長編19
  • 表示切替
  • 使い方

肝試し

あんま怖くないかも知れんが、俺自身は凄く怖かった話。

九州の南部に住んでるんだけど、去年の8月の半ば位に暇潰しに友人4人(男TとU、女RとK)とで肝試しをする事にした。

県内の山の中にあるS病院跡が割と有名だったので、夜の9時半位に家を出て俺の車で向かった。

病院跡の周辺には民家も何も無いって話だったから、途中にあるコンビニに立ち寄って缶ビールやジュースやら菓子やら花火なんかを買い込んだ。

買い物が終わって店を出た駐車場で、偶然別の友人グループとバッタリ出くわした。

それでその場で駄弁ってる内に盛り上がっちゃったのね。

今買ったばかりのビールにジュースに袋菓子や唐揚げを食いながらで物凄く楽しかった。

そこのコンビニは郊外にあって、出来てまだ半年か1年位でまだ新しく、タクシーの待機所も兼ねていて、タクシーの運転手が2人、車外に出て世間話をしてた。

携帯でメールしていてふっと横に目をやると、その内の1人の運転手のオッサンが話しながらこっちをチラチラ見てる。

目が合った途端、オッサンの方から顔を逸らしたけど、また直ぐにこっちを見てるのがわかる。

コンビニの入り口から少し近いトコロに集まって喋ってたもんだから、あー、ひょっとして俺達のこと邪魔とか思ってんだろうなーって思った。

そこで改めて周り見ると、いつの間にか駐車場に俺達と似たようなグループが2、3組み程増えてて、広めの駐車場が人でごった返してたのね。

これはヤベーわと思ってたら、案の定それから直ぐにパトカーが1台駐車場に入ってきて、スピーカーで「君達すぐに解散しなさい」って言って来た。

国道沿いにパチンコ屋やゲーセンが集中してて、ナンパスポットも近くにあるし、そんな中心にあるもんだから週末になると、こういった事はしょっちゅうなので地元の連中は馴れっこ。

たまに国道を族がまとまって走って、パトカーと追いかけっこをやらかすんで、それ目当てのギャラリーも結構多く集まる。

コンビニの駐車場に人が集まり過ぎると他の買い物客が入り辛く、客も店も迷惑するんで集まり出したら速攻で警察に通報すると、顔馴染みになったやたら背の高いコンビニの夜勤のオッチャンが教えてくれた。

