中編2
  • 表示切替
  • 使い方

生き骸

wallpaper:122

いつだか、甲斐の国の人に聞いた話である。

nextpage

wallpaper:86

山菜採りに山に入った女が戻ってこない。

たまさか狩人が、木の根元でぼうと立ち尽くしているのを見つけた。

nextpage

wallpaper:111

声をかけても答えず、体を揺すってもされるがまま。

このままにしてはおけぬと手を引き背を押し、ようよう山から下ろした。

nextpage

wallpaper:122

家に戻っても女は語らず眠らず、まるで抜け殻のような有様であった。

nextpage

幾月か経った頃、近くの山でたれかの亡骸が見つかった。

獣に追われたか、足を滑らせたか、崖から落ちた体で死んでいた。

死んだばかりと見え、まだ体に温もりが残っていた。

およそ見知らぬ旅人でもあろうけれども、あわれに思った村人は、その亡骸をせめて寺の無縁墓に葬ってやろうと里に下ろした。

nextpage

wallpaper:151

遺骸を寺に運ぶべく先の女の家の前を通りがかると、ふらりと女が家から出てきた。

そして遺骸を見るなり「あっ」と叫んでばったり倒れた。

nextpage

wallpaper:122

目を覚ました女は始めて人心地がついたように喋り出した。

nextpage

wallpaper:86

「山に入ってしばらくすると、オーイオーイと叫ぶような、ウーンウーンと唸っているような奇妙な声が聞こえた。

誰か助けを求めているのだろうかと音に近づくうち、体がこわばり、何故だかとても寒くなってきた。

なぜ凍えるのかしらと思ううち、目の前が暗くなった」

nextpage

wallpaper:74

「次に目を開けたら、自分が目の前にいた。籠を腰に、手にナタを持って傘を被ったその姿は山に入った自分だった。

これは一体どうしたことかと思うけれども、なんともしようがない。

そのうち、村の者の声が聞こえて自分を連れて行った」

nextpage

wallpaper:157

「自分は自分についていき、まるで抜け殻のようになった自分のそばにずっといた。

家人に話しかけたり、触ったりしようとしたけれども、一体どうしたらいいのか分からなかった。

そしてさっき、家の前を誰かが通る時に目の前の自分が動き出し、亡骸を見て倒れた。

あっと思ったら自分は自分の中に戻っていた」

nextpage

wallpaper:122

寺に運ばれた件の亡骸が無縁として葬られた後、女はぷいと姿を消した。

亡骸と女の異変との関係は分からない。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4410
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