長編11
  • 表示切替
  • 使い方

たっちゃん

昨年の春、兄が結婚したい人がいると言って女性を連れてきた時、私たち家族はびっくりしました。

相手はバツイチで4歳の女の子がいて、兄よりも12歳年上の女性でした。

両親、祖父母とも最初は反対をしましたが、当人同士が好きあっているのならということで

最終的には円満に話が進み、結婚に賛成しました。

義姉の前夫は、呑む・打つ・借金癖・暴力と最悪な男で、子供の前で妻に暴力を振るったり

時には子供を叩いたりもしたそうで、子供は大人の男性恐怖症です。

子供がいることもあり、義姉が「新婚旅行へは行かなくてもいい。」と言ってたのですが、私の両親が「今までさんざん苦労してきたんだから、子供は家で預かるから旅行に行ってリフレッシュしておいで」と旅行を勧めて、兄夫婦は10日間ヨーロッパへと発ちました。

実家には両親と祖父母と私の5人の大人が住んでおり、新婚旅行の間、子供のMちゃんが来ました。

Mちゃんは初め知らない大人に囲まれて怯えていましたが、血は繋がっていないとはいえ両親、祖父母共にMちゃんのことをとても可愛がり、すぐに家での暮らしに慣れました。

私のことは「お姉ちゃん」と呼び、私にも慣れて寝るときは私と一緒に寝ていました。

separator

Mちゃんが来て3日目の夜。Mちゃんの話し声で、私は夜中の2時過ぎに目が覚めました。

Mちゃんはイスに座って、ゴニョゴニョと何か喋っていました。

私は寝ぼけてるのかと思い「Mちゃん、何してるの?遅いからこっち来て寝なさい」と声をかけました。

するとMちゃんが私の方を振り返り「あ、お姉ちゃん。今ね、たっちゃんとおはなししてるの」と言いました。

「たっちゃって誰?誰もいないよ?夢でもみたの?」

「夢じゃないよ。たっちゃんだよ。ここにいるよ」

(前夫の暴力などが原因でココロの中にお友達でも作ったのかな?)と思い、Mちゃんが座っているイスの近くまで行き「もう遅いよ。たっちゃんももう眠いんだって。だからMちゃんも寝ようね」と言い、ベッドに連れて行き寝かせました。

翌朝、母に夜の出来事を話し「専門のお医者さんに一度行った方がいいんじゃないの?」と言ったのですが、「少し様子を見てみるから」と言われました。

私と父が会社へ行った後、母が庭で洗濯物を干していた時にMちゃんは居間で子供番組を見ていたそうですが、居間からMちゃんの泣き声が聞こえ、母は慌てて縁側から居間に入ったそうです。

Mちゃんは耳を両手で押さえながらワーワー泣いていたので母が「どうしたの?」と聞くと、Mちゃんは母に泣いて抱きつきながら「たっちゃんが髪の毛をひっぱって虐める。怖いお友達がいっぱいいて、みんなでMのことを虐める」と言い、泣きながら震えていたそうです。

母親がいなくて寂しいんじゃないか、ということでその日、祖父母が町内会の行事で隣町の健康センターへ行く際にMちゃんも連れて行きました。孫を連れてきてる老夫婦もいて、健康センターではMちゃんは同じくらいの年の子供達と楽しく遊んでいたそうです。

separator

兄夫婦が新婚旅行から帰ってくるまでの間、Mちゃんは私たちには見えない「たっちゃん」とやらと昼夜問わず話をしていました。

時には笑い、時には怒り、時には泣いて…

私たちは「母親がいないのと、前の生活のせいで精神的にバランスが崩れているのだろう」くらいに思っていたのです。

兄夫婦が戻って来て、実家に挨拶に来ました。

義姉はとてもスッキリとした顔をしていました。

母が義姉にそっとMちゃんのことを話し、一度、専門家の診察を受けるようにと促しました。

separator

その年のクリスマス、兄夫婦の家でクリスマスパーティーをするからと招待され家族総出で出かけました。

その夜は兄夫婦の家にみんなで泊まりました。兄夫婦、Mちゃんは2階の寝室。祖父母は1階の和室。私の両親は2階のMちゃんの部屋。私は1階の居間のソファーベッドで寝ました。