しかも、ちょっと前にコンビニの入り口から店内に向けてロケット花火を何発もぶっ放したアホがいて、そのせいでパトカーの到着がやたらと速くなった。

警官がパトカーから降りて来て「家に帰るように」と促して廻る。

集まってる奴らみんな面倒臭そうにしながら徐々に駐車場から車で出ていく。

それで俺達も車に戻って、ようやくそこで最初なにやるつもりだったか思い出して、改めて病院跡へ出発した。

ちなみにビールを買ったって書いたけど、俺自身はアルコールは一切駄目な下戸なんで。

それもあるから運転は俺がする事になったわけで。

病院跡の場所を俺は知らなかったので、病院跡で肝試しをしようって言い出したUが助手席でナビゲートしてくれながら初めての暗い山道を進んだ。

約1時間半ほど掛かって目的地に付いた。

小さな休憩所みたいな所で、ここで一旦車を駐めて、そこから少し歩くらしい。

時間は午前零時を回ってたと思う。

山の中にも関わらず意外と外は月明かりで薄明るい。

外に出て持参した懐中電灯2本で適当にそこら辺を照らしてた。

マルボロに火を付けて背伸びしながら振り返ると車でTがしゃがんで後部座席の下をゴソゴソしている。

どした?って聞いたらライターを落としたんだと。

俺も運転席と助手席を見てみたけど何も見つからない。

俺「あれ?さっき吸ってたのは?」

T「Rから借りた」

俺「ひょっとしたらさっきのコンビニで落としたんじゃ?」

T「あー・・・かもなー・・・」

コンビニまでここから1時間半は掛かるから帰りに寄ろうって事になった。

準備を整えて廃墟へ向かう。

木ばっかりの細い獣道っぽい所をワイワイ喋りながら5分程進むと開けた場所に出た。

結構広い、サッカー場の倍くらいはありそうだけど、砂利が敷き詰められてるだけで何も無い。

どうも取り壊して更地になってるって感じ。

なんもないじゃんって言ったらUは「えー?去年はあった筈なんだけどなぁ」とか首を傾げてる。

おいおいUさんしっかりしてくれる~?とかUをからかい、せっかくなんでコンビニで買った花火で遊びだした。

上半身裸になった男3人が両手に火の付いた線香花火を持って奇声を発しながら走り回る。

親から黙って借りてきたビデオカメラで巨乳のKにセクハラする。

そしてロケット花火で反撃を喰らう。

ねずみ花火でサッカーをしてたらいつの間にか砂利を相手に投げつける遊びに変化する。

今思い返すとなかなかに下らなくてアホ素晴らしい、つーか何やってんだろホント。

そんな風に騒いでると獣道の丁度反対側に道路があるのに気付いた。

辺りを良く見ると駐車場の跡らしきスペースがあってその先に道が続いてる。

T「本当はこっちから来るのが正解だったんじゃね?w」

俺「いや普通にこっちだろw」

取り敢えず奥まで行ってみようって暫く歩いてると2~300M先に外灯の明かりとガードレールが見えてきた。

どうも本当にこちらから来るのが正解だったようだけど、今更車をこっちに回して来ても意味無いし、戻るかって話してると、

途中に横道らしいのものを見付けた。

真っ暗な林のせいで先は何処に続いてるのかは分からない。

T「ちょいコッチ行ってみねぇ?」

