中編3
  • 表示切替
  • 使い方

謎の箱と禍々しいもの

G県H市のある村に、ある家族が住んでいた。

寝たきりで99歳にもなる祖父、その孫で5歳のA、そしてその両親。

昼間、両親は働きに出ている。

Aはとても好奇心旺盛で家の中を遊びまわっていた。

ある日、Aが何気なくふすまを開けると天井裏に通じる板が外れていた。

家の中にも飽きてきたAはしまってある布団をよじのぼり、そこに入った。

周りは想像以上に暗く、恐怖心が湧き上がった。

しかし、好奇心が勝り更に進んでいった。

しばらく歩き回っていると足元に箱があることに気がついた。

「こんなところにあるくらいだから、きっとすごいものに違いない」とAは考え、入り口のほうに運ぼうとした。

しかし以上に重い。子供の頭ほどなのに10キロはありそうだ。

仕方なく引きずっていくことにした。

だんだん入り口に近づくにつれ、箱の側面が見えてきた。

真っ黒で、ところどころ白い。ふたは黒い紙で固定してあった。

さらに近づく。さらに明るくなってくる。

真っ黒だと思っていた側面は、白い箱に黒い文字がびっしりと

書かれているようだ。ふたの紙も同様。白い紙に文字がびっしり書いてあった。

振り向いて入り口の位置を確認する。あと1m位だ。もう一度箱を見た。

そこで、あることに気がついた。

箱の側面にびっしりと書いてある文字。

それはお経だった。

蓋についている紙はお札だった。

そのとたん、Aの体に恐怖が電気のように走った。

そのとき、前方の暗闇から「ペタ・・ペタ・・」という足音がしてきた。

Aはとっさに「それ」を絶対に見てはいけないと思った。

振り向いて逃げようとしたが、恐怖で足が動かない。

どんどんこっちに近づいてくる。あと少しで「それ」に入り口の光が当たる。

そうしたら見えてしまう。あと少し・・・・・もうだめだ。

と思った瞬間、Aの体は入り口の穴に落ちていき、布団の上に落ちた。

Aが顔をあげると、そこには寝たきりのはずの祖父がいた。

わけもわからず唖然としていると、祖父はいきなり「去れ!!」と叫んだ。

Aは混乱してきた。祖父は再び「もう十分であろう!!」と叫んだ。

祖父の顔を見上げる。しかし祖父はAをみていない。

入り口を凝視している。正確には、入り口にいる「それ」を。

しばらくその状態が続いた。とても長い時間に思えた。

五分ほどして、祖父はAにゆっくり

「後ろを決して振り向かずに、わしの部屋へ行け。いいな。絶対に振り向くな」

といった。

Aはわけもわからずままさっとふすまから飛び降り、隣の部屋を目指した。

そこで呆然と立ち尽くした。

さらに五分後、祖父がよろよろと部屋に戻ってきた。

今にも倒れそうだ。Aは祖父を支え、布団に連れて行った。

祖父は横になると、ため息をつきゆっくりと話し出した。

「A、今のはな・・・わしの・・・」

とまで言ったとき、向こうの部屋でふすまが開く音がした。

そしてまた「ぺタ・・ぺタ・・」という足音が聞こえてきた。

祖父はいきなりAの手をつかみ、布団の中に引きずり込んだ。

99歳とは思えないほどの力だった。

今度は祖父の部屋の扉が開いた。祖父の体はガタガタと震えていた。

そして何かつぶやいていた。よく聞こえなかったが、

「すまない」「許してくれ」「この子だけはやめろ」

と言う風にきこえた。Aはそのうち気が遠のいて目の前がゆれてきた。

そのとき布団の隙間から「それ」の足がみえた。

腐っているかのような紫色でところどころ皮膚がずり落ちていた。

そのままAは気絶してしまった。

気がついたとき、Aは祖父の布団に一人で寝ていた。

時間はあのときから五時間も過ぎている。

祖父は・・・? Aが家中を探してもどこにもいない。

両親が帰ってきて、警察がでてきても見つからなかった。

一週間後どうしても気になり、Aが恐る恐るふすまを開けると、

以前あった入り口は完全にふさがっていた。

Aは安心してふすまを閉めようとした。

そのとき、Aは見てしまった。

厳重にしめられた入り口の戸に挟まっている、祖父がしていたお守りを

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
43520
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

おじいちゃんに何があったのー!?(・・;)

子供の好奇心って怖いもの知らずですね( ̄□ ̄;)!!