夜中、台所でガチャガチャとする陶器の音で目が覚めました。

居間と台所は上部がすりガラスの引き戸で仕切ってあり、明かりがついていました。私は義姉が台所にいると思い、また眠りにつこうとしました。

その時、パタパタと台所を走り回る足音が聞こえました。その足音は子供の足音でした。(Mちゃんかな?)と思ったのですが、寒いし起き上がるのも面倒なのでそのまま横になっていたのですが、台所の音が次第に大きくなってきているのに気づきました。

お皿やコップをガチャガチャしてる音。走り回っているような子供の足音…

Mちゃんの足音だとばかり思っていた足音が、複数であることがわかりました。しかも大人の足音ではなく、みんな子供の足音なのです。この時私は、Mちゃんが言ってた「たっちゃん」の存在を思い出しました。

その時、居間と祖父母が寝ている隣の和室を仕切っているふすまが開きました。

祖母でした。

「なんだか騒がしいけど何?」

私は自分の唇に人差し指をあて(シー)と合図をして祖母に手招きをしました。祖母が私の隣に横になりました。

私は祖母に耳打ちで「複数の子供の足音が聞こえる。何か変だよ」と言いました。祖母と2人で耳を澄ませて、台所の様子を伺いながら数分が経ったと思います。

さらにガヤガヤとうるさくなりました。

祖母がそっと起き上がり、かがんで台所のガラス戸のところまで行きました。私も祖母の後を追い、ハイハイするような格好でガラス戸のところまで行きました。

祖母が数センチ、そっと戸を開けました。

するとーーーーーーーーーーーーーーーーー

台所に6人子供がいて、大きな子2人が楽しそうにテーブルにお皿やらコップやらをセッティングしていました。年の頃は小さい子で3歳くらいから。大きい子で8〜10歳くらいだったと思います。

いきなり祖母が立ち上がり、ガラス戸を思いっきりガラっと開け「あんたたち、どこの子ね?夜中によその家で何しとるね?どこから入った?」と、大きな声で言いました。

子供達はギロっと祖母と私を睨むと、スーッと消えてしまいました。

祖母の声で祖父、両親と兄夫婦が起きてきました。

私は兄に「子供が6人台所にいて消えた」と言いました。

最初は皆口々に「寝ぼけたんだろ」とか「夢でもみたんじゃないの?」と言い、信じてくれませんでした。

しかし、朝。台所の食器棚とテーブルの上に置かれたコップに、無数の大きさの違う子供の手形が残っているのを発見し、みんな私と祖母の話を信じてくれました。

朝食の後、私はMちゃんに「たっちゃんの絵を描いて」と言いました。

Mちゃんはお気に入りのクレヨンセットで、チラシの裏に絵を描き始めました。

「たっちゃんだよ」と、出来上がった絵をMちゃんは誇らしげに私に見せました。

その絵を見てハッとしました。

Mちゃんが描いた「たっちゃん」が着ていたTシャツの色。青いTシャツ…

昨夜、台所にいた子供達の中にMちゃんより1〜2歳年上だと思われる男の子が青いTシャツを着ていたのです。

(そういえば……)

真冬なのに子供達は皆、真夏の格好をしていたのを思い出しました。

祖母にMちゃんの描いた絵を見せ、台所にいた子供達の服装のことを聞くと服装や顔までは覚えてないと、祖母は言いました。でも、最後に子供達が私たちを睨んだ目は覚えていると。