みんながTに付いて行って横道に入って直ぐ、急にTが立ち止まんの。

T「待った!」みんながTの様子を伺ってると、

ブフォッ

R「馬鹿じゃないのw」

K「イヤwホントくさーい!マジ最悪w」

T「ウフフフw」

俺「寄んな、抱きつくなw」

ガキみたいに屁こきで爆笑して、じゃれ合いながら進んでると、木と木の間に黒い大きな塊が見えて来る。

パッと見どうも民家っぽい。

近づくと確かに2階建ての1軒家がポツンとある。

壁や塀に蔦が生えてたり建物の周囲も草がボウボウで、玄関の前にはゴミが散らばってるし、古い一輪車が裏っ返しにして置いてある。

どう見ても人が住んでいるようには見えない。

「うわぁ・・・なんでこんなトコに家があるんだろ?」とか「イヤー、ここ怖いよ」なんて女2人は言っててビビってる。

俺も心の中で(なんだかやべぇーなここ)と思いながら背筋がゾクッとした。

月明かりに薄っすら浮かぶ建物って結構迫力あって俺も含めてみんなビビってた。

すると家の方から「ガン」とか「カコン」って音がすんのね。

うぉお!?ってビクついてパッと横見ると、Tが石を拾って家に向かって投げてんの。

こいつがニヤニヤしながら「ビビった?」とか聞いてくるんでちょっとイラッとした。

このTって男は本当に悪戯好きって言うか怖いもの知らずって言うか、黙ってるとダルビッシュに似た顔とタッパでモテる筈なんだが。

ガキっぽ過ぎるって女達から言われる事が多い。

実はコンビニのくだりで省いたが、パトカーから警官が降りてきた時に、手に持った缶ビールを振りながら大声で「さて運転しよっかなー」

とか言いつつ運転席に乗ろうとしたり、駐車場から出る時も警官に向かって何か暴言を吐いたり、やたら挑発的。

ここでもTだけは余裕でスタスタ塀の内側に入って行き、玄関の扉をガチャガチャやって開きそうにないのを確認すると、裏手に回って庭に入って行った。

この行動力だけは感心するっていうか、半ば呆れた。

それでTに付いて行くと、何か違和感がある。それが何なのか思い出せない。

でもイライラしそうだったからあまり気にしないようにした。

生え捲った雑草で歩きにくい庭に入ると縁側の1階の窓が1枚、人が潜れる位に割れてて中に入れそうだった。

閉めきったままのカーテンを捲って中を照らすと6畳位の部屋らしい。

RとKの女2人は完全にビビってて「ムリムリムリ」とか半泣きで中に入りたがらなかった。

この雰囲気では流石にしょうが無いなと思った。

でも逆にTだけでなくUも案外平気そうにしてんのね。

男3人の中で俺だけビビってるのは有り得ないでしょ。駄目でしょって自分に言い聞かせながら、俺も平気な振りしてた。

結局女2人は外で待って、俺とTとUの男3人で中を探検する事にした。

中に入ると部屋中カビ臭いというか木の腐ったような匂いが凄い。

「うぉー」とか「すげぇ」とか言いながら進んでった。

部屋は畳が敷いてあってタンスや古い型のラジオがそのまま置いてある。

壁には掛け軸が掛けてあるし、開きっぱなしの押入れの中に布団があるしで、どうにも気に入らない。

部屋を抜けると廊下に出て左がさっきの玄関、正面が脱衣所とトイレのようで右に階段と奥に扉が1つあった。

