中編3
  • 表示切替
  • 使い方

《音》

家帰ったら誰もいなかった

二階の俺の部屋でゴロゴロゴロゴロして本読んだりゲームしてたら

天井の方から「カリカリカリカリカリ」って、音が

「ん?」と思ってテレビの音量落として耳をすましてみた

そしたらやっぱり「カリカリカリカリカリ」って、音

俺の家には屋根裏があるからそこにネズミーでも湧いたかと思って無視しとったんんだが

何分かすると「カリカリカリカリカリ」って音が「ドドドンドドドンドドドンドンッ!!」って音に変わった

それも最初は無視していたんだけど、しつこいくらい「ドドドンドドドンドドドンドンッ!」が続くもんだからイラッと来てしまって

我慢できなくなって、「最近のネズミうるせぇ、捕まえちゃる」と、虫取網持って屋根裏へ向かった

で、屋根裏

暗いから懐中電灯持ってネズミ探しを始めた

さっきはあんだけ騒がしかったのに来てみると超静かだった

で、何分か探したけどネズミらしきものは見つからなかった

「フッ…小動物め…怖じ気づいたか」

部屋に戻った

数分後

「ドドドンドドドンドドドンドンッ!」

また、『音』

もうメンドイから完全に無視した

それが2時間も続いたが…無視、無視、無視!

それから暗くなり、家族がぞくぞくと帰宅

その頃にはあの『音』はしなくなっていた

夕食時、家族に『音』の事を話した。夕食後…父が屋根裏に行ってみたが、何もなかったそうだ

それから数日…

家に帰るとまた誰もいない、俺一人…嫌な予感がするなぁ…

その予感は的中した

「ドダダダダダダダッ!ドッタァァーンッ!ドタドタッ!!ドッドッドドドッターーーンッッ!!!」

パワーアップしていた…

その時俺は気づいた

「この音…もしかして俺しかいない時にしかしない…?」

実際、家に俺の他に誰かがいるときにこの『音』は全く聞かなかった

で、家に俺しかいない今、またこの『音』がする…

どういう事なのかはサッパリだったけど、この時はさすがにゾッとしたねぇ

「ドッドドッ!ドッドッ!ドダダンッ!ドダダッダダッダダッ!!ドドドーーーーーッッ!!!」

『音』は続く、つーか更に酷くなっていくし…

俺は意を決して重装備で屋根裏へ向かった。

でも、屋根裏はやっぱり静か

一通り見回して、やっぱり何もないので部屋へ戻る…

部屋へ戻ると…

「ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンッッ!!!!」

もう、さすがに限界だった

「うるせアホがーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」と、涙目気味で叫んだ

それでも

「ドドドドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンッッ!!!ドダダダダッドダッ!!!ドドドダダッ!!!!」

『音』は止まらなかった

あきらめた俺は耳栓をして家族が帰るのを待った

その日から、俺は家に俺一人だけになることを極力避けている

あの『音』がなんなのか全く分からない

ただ、怖い

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3581
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

えーヤダぁ(泣)

怖いー