「なんだか気味が悪かったよ。全員死んだ魚のような目だった」

separator

それから数週間が過ぎ、兄夫婦の家であったことも忘れかけた頃のことです。会社帰りに同僚と近くのデパ地下へ寄りました。

エスカレーターで地下へ下りている最中、後ろからふくらはぎに何かを刺されたような鋭い痛みを感じ、振り返ると私のすぐ後ろのステップに5歳くらいの男の子が焼き鳥の串を手に持ちしゃがんでいました。

私と目が合うとニヤっと笑い、もう一度ふくらはぎに串を刺しました。

「何してるのよ、痛いじゃない」と男の子に言うと同時に、エスカレーターは地下につきました。

子供の親に一言言ってやろうと、私はエスカレーターを下りた場所で止まりました。

後から後から人が下りてきて、時間帯にも混雑しているときだったので子供を見失ってしまいました。ふくらはぎを見ると、少し血が出ていました。

気を取り直して同僚と試食品などを食べながら地下を回っていると、視界にちょこちょことさきっきの子供が入ってくるのに気づきました。

ふり向くと子供がいません。

何度となくそのようなことがあり、パン屋さんの前に来た時また子供が視界に入りました。私は気づかないフリをしながら、視界の角に映る子供を目で追いました。

子供がだんだんと私に近づいてきました。

私はパン屋さんの壁に鏡がかかっているのを見つけ、鏡のななめ前に立ちました。鏡に子供が映った瞬間、一旦目をそらし、そのまま勢いを付けて後ろを振り返りました。

すると、そこにはさっきの子供が右手に串を持ち立っていました。

私はその子の腕を掴んで「あんた、大人をバカにしてるんじゃないよ。親はどこにいるの?」と凄みました。

すると子供の力とは思えないほどの力で私のてを振りほどき、走って逃げて行きました。

同僚にどうしたのかと聞かれ子供のことを話したら、どんな子供か聞かれました。

そういえば…

子供は半ズボンに白いランニングシャツを着ていました。デパートの中とはいえ、真夏の格好。私はクリスマスの出来事を思い出しました。

separator

次の日の朝。出勤途中私は階段から誰かに突き落とされました。

幸い、残り3段くらいだったので怪我はありませんでした。

その日の2時過ぎに上司から頼まれて書類を取引先へ届け、オフィスに戻る最中のことです。勤めている会社のエレベーターの中には私一人でした。ドアが閉まる寸前で誰かが外のボタンを押し、またドアが開きました。

すると…

夏服を着た子供達6人が、一気にエレベーターに乗り込んできました。

私は突然のことで言葉を失いました。

エレベーターのドアが閉まりました。子供達は、祖母と私を睨んだ目でジリジリと私に近づいてきました。私は恐怖で声が出ませんでした。

10歳くらいの大きい女の子が私の前に立ち、私のことを押しました。私は後ろによろけました。すると後ろから大きい男の子が、私のことを後ろから前に押しました。

今度は右から青いTシャツを着た男の子が、私を横に押しました。私が左によろけると、今度は左からデパートで見た子に右に押されました。

私は6人の子供に囲まれており、子供達はさらに私を睨みながら私に近づいてきました。

(もうダメだ…)

そう思った時、エレベーターがオフィスのある階につきドアが開きました。

…私はそこから記憶がありません。

気がついたら社内の医務室のベッドに横たわっていました。

後から聞いた話では、私はエレベーターの中で倒れていたそうです。うちの会社は、エレベーターのドアが開くと真っ正面に受付が見えます。受付の子がエレベーターの中で倒れている私を見て、助けてくれたそうです。