廊下には布切れやビニール袋なんかのゴミが落ちてた。

ゴミの1つに俺達が小学生くらいの時に潰れた店の買い物袋があって、この家自体10年以上はそのままかも知れないとチラっと考えた。

廊下に出た途端、なんか空気が淀んでるような感じで気持ち悪さが増してく。

脱衣所を覗くと洗面台があり、床が所々抜け落ちてて風呂場には行けそうに無かった。

玄関を調べてたUが俺とTのとこにやって来て「これTのじゃね?」って手に持ったモノを見せてきたのね。

銀色で表面に炎のエンブレムが刻印されたジッポ・ライター。

間違いなくさっきの休憩所みたいなトコでTが探してた物。

Uが言うには玄関の下駄箱の上に置いてあったらしい。

完全に担がれたと思ったんだろうTが「お前さ、そういうのやめてくんない?マジで」と半ギレ。

そのジッポ・ライターはTと仲の良い年上の従兄弟から譲って貰った物とかでTのお気に入りなのはみんな知ってる。

人の良いUがそんな他人の大事な物でわざわざこんな悪ふざけするとも思えなかった。

でも急にUが「ゴメンゴメン」って言いながらあっさりと自分が犯人だって白状したのね。

俺もTもUの不自然な態度に「あれ?」って思ったけど取り敢えずその場は気を取り直して、トイレを調べようとしてた時、頭の上で“ミシ”と音がした。

その瞬間3人とも固まって、誰も声を出さない。

急に冷静になってジットしたまま耳に意識を集中して天井の気配を探った。

音の感じから2階からしたのだろうという事は判った。

音はその1回きりで他に音はしなかった。

お互いに顔を見合わせて何故か小声で「聞こえた?」「人?」「動物?」と確認し合い緊張感が一気に増して来た。

それ以上は何も起こらなかったんで、警戒しながら扉の奥を調べる事にした。

扉のノブを回して手前に引くとそこは恐らくダイニングキッチンと居間を合わせたような広い部屋だった。

ダイニングテーブルがあり、食器棚の中の食器もそのまま。

その奥のキッチンの床はあり得ない位ゴミ袋や紙くずが散乱してて近づきたくもなかった。

居間のテレビ台の上に凄く古い型のテレビが置いてあって、手前にソファーとテーブルがある。

壁にカレンダーとその横に何か貼ってあるんで良く見ると小さな子供が描いたらしい親子の絵。

クレヨンでニコニコ顔の大きな人2人の間に小さい人が描いてある。

カレンダーの日付は1997年5月。

うわっ15年前じゃん。すげぇ古いなぁとか思いながら、本当になんの気なしにカレンダー捲ったらもうビックリ。

捲ったカレンダーの真裏にさっきと同じ子供が描いたらしい人の絵が描いてあんの。

何がビックリかってその絵の目の部分だけ真っ黒に塗りつぶしてあんのね。

ちょうど穴がポッカリ空いたみたいな感じで。

絵を見た瞬間、呪怨の真っ白い子供を思い出して全身に鳥肌が立った。

持ってたカレンダーをパッと離してどうしてか服で手を拭った。

もう、マジで気持ち悪い。

頭の中のイメージも恐すぎてなんとか別の事を考えようと、ここに来る前にDVDで観たエアロスミスの“I Don't Want To Miss A Thing”のサビ部分を必死に頭の中で繰り返した。

