んだ向う側の部屋を探したが、千夏の姿もトイレも見付からない。

nextpage

wallpaper:2002

そして、又エントランスに戻ると、真紅のカーペットを敷き詰めたサーキュラー階段を上り、2階に行った。

そして、トイレを見付けたので用を済まし、2階の廊下を歩いていると・・・

―――――

コトン・・・

―――――

春美の立っている位置より奥の部屋から、音がした。

nextpage

「千夏?」

春美は、音のした部屋へ近付き、そっと真鍮製のドアノブを回す。

―――――――

キ・キキ―・・

―――――――

軋んだ音と共に、ドアはゆっくり開いて行く。

nextpage

wallpaper:2003

「千夏・・・?いるの?」

春美は、小声で千夏に声を掛ける。

すると、天蓋付きのベッドにかかった白いレースのカーテンの向こう、千夏が春美に背を向けて立っている。

nextpage

「もー!千夏ったら!返事くらいしてよぅw」

春美が千夏に一歩近付いた所で、千夏の様子がおかしい事に気付いた。

nextpage

「え?・・ち・・・な・つ・・・?」

千夏は何者かに抱き締められている。

そして、抱き締める手の置かれたその場所から・・・

nextpage

春美の目の前で・・・

nextpage

wallpaper:2005

千夏が少しずつ凍っていた。

nextpage

春美は、腰を抜かした様に後ろ向きに転んだ。

nextpage

wallpaper:2004

その何者かは、人の気配を感じ、千夏の身体の横から顔を覗かせる。

それは・・・

その姿は・・・

白い、真っ白な顔をした、美しい女だった・・・

nextpage

黒目がちな切れ長の目を細め、春美に向かって微笑んだ。

(まさか・・・ユキアネ山の・・・雪女・・・!?

それじゃ・・・ここが、その伝説のお屋敷だったの!?)

春美は、声にならない声で助けを求めた。

nextpage

《続く》

Normal
閲覧数コメント怖い
84928
25
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

やっと終わりました!!(T_T)
こんにちは♪ライターズハイを久しぶりに堪能していてちょっとふらふらです。
やっと、皆様のお話をちゃんと読めます♪
紅茶ミルク番長様が構築した怖くて綺麗の流れが
鏡水花様の手で決定付られましたね♪
外伝ってお話に沿ったスピンオフ…と、考えていたのですが難しいですね。
次から次へと新事実が現れて…orz
どうしていいやらと…昨日と今日が缶詰状態で取り組んでましたけど…
いやもう一日ですごいお話を仕上げていらっしゃる皆様に感服です。

Toroさん♫
こんばんは( ´ ▽ ` )ノ
リレー作品、第2話をお読みくださって、怖いとコメントをありがとーヽ(≧▽≦)ノ

ホントです(⌒▽⌒)
子供の頃は、滅多に降らない雪が降ると、学校に行くまで遊びまくり、学校に行っても遊びまくり、そして帰りにも遊びまくり、帰ってからも友達と遊びまくり…だったのに(⌒▽⌒)ww

今は雪を見ると、憂鬱になってしまいます(;´д`)

雪が溶けるまでの道路、特に歩道や遊歩道なんて凍って滑る滑るΣ( ̄Д ̄ )

電車は遅延でいつもにも増して人が凄いし(T ^ T)

雪は怖いです_| ̄|○

リレー作品は、この先、どんな展開になって行くのでしょうね(*^^*)

走者の皆さんの豊富な知識を詰め込んだ、アッと驚く展開が待ち構えているのでしょう( *´艸`)ヒヒヒ

はるちゃーんヾ(❀^ω^)ノ゙

又々、怖いとコメントをありがとー・゚・(ノД`)・゚・

もうね、昔っからそそっかしくて_| ̄|○

やっと〆切に間に合い(今日、ギリギリでww)ましたので、やっと少しの間は自分の時間も持てるから、又、改めて明日メッセしますね(・∀・)

表示
ネタバレ注意

鏡水花さん、お疲れ様です。
消えて再投稿なさっていたとは…気付かず読んで、やっぱり鏡水花さんのお話は綺麗で怖くて良いなぁ〜でも②に似てるなぁと呑気に読んでました(>_<)
情景が目に浮かぶ様な素敵な怖い話をありがとうございますm(_ _)m

ロビちゃん( ;∀;)
サンクス♫
姐さんってば、伊達に年食ってるだけで、こんなドジばかりなのだよ(ノ∀`;)

こりゃ、死ぬまで治りそうもないや(。>∀<。)ノシww

表示
ネタバレ注意

へへへ(´﹃`)

