中編4
  • 表示切替
  • 使い方

おとぎ話

携帯で買い物リストをチェックしていると、里乃が泣きながら部屋に入ってきた。

「どうしたの?」

「おねえちゃんが……里乃のシーちゃんとったの」

座っているソファの横へ来て、私の肩へ顔をうずめる。とそこへ、

「ちがうよ! 貸してくれるっていったから借りただけだもん!」

クマのぬいぐるみを抱えた美亜もきて抗議する。

「でもかえしてくれないのっ」

「じゃあかえす、はい!」

美亜は妹の前へ行くと、”シーちゃん”を投げつけた。

とっさのことで庇えず、ぬいぐるみを顔に当てられた里乃がまた泣き始める。

「こら美亜、里乃に『ごめんなさい』しなさいっ」

「しない! 美亜わるくないもん!」

と、離れてテレビを見始めてしまう。何を言っても頑なにこちらを向こうとしない。

美亜はいま六歳で、里乃は五歳になったばかり。

こんな年齢からでも、やはり姉妹というものは何かとぶつかるものなのだろうか……。

特に美亜は、最近何かと色々ほしがるようになり、小さなトラブルの発端になりがちだ。

もう一度声をかけようとしたところ、携帯からメッセージ音が鳴る。

「パパ、今日少し遅くなるかも知れないって。先にご飯食べよっか」

確認して二人に言い、とりあえず夕食の席に着かせる。

食事中、美亜はずっと無言のままだった。

夕食が済むと、里乃から「お話」をせがまれた。

知っている昔話や、オリジナルのものなど、私はときどき二人に物語を聞かせている。

「どんなお話がいい?」

「王子さまが出てくるのがいい!」

いつもは姉妹二人でせがんでくるのだが、美亜はどこか遠慮するところがあるのか、

一人ソファのほうへ行ってしまっている。そこから動く気配はないので話は聞きたいようだ。

里乃と一緒にそちらへ行き、私は自分の両隣に姉妹を座らせた格好にすると、

「美亜は、どんなお話がいい?」と訊いた。

「……こわいのがいい」

眼を合わせず、ぽつりと言う。

私はウーンと首を傾げる。そして、落とした視線で床を見てふと思いつく。

「――じゃあ王子さまの出てくる、少しこわいお話にしよっか」

「えー。里乃こわいのやー」

「少しだけだから大丈夫」

「えー……じゃあ、こわいのほんとに少しだけね」

身を寄せてきた小さな肩を抱き、私は語り始める

それはざっとこんなあらすじ――。

あるところに、美しいがとても悪い魔女がいた。

魔女は魔法でお姫さまに化けると王子に近づいた。

そしてまんまと結婚すると、好き放題するようになった。

お城の宝を持ちだしては勝手に使い、王子がいくら頼んでもやめない。

お妃としての仕事もせず、毎日出かけては遊んでばかり。

あれがほしいこれもほしいとなんでもほしがった。

お城の宝もどんどんなくなっていく。

そこへひとりの娘が現われた。

娘は魔女の正体を王子に教え、二人で魔女を倒そうと決意する。

魔女を酔わせて深く眠らせると、王子が剣でひと突きした。

そして二度と蘇らないよう、お城の地下へと押し込めた……

身振りを交え、つい夢中に話していたのに気づき、いったん息をつく。

と、すぐに里乃が訊いてきた。

「それで、王子さまどうなったの?」

「そのあと、王子さまとその娘は結婚するの。娘は魔女の妹だったんだけど、苦しんでいる王子さまをたすけたかったのね。それで、王子さまと魔女の子供たちも、それからは娘を本当のお母さんのように思って、みんなでいつまでも幸せに暮らしたとさ、めでたしめでたし。――どうだった?」

「うん、おもしろかった、こわくなかったよ」

里乃は笑顔で言う。

美亜は黙ったままうつむいている。

「あたし……魔女やだ……」

そういって美亜が膝へ落とした涙に、私はハッとする。

欲張りな姉、魔女に、美亜を投影させてしまった、自分の無神経さに気づく。

「ごめん、そんなつもりじゃなかったの、ごめんね」

私は彼女の頭を抱き、悲しみにほてる体をさすった。すると美亜は、

「ごめんなさい……里乃ごめんなさい……」

泣きながらふり絞るように言う。

本当は謝りたかったのだろう。感受性の強い、根は素直な子なのだ。

「知ってるよ。美亜はやさしい子だよ。魔女なんかとちがう、ちゃんと謝れるいい子だよ」

私が言うと、里乃も美亜の横へ座り、身を預けるように寄せた。

それから、三人で遊んだりテレビを見たりして過ごし、二人がすっかり仲直りしたのをみて、

私は再び明日の買い物リストの確認を始めた。

早めに処理したい荷物があり、そのために必要な道具を買いそろえにいくのだ。

――と、玄関の鍵が回され、ドアの開く音がした。

「ただいま」という声に、「パパだ!」と姉妹は駆けだしていく。

やがて壁の向こうから、

「里乃ねー、ちゃんと早苗おばちゃんとおるすばんしてたよー」

「ねーパパー、ママまだ帰ってこないのー?」

声が聴こえ、自分の眼は自然とキッチンの床下収納の方へ向く。

つい笑みがこぼれる。

私はそのままの表情で、帰宅した王子さまを迎えるのだった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,35819
27
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

にゃにゃみさん
コメントありがとうございます。

なんとか楽しんでいただけたようで、よかったです。
こういう作品はうまくいってるのかどうか自分じゃわかりづらいんですよね・・・。しかも明かすにしてもはっきりした形じゃないものですから、どういう書き方ならフェアに隠せるのか、それでいて最後にわかってもらえるのか、今でもこれっていう確信はないままだったりします。
あと語り手と娘たちの距離感も、いまいち加減がわからず微妙に悩みました。

表示
ネタバレ注意

あぁあー(´Д` )

ママじゃなかったぁッ!

わかった時、ゾワッとしました。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

なかなか皆さんの作品を読みに来れなくて、遅くなってしまった(つД`)ノ

ラズさん((( ;゚Д゚)))

私も他の皆さんと同じく、母親と娘達のアットホームなお話かと思って読んでいました((( ;゚Д゚)))

ま…まさか…
こんな事が起きていたとわッ<(ll゚◇゚ll)>

ヒェーーーヽ(´□`。)ノ・゚ 

今回のお話も怖面白かったです((( ;゚Д゚)))

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

河上マングースさん
コメントありがとうございます。

こういう形の話は自分でも好きなんですけど、でも好きすぎてうっかりするとそればっかり書きそうになるので気をつけたいです。
ある意味一発ネタですし、もっと他にも色んな形で怖い話を書けるようになりたく思います。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意