短編1
  • 表示切替
  • 使い方

英語のテストで

あれは俺がまだ中1の時の話。

冬の期末試験の英語の時間。

英語なんて分かる筈もない俺だったが、まだ授業やテストをサボる程グレても居なかった。

だからテストが始まると直ぐに名前だけ書いて机に突っ伏して寝ていた。

nextpage

しばらくすると耳元に風を感じてガバッと顔を上げた。

だが誰も居ない。

前にはテストを受けている同級生と手を挙げている腕が見えているだけだった。

俺の中学では消しゴムとかを落としたら手を挙げることになっていた。

nextpage

気のせいかと思いまた顔を突っ伏していたがなんだか違和感があり寝れなかった。

さっきの光景を思い出してみる。

みんなテストに勤しんでいておかしいところは一つもない、、、嫌、おかしい。

nextpage

挙がっていた手は素手だった、、。

季節は冬、ストーブしかない教室は凄く寒い。ワイシャツにましてや腕まくりしているやつなんて居る筈がない。

それに気付いた俺は恐る恐る顔を挙げた。

良かった手は無い。

nextpage

変な夢でも見たんだろと思いまた寝ようと思ったら監督をしていた上田先生と目があった。

上田先生はこっちに向かって歩いてくる。

そして俺の前まで来て言った。

nextpage

「見た?」

俺は頷いた。

nextpage

後日俺の学年全体で「俺君英語のテストでカンニング」という噂が流れたのは言うまでもない。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4610
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