エレベーターの中には私しかいなかったそうです。

6人の子供達がこの世の者ではないことはわかっています。でもなぜ、私のところに来たのかわかりませんでした。

Mちゃんがいつも話をしている青いTシャツを着た「たっくん」は一体何者なのか?考えれば考える程、わからないことだらけでした。

その日からしばらくの間、私は会社で1人でトイレに行ったり、エレベーターに乗ることができなくなりました。

私はこの日の出来事を家に帰り、祖母に話しました。

「今度の休みにお寺さんに行ってみようかね」と、祖母は私に言いました。

separator

週末、祖母と家のお墓があるお寺さんへ行きました。

そのお寺は家から歩いて10分程のところにありますが、寒かったので私が車を運転して行きました。車だと3分くらいなのですが、なぜか、お寺に辿り着けないのです。

お寺への道は単純で迷うことはあり得ないのですが、道が多少狭いのです。

通ろうとした道の前方にトラックが止まっていて通れなく、Uターンしなきゃいけなかったり、工事中で通行止めだったり…

普段なら車で3分の距離が小一時間かかりました。

お寺さんへ到着すると、住職さんを待つ為に大広間に通されました。

5分くらいして住職さんが来ました。

私と祖母を見るなり「あれまぁ、ここまで来るのに大変だったでしょう」と言いました。

住職さんの後について別室へ向かいました。

そこは10畳くらいの部屋で、中央にテーブルが置いてあり、奥に大きなお仏壇のようなものがありました。

「じゃあね、まずおばあちゃんから。お孫さんはそこに座っていてね」

住職さんは祖母を、お仏壇のようなものの前に座らせました。私はテーブルの所で住職さんと祖母のを見ていました。

住職さんが呪文みたいなのを唱えながら祖母の回りをグルグル回ったり、祖母の後ろに立ちお経みたいなのをあげながら「あんたたちの居場所はここには無い。上にあがりなさい」みたいなことを言ってました。

30分くらいだったと思います。

終ってから住職さんと祖母は私のところに来ました。

「今日、ここに来るの大変だったでしょう」

「はい。Uターンしたり遠回りしたり、いつもなら3分で来れる所なのに1時間くらいかかりました」

「あのね、アンタ水子の霊を6体しょっててね。アンタがここにきたら自分らが消されるのを知ってるから、来させないようにしてたんだよ」

「えっ…私、水子はいません」

というと、住職さんはゴニョゴニョと何かを喋りました。そして「最近、新しい家族が増えただろ。水子はそっから来とる」と、言いました。

義姉の子???

兄がバツイチの女性と結婚したことを祖母が話すと、6人のうち2人が義姉の子供で、あとの4人はこの世に彷徨っている同じ水子だと説明してくれました。そして、この水子達は成長している、とても怖い霊だと言いました。

そのあと、私のお祓いを4人掛かりでしてもらいましたが全部祓いきれなかったそうです。

義姉が水子に「ごめんね」という気持ちが見てない限り、子供は成仏しないと言われました。

「たっちゃん」とデパ地下で私の足に焼き鳥の串を刺した子が義姉の水子だそうで、この2人は成仏せずに、お寺から姿を消して逃げてしまったそうです。

その後、義姉に水子のことを話すと「2人とも前夫のことがストレスで流れてしまった」と悲しげに話してくれました。

住職さんが言ってた通りに、義姉が供養をしないといつまでもこの世に残って成長するから

早くに供養をするよう言いました。姉はすぐに供養するからと言いました。

その後、しばらくは何も起こりませんでした。

私は姉が供養をしたものと思っていたのですが、先日2人の子供を会社のエレベーターの外で見てしまいました。私はお祓いをしてもらった住職さんから「肌身離さず持っているように」とお守りを頂き首から下げているのですが、お守りの影響か、子供達は私に近づけないようで廊下からエレベーターの中にいる私をドアが閉まるまで睨み続けていました。

「たっちゃん」の着ている青いTシャツと、もう1人の子が来ている白のランニングシャツが

前に見かけたときよりも身体に合っていないことがわかりました。

2人は確実に成長しているのでしょう。

義姉にはあれ以来、会っていません。

Normal
閲覧数コメント怖い
4700
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