【夏風ノイズ】夏の宵、見上げた火の花

中編5
  • 表示切替
  • 使い方

【夏風ノイズ】夏の宵、見上げた火の花

 汗ばんだ手を無造作にズボンの横へ擦り付ける。

冷たくない彼女の手が、俺の右手を掴み、俺達は街の喧騒の中へ飛び込んだ。

手を引かれ、露店の並ぶ通りの人混みを歩いて行く。

高校二年の夏。祭りなど行く予定は無かったのだが、城崎に無理矢理連れ出された。

彼女が身に纏う紫色の浴衣には、何匹か金魚のようなものが游いでいる。

彼女が動く度に、深紅の髪飾りが美しく揺れた。

あまりの美しさに、思わず見とれてしまう。

「しぐ、何ボーッとしてんのさ!」

城崎の声で、ふと我に返った。

「あ、あぁ、悪い。」

「旦那様!りんご飴があります!あっちは何でしょうか!?すごいすごいっ!お祭りですっ!」

俺の横では、露がありえないくらい楽しそうにしている。

それもそのはずだ。露にとって、夏祭りは今日が人生初なのだから。

「露、好きなもの買っていいからな。金魚すくい以外なら…」

金魚が嫌いなわけでは無いが、ただ飼うのが面倒なのだ。従って金魚すくいだけはなるべくしてほしくない。

「え~、しぐはイジワルだなぁ。夏祭りなんだから、金魚すくいくらいやらせてあげたら?」

「いや~、でも飼うのがさ…」

「お屋敷の庭に池があります!そこで飼えないでしょうか?旦那様、金魚さん…」

水色に色とりどりの花火が咲く浴衣を着た青髪の少女は、俺を見上げて金魚すくいをねだってくる。

こんなに甘える露を見るのも、今回が初めてだ。

「お、おぉ、その手があったな。よし、それなら大丈夫だ。」

「やったぁ!」

嬉しそうに笑う露を見て、亡き妹のことを思い出す。

そういえば行ったな、夏祭り。俺が中学一年の頃だ。妹のひなは、まだ小学三年生だったか。

あの時も楽しかった。

夜空に咲く火の花を眺めながら、来年も一緒に行こうと約束したきり、一度も行っていない。

ひなが生きていれば、毎年一緒に行っていたのかもしれない。

「ほら~、しぐ!ボーッとしてないではやく行こうよ!」

「旦那様~!楽しそうですよ~!」

二人の声が少し遠くから聞え、俺の脳を優しくノックした。

「おう、今行く!」

俺はそう言って、二人が待つ方へと歩いていった。

nextpage

街を歩いていると、人に混じって何かが視界に入ってくる。

それは、角の生えた人のようなものだったり、宙を游ぐ見たこともない美しい魚だったり、姿形は様々だが、恐らく妖怪の類いなのだろう。

こんなものまで見えるのだから、時々自分が怖くなる。

それでも、今までとは違う。

露は勿論、ゼロや城崎、それに、十六夜さんだっている。

露には、それらが見えていないようだったが、城崎にはしっかり見えているようだ。

ふと、城崎が俺の視線に気付いたのか、顔を近付け小声で話掛けてきた。

「ねぇ、あれ何か知ってる?」

城崎はニヤリと妖艶な笑みを浮かべ、その魚のようなものに目を向けた。

顔が近い、良い香りがする。

城崎からは、いつもほんのり甘い香りが漂ってくる。

そして今更だが、彼女の美しい顔が目の前にあることで、少し鼓動が高鳴った。

「え、あれって、あの魚?」

「そう、あれね、死者の霊魂が姿を変えたものなの。綺麗でしょ。」

「ああ、綺麗だな。」

死者の魂は姿を変えるとあのような姿になるらしい。

どうすればその姿になるのかは、城崎も知らないらしい。

しかし本当に綺麗だ。

俺が歩きながらその魚に見とれていると、すぐ耳元で囁き声が聞こえた。

「あの鬼みたいなのは、ただの妖怪だけどね。」

城崎の口が俺の耳に触れそうなくらい近くまできていた。

至近距離で囁かれ、かなりゾクゾクした。

彼女の吐息が耳に当り、なんだか擽ったい。

「そっ!そうなのかぁ!」

驚いて変な声を上げてしまい、それを見た城崎が吹き出して笑っている。

露も俺の素っ頓狂な声が聞こえたのか、声を出して笑っていた。

「お前、急に耳元で囁かれたら驚くだろ。」

「はっはぁ!!だってボーッとしてんだもん!どんな反応するかなぁって思ってさ~。」

やれやれ、相変わらずだ。

だが、たまにはこういうのも悪くはない。

夏がこんなに楽しいと思ったのは、本当に久しぶりだ。

「あら~、しぐるくん。よかったわ~来てくれて。」

不意に、背後から聞き覚えのある声が聞こえた。

振り返ると、十六夜さんが着物を着て立っていた。

「十六夜さん!来てたんですか。」

俺がそう言うと、十六夜さんはフフフと可愛らしい声で笑った。

「来てたも何も、わたしのおうちはすぐソコだからね。フフフ。でも本当によかったわ、三人揃って仲良さそうにして。」

そう言われると、少し照れ臭い。

隣の城崎を見ると、少し頬を赤らめていた。

彼女も、俺と同じような気持ちなのだろうか。

「そうだわ、わたし一人だと寂しいから、露ちゃん借りてもいいかしら?もう可愛くて可愛くてたまんないわ~」

十六夜さんは、そう言って露の頭を撫でた。

ちなみにこの二人、ほぼ身長同じだ。

「え、露が構わないならそれでも良いですけど、四人で行動するのはどうです?」

俺がそう提案すると、十六夜さんはウフフと笑ってこう言った。

「いいえ、あなたたち二人があまりにも仲良くしてたから、邪魔したら悪いかなってね。ねぇ、露ちゃん。」

そしてまた露の頭を撫でる。

「はい、そのようですので。私は十六夜さんと金魚掬いします。」

露も乗り気なようで、ニコリと笑ってみせた。

俺達、そんなに仲良さそうに見えただろうか。

そう言われて、無性に恥ずかしくなった。

城崎も恥ずかしがっているようで、顔を赤くしながらこう言った。

「いやいや、そんなんじゃないし!日向子ちゃんったらからかわらないでよ~。」

「フフフ、あまりいじめても可哀想だから、このくらいにしておきましょうかね。さぁ露ちゃん、行きましょ!」

そう言うと、十六夜さんと露は二人で祭の喧騒の中へと消えていった。

何故か残された俺達は、これからどうすれば良いのか?

そんなことを考えていると、城崎が口を開いた。

「ねぇしぐ、ちょっと歩き疲れちゃったからさ、何処かに座らない?」

たしかに、ずっと歩きっぱなしだったから、俺も疲れた。

「あ、ああ、そうだな。そうしようか。」

俺達は座れる場所を見付け、そこに腰掛けた。

「二人きりだね…」

そう言ったのは城崎だった。

「あ、うん。」

少しだけ鼓動が早くなった。

「あのね、しぐには、話しておきたかったんだ。あたしの過去のこととか、あと、色々…」

「ああ、聞かせてくれ、お前のこと。」

こう言った俺は、きっと微笑んでいた。

「あたしが、中学2年の時のことなんだけどね。」

そう言って、彼女は自分の過去を語り始めた。

その物語は、彼女の人生の分岐点ともいえるものだった。

Normal
閲覧数コメント怖い
3532
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

にゃん様!
読んで頂けて嬉しいです!!!ありがとうございます!!!

表示
ネタバレ注意