流石にTとUも気持ち悪がってカレンダーをもう1度触ろうとかしなかった。

このカレンダーで俺は完全に此処に来た事を後悔してしまって、1番元気な筈のTも冗談すら言わないの。

もう半ば意地で1階部分を見終わって、2階に上がる階段の前に立った。

急な勾配で小さな踊り場がある。

階段の途中の壁にちょうど拳位の穴が開いてた。何かで壁を叩き壊したような感じ。

気のせいか、2階から誰かに視られている気がしてしょうがなかった。

狭いのでTが先頭で1人づつ登る事になり俺が真ん中で後ろにU。

ちょうど踊り場に差し掛かった時に突然B'zのさまよえる青い弾丸が大音量で鳴った。

Tのスマホの着歌が狭い階段に反響してもの凄く響いて思いっきりビクンってなったのね。

電話の相手は外で待ってる筈のRかららしくTがスマホに向かって少し話をした後直ぐに切った。

俺が「何?」って聞くと、

T「出ろって」

俺「は?」

U「どしたん?」

実はこの時、Tの方を向くと嫌でも上の2階廊下部分がうっすら見えるんだけど、何故だか無性に恐くて意識して見ないようにしてた。

T「なんか直ぐにこっから出ろって」

俺「・・・分かった」

訳は分からないが兎に角出る理由が出来て少しホッとした。

で、向きを変えて階段を降りかけた瞬間“ダン”ってすーごい重い音が直ぐ真上からした。

もうそっちを見るとかとんでもなくて、速攻駆け降りて必死で家から出た。

あれはほんっとうにビビった。

正直に言うと半泣き。

何かを気にするとか全部吹っ飛んだ。

あの音を思い出すだけで今でも鳥肌がヤバイ。

心臓バックンバックン鳴ってて、大きく深呼吸しようとした弾みに咽て余計苦しくなった。

Tがフー、フーって荒い息しながら、ライトでしきりに家の中の様子を伺ってた。

喉が痛くてツバを吐きながらRとKを探すと門のところに居た。

2人ともお互いに抱きつくようにピッタリくっついててKは震えながら泣いてるし、Rも半泣きで酷い有り様だった。

お互い何があったかとか尋ねる余裕も無くて、殆ど駆け足で車に戻った。

戻る時は俺が最後尾だったんだが、やたら後ろが気になって気になってしょうがなかった。

気のせいなんだろうが、直ぐ真後ろに誰かがピッタリくっついて来てるような感覚があって恐かった。

歩いているうちに段々と無性に腹が立ってきて、何か現れたら思いっきりぶっ飛ばしてやるって気合を入れまくった。

でも絶対に後ろは振り向けなかった。

車を駐めてある広場の近くまで来て何で違和感があったのかやっと解った。やかましい位の虫の鳴き声。

家の周りでは静か過ぎる位に何の音もしてなかった。

車の側に来た時、TとUが急に興奮し出して、マジ恐かったとかヤベェヤベェと騒ぎ出した。

俺はその時になってようやく後ろを振り返る余裕が出来た程度で、はしゃぐ元気なんてとてもじゃないが無くて黙ってた。

しかも、RとKはまだショックを受けた感じのままで、特にKが凄く落ち込んでたから、帰りにみんなでファミレスに寄って落ち着くことにした。

車で山を下ってる最中、何故か急に塩っぽいのが食いたくなって堪らず、明太子のパスタとアイスコーヒーを頼んで食った。

パスタを食ってる最中、右肘から少し血が出てるのをUから指摘された。

傷自体は少し切った程度だったが、全く痛くなく、どこで何時切ったのか全然気付かなかった。

据付のナプキンで軽く血を拭き取って、少しの間抑えてたら血はしっかり止まった。

パスタを食い終わる位に、店内に入ってすぐトイレに篭ってたRとKが出て来た。

Rはカフェオレ、Kはイチゴパフェ(朝っぱらからかよ)を注文したりして2人共少しづつ元気が出てきたみたいで、あの家でお互いに何があったのか話し合った。

何でも俺たち男連中が家に入って暫くして、Kがもの凄い視線を感じて2階を見上げると、窓際に人が立って居てそいつと目が合ったらしい。

小学生位の子供で絶対に生きてる人じゃなかったと涙目で訴えてんのが妙に恐かった。

日頃お化けとか信じないTが茶化さずに黙って真剣に話しを聞いてたのも印象に残ってる。

Rも窓に何かが居たのは見たと言った。

それで中の俺達が危ないと判断してTに直ぐ出てくるように電話したという事だった。

1番2階部分に近かったTが言うには、デカイ音の正体は2階の部屋のドアが凄い勢いで開く音で、中から真っ黒い何かが廊下に出て来たのがチラッとだけ見えたらしい。

しかしはっきりとは見ていないし、勘違いだったかもと曖昧だった。

Tが珍しく真面目な感じで話してるのを見て(ああ、こいつも相当ビビってたんだ)とようやく気付いた。

Uはダイニングで女の人の声を聞いた様な気がしたが、気のせいだったかも知れないと教えてくれた。

納得いかないままのライターの犯人については、わざとか誰も話題にしなくて、俺もその時はどうでも良いって気分だった。

再生したビデオカメラには特に変なモノが映っている事も無く、ただし階段で聞いた重い“ダン”って音だけはバッチリ入ってて再び鳥肌が立った。

ビデオで改めて見ると、驚かせようとして狙ってやったんじゃないかって感じの音のタイミングとか、本当は家に住み着いた浮浪者とかの仕業だったんじゃないかと少しだけ考えたが、