もう既に、ロビンパターンの常連さぁ〜ヽ(°▽、°)ノww

又々、一晩ガッツリ眠って…

改めて、自分…アホだなぁ〜って_| ̄|○⤵︎

さてさて、明後日までに仕事を上げなくちゃいけないので、それまでは怖話に来れないかもだけど、元気にやってるからねぃ╭( ・ㅂ・)و ̑̑

心配しないでね( *´艸`)♡

鏡お姉様!ドンマイドンマイ!ψ(`∇´)ψげー

鏡水花姉様

悪夢のような出来事にショックをかくせないのではないでしょうか。
お身体の調子はいかがでしょう。
でも、流石です鏡姉様。
早朝、再投稿してくださったのですね。
すぐに読みに来れなくて、申し訳ございませんでした。

そして、再び、キラキラと眩いばかり。
お仕事も多忙を極める中、本当におの冬景色と独特の世界観に呑まれてしまいました。
病み上がりの身体を押しての投稿。
お疲れさまでした。
どうぞ、今宵は、お仕事もおありでしょうが、心身を休めてくださいませ。
今は、私へのコメントや返信は結構ですから。
お気になさらず、おいといくださいませ。

私なら、大丈夫ですよ。
仕事にも人間関係にも、すっかり馴染み、今では、朝仕事に出かけるのがとても楽しみでなりません。(笑)(#^.^#)今日は、というか毎日必ず一つや二つ・・ミスしてしまうのが辛いです。
それでも、遣り甲斐のある仕事と思い、多少のことは気にしないでやり過ごしておりました。

励ましてくださった皆々様のお陰です。
そして、このリレー投稿作を読める幸せに、心から感謝いたします。

深夜ラグト様の投稿作第三作目を読み、ますます楽しみになってきた私です。

冒頭から、とても私のような者には、書ききれないほどのお話と解りました。
今回参加しなくて良かった!!と思う反面、また、参加したいという思いも湧いてきて・・・。
我儘と言いましょうか。情けない奴です。

鏡水花姉様の世界観と美意識を彷彿とさせる本作に、胸がトキメイテおりました。

また、寸暇を見つけ、メッセージボードにお邪魔させていただきますね。
ではでは。
お身体だけは、どうか、お大事になさってくださいね。
怖い面白いせつないお話をありがとうございました。
鏡姉様が紡ぎ出す冬景色や雪の情景は、まるでスノードームのよう。
大好きです。

素敵な作品とリレー前半の重要な走りを無事成し遂げられてお疲れさまでした。
なんど苦難と試練が来ようとも、えぇ、何度でも読ませていただきますよ。
私もファンの一人。「怖い」付けます。
そして、大好きな親友&ファミリーとしてコメントもいたしますから。
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

え゛!お姉様作品消えたんですか!
おぉ~ぅ…お疲れ様でした…w

大丈夫ですお姉様!
何度作品が消えても、何度でも『怖い』押しに番長は参りますよwww
なのでお姉様!
安心してロビンパターン常連になってください!w
(↑鬼畜w)

さえちゃーんヽ(´□`。)ノ・゚ 

さえちゃんにお礼のメッセ送って、それなのに…
又してもこんな事で気遣いさせてしまって、ゴメンね(;人:)⤵︎

暫く息を潜めてたロビンウィルスが…

あ!削除は、全くの私の過失です(T ^ T)

寝惚けてスマホを弄るな!との警告なのかも(つ▽T)

表示
ネタバレ注意

うわぁ〜〜ヽ(´□`。)ノ・゚ 

たった今、コノハズクさんへお礼とお詫びのメッセージを書いていた所ですΣ(゚艸゚〃)

今回はちゃんと保存しておいて良かったです(ノ∀;`)

でも…皆さんから頂いたコメントが消えてしまった事がショックで…_| ̄|○⤵︎

コノハズクさんから頂いたコメントも消えてしまいました(>人<;)

本当にごめんなさい。゚(PД`q*)゚。

鏡水花様、おはようございます。
苦心して書いた作品が消えてしまうとは…。災難でしたね。
しっかり休息、睡眠をとりながら執筆の方も頑張ってください。

ギギギ…。本当手強いな。この姉妹は…ヾ(*`Д´*)ノ

え〜〜( *´艸`)ww

じゃあ、マガちゃんは…

【マゾツヒ】
…と…
【マゾヒツ】

どっちが良いの
(・∀・)?w

誰がマゾツヒだ!自分はマガツヒだ!
番ちゃんもだが姉上もか!(*゚д゚*)

にゃんちゃん(இдஇ; )

ありがとー。゚(。pдq。)゚。

リレー前のウォーミングアップのつもりで書いてた話しはね、急な発熱で40℃超えの熱出して3日ほど起き上がるのもやっとなくらいになってた時、ちゃんと保存すれば良かったんだけど…
保存しないでパソコン切っちゃったら消えちゃってたんだぁ(T▽T)

で、昨夜もどアホな事を…_| ̄|○⤵︎

又、〆切前に仕事が終わったら、改めて書き始めます(*^^*)

皆さん、本当に優しくて…
落ち込んでるのに、嬉しくて嬉しくて…

こうやって、皆さんにどれだけいつも力を頂いているのか…
心から実感しています(´;ω;`)

ありがとう。・+゚゚(うд´。)゚゚+・。 

表示
ネタバレ注意