何にしてもあんなトコに1人で住む奴なんか明らかにまともじゃない。

やはりあの家には何かしらヤバイのが居たのは間違いないと結論付けた。

すっかり明るくなってからUの家に一旦戻って解散し、俺の車でRとKを家まで送る時にRが教えてくれた話しで、やっぱり幽霊だったんじゃないかって少しだけ思い直した。

R「(病院跡に)行く時さコンビニ寄ったでしょ?」

俺「うん」

R「駐車場で話してる時、タクシーのオジサン2人いたの知ってる?」

俺「あー、居たね。なんか1人こっちガン見してたわそういや」

R「そそ、そのオジサン、私達の真ん中をずっと見てたんよ」

俺「真ん中って?」

R「うん。ちょうど胸より下、子供の高さくらい・・・」

俺「(マジかよ)気のせいとかじゃ?」

K「アレ私もあのオジサンの視線変だと思った。絶対におかしかった」

俺「・・・・・・」

それでこの話しにはまだ続きがあって、その日から2日後位だったかの夕方にTから電話が掛かって来た。

「さっき車で田んぼに突っ込んだ」って。

んで、怪我とかはしてないし、JAFを呼んで待ってるところだって話しなので場所聞いてその現場まで行ったのね。

家からちょっと離れた交差点のそば。ホント田舎だから、まわりに水田とかあるんだけど。

行ってみたら、ちょうどガードレールの無い場所から真っ直ぐ車が田んぼに落っこちてる。

こりゃレッカーじゃないと無理だわと思ってTとJAFが来るのを待ってる間に(1時間以上は余裕で待ったが)聞いたのが、仕事から帰る途中、

ちょうど現場に差し掛かった時に急にハンドルが効かなくなって、そのまま正面の田んぼに突っ込んだという事らしかった。

ハンドルが効かなくなるなんて初めて聞いたし、どうせ脇見運転とかしててハンドルを切り損ねただけじゃないの?って疑った。

でも本人はいや間違いなくハンドルを左に回そうとしても効かなかったと言い張る。

JAFが来てからJAFの人に聞いても「いやー、そんな事は無いと思いますよ」と言われた。

それでもTは納得いかないらしく、兎に角知り合いの整備工場に持って行って見て貰おうってことにした。

しかしこのハンドルの検査の結果は聴きそびれてそのまま忘れてしまった。

それから更に5日か1週間後か位に又Tから電話が掛かって来て今度は「事故った」。

「え?怪我は?大丈夫?」って聞いたら、怪我は一切してないんだけど車の左サイドをやったと。

レンタルビデオ屋の駐車場から出る時に左から直進して来た軽乗用車とガッチャンコしたらしい。

幸い軽乗用車が元々そんなにスピード出してなかったおかげで、軽乗用車の女の人も怪我とかはしてなかったそうだ。

それでも念の為に病院で検査受けた直後だって話しだった。

んで、学校とバイトが忙しくってTとは会えずにいて、事故った日から1週間後に又Tから「今からそっちに遊びに行っていいか?」と電話があったんで「いいよーおいで」って話をして、

1時間後にTが原チャリでやって来た。

Tが玄関に入った時、一瞬線香の匂いがした気がしたけど、気のせいだろうって思った。

事故った車を廃車にして、新車が納入されるまでは代車で通勤するって話しだったから、あれ?代車どうしたんだろ?とか思いつつTを家に上げて「遅かったじゃん」って話し掛けたら、

「うん」とか返事するだけで妙に元気が無い。

ここ最近立て続けに事故ってるし、流石にへコンでんだろうなーと考えはするけど、それにしても元気がなさ過ぎるから、「どした?何かあったか?」と聞くと「ちょっとな、話しがあるんだけど」って。

何だか陰気な雰囲気が嫌で少しでも良くしようと思って冗談で「ここ最近ホントツイてないよな。呪われてんじゃねーの?w」って言ったら真面目な顔して「かも知れん」って。

日頃お化けとか呪いとか馬鹿にして全く信じてないTが言うもんだから、イヤーな予感がしたのね。

それでTの話しによると「夢を見る」と。

ちょうど肝試しの日の晩から毎晩、毎晩夢の中に小学生位の男の子が出てきて、現実と同じ様に布団で寝てるTの頭の真横に立ってジッと顔を見てるんだって。

俺「えー、それって呪怨みたいな感じ?」

T「いや、見た目は普通なんだけど。でもな、今迄ずーっと立ってるだけだったんだけど、昨日の夜その子が顔を思いっきり耳に近づけて(・・・して・・・して)って呻いたんだよ」

T「あと、あの目はどうしたって生きてる奴の目じゃない」

俺「え?・・・夢だよな?」

T「・・・」

最初はこの間の肝試しでのイメージが強過ぎるせいでそんな夢を見るんだと思ってたが、それにしても生々しくて、子供が喋った時に顔に掛かる息がリアルだったと。

怖いもの知らずのTもここ最近の事故と夢が繋がりあるんじゃないかと思えて仕方がなく、それで俺に相談しに来たって事だった。

うわー、洒落になんねぇって思った。

思ったが、幽霊なんて俺も信じてる訳じゃなく、どう対処して良いのかなんて全然解らん。

正直この話を聞いた時も半信半疑だった。

それでもこの話が本当なら、2週間近く毎晩同じ子供の夢を見るって、とんでもなく気持ち悪いなと。

しかし、俺の方は別に何も変な事は起きていないし「何か心当たりとかあんの?」って聞いたら「ある」って。

「あるってなに?」って促すと、マジでビックリする事にTはあの家の中に落ちてた帽子を拾って持って帰って来てんだと。

流石に呆れて「なんでそんなモン拾ったんだよ?」と聞くと「いやなんかビンテージっぽかったから」なんて返事する。

それにしてもあの時Tが帽子を拾ったなんて話しどころか、あの場所に帽子が落ちてたなんて事自体初めて知った。

んで「これ」ってTがケツのポケットから出したのが、野球帽。

今の球団名になる前の球団名のロゴが付いてるやつ。どこの球団名かは書かない方が良いだろうから書かない。

もう、なんつーか、どうしてこんなモノをあんなトコで拾って被る気になるんだとか、何で今迄黙ってたんだとか、ビンテージって意味ちがくね?

とか頭の中で浮かんだけど面倒くさかったから黙ってた。

それでまたこいつが追加で更に嫌な事を言う。

実はこの帽子、3回車で事故った時にその全部に車の中に置いてたって。

それでこれはどうも帽子が原因なんじゃなかろうかと。

俺「え?ちょっと待って、3回って何?」

T「さっきな、此処に来る前に俺んちの真ん前で車がスピンして外壁にぶつけた」

俺「はいー?」

それで来るのが遅くなって、しかも元々家にあった原チャリで来た訳か。

いやいやちょっと待って、ちょっと待って。

今目の前にあるこの野球帽のせいで事故が起こるのなら、俺んちでも何か嫌な事とか起こるんじゃねーだろうな。

とか考えててピーンって来た。

さっきTが言ってた夢の子供が(・・・して)って言うのは、ひょっとしてこの野球帽を「返して」って事じゃないのかと。

事故に子供に帽子って、それ、役満じゃん、これが呪いじゃないのなら何だと言う結論になって、この帽子を元あった場所に返しに行くって話しになった。

でもその日はもう外は真っ暗になってて、とてもじゃないけど行く気にならん。

今夜はTをこの部屋に泊めて、翌朝返しに行こうという段取りにした。

その晩、テレビ観ながら酒とコーラで酒盛りをして、何時か忘れたけど、夜もだいぶ深けた頃に部屋の床でそのまま雑魚寝した。

そして夢を見た。

今寝ているまさにこの部屋。

真っ暗な部屋の真ん中に小学生位の子供が居る。

寝てる俺の顔を見つめたまま瞬きもせずピクリとも動かない。

最初俺の足元に立ってたのが、ゆっくり振り返ってテーブルの上に置いてある帽子を見下ろす。

次の瞬間、子供の顔だけが目の前に飛んできて、腹から絞り出すような声で「ア・ア・ア・ア(聞き取れない)」

もう一瞬で目が覚めて起き上がり電気を付けたら、横でTもハァハァ息切らしながら上半身起こしてんの。

目だけでTに「見た?」って聞いたら真っ青な顔で「うん、うん」って。

電気付けたまま、2人とも暫くボーッとしてた。

なるべく帽子の方を見ずに朝まで過ごして、少し空が明るくなったところで俺の車であの家に向かった。

運転してる最中、緊張しまくりで、制限速度よりも遅いスピードで進んだ。

昼間に改めて来ると家そのモノはそこまで迫力ある様に見えなかった。

それでも流石に家の中に入る気は起きず、以前入った窓から中に帽子を投げ入れた。

縁側の上に、来る途中で買って来たお菓子とジュースを供えて、手を合わた後、2人して腹から声を出して「すいませんでしたーーーー!」と思いきり頭を下げた。

この後はTも俺も夢を見ることも事故も無く、今に至ります。

以上。長々とここまで読んでくれた方、感謝。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5670
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