中編3
  • 表示切替
  • 使い方

隣の美人

「こんばんはー」

吸い込んだ煙を吐き出す。せっかくの一服を邪魔するのは誰だ?

「はーい」

出てみると、20代くらいの髪の長い女が立っていた。しかもかなりの美人だ。

「今日から新しく隣に住みます、中野 さえ と申します」

中野と名乗った女は深々と頭を下げた。

隣には元々、中野という老夫婦が住んでいたから恐らく彼女はその孫だろう。

「ああ、そうでしたか。青木 蒼太です」

「これ、つまらないものですが…」

そう言って綺麗に包装された箱を差し出した。

「ご丁寧にどうも」

「これからよろしくお願いしますね」

「はい、こちらこそ」

隣に自分と同い年くらいのこんな綺麗な人が住むなんて、一人暮らしが楽しくなりそうだ。

nextpage

数日後

「あ、青木さん!」

中野さんと部屋から出るタイミングが同じだった。女性との関わりがほとんどない俺にとっては、こんな些細なことが嬉しいのである。

「こんにちは」

「こんにちは。私達今、息ぴったりでしたよね?」

「ええ、そうですね」

2人で笑いあった。

今思うと、身内以外の女性とこうやって話したのはいつぶりだろうか。

nextpage

1週間後

俺と中野さんは仲良くなっていた。

「ふふ、それ本当ですか?」

「ほんとほんと、俺が実家で飼ってた犬、後ろ足だけで立てたんだから」

他愛もない会話が、暇な時間を埋めてくれていた。

「そういえば青木さんのご両親は何をなさっているんですか?」

「え?花屋だよ」

「お花屋さんですか?!憧れるなぁ」

「あんなの儲かんないだけだって。それなのに俺のために新築しちゃうし…中野さんのところは?」

「銀行員と専業主婦です」

「へー。銀行員かぁ。あ、よく中野さんちの前で見かける人達だよね?」

時々、仲の良さそうな夫婦を見送る中野さん一家を見かける。

「あ、はい。そんなに頻繁に来なくていいって言ってるんですけどね」

「いやぁ、親元離れたばかりだから心配なんだよ。それに、離れて暮らしてるから会いたくなるんだろうし」

「でも、もう二十歳なんだしそろそろ子離れしてほしいですよ」

「来なけりゃ来ないで寂しいもんだよ?俺の親なんか年に3回くらいしか来ないんだから。まあ俺もそんくらいしか実家帰らないんだけどね」

この日は夕方までお喋りを楽しんだ。

nextpage

1ヶ月後

「お花、ここに飾っとくわね」

母が玄関の両サイドに花を飾る

「いいよ、別に花なんて」

「あんた、うまくやってんの?」

「ああ、ご近所さんとも仲良くやってるよ。そんっちは?」

「それに、たまには帰って来るのよ?」

おいおい、俺の質問は無視かよ。

「お願い!父さんも待ってるんだから」

母は俺の目の前で手を合わせて懇願する。

「わかった、わかったから!そんな頼み方されたら帰らないわけにはいかないだろ」

「じゃあ、あんたの好物のおはぎ作って待ってるわね…」

そう言って母は帰って行った。

nextpage

「母さんのおはぎか…ひさびさ食いたいな…」

俺は煙を吸いながら呟いた。

「蒼太さんでも甘いもの食べるんですね」

「うわぁ!」

いつの間にか隣に綺麗な女性が立っていた。

「さ、さえさん…いつからいたんですか?」

俺達は下の名前で呼び合うようになっていた。

「いつからでしょう?それより、意外です。蒼太さんって、煙吸ってればご飯いらないってかんじの人だと思ってました。」

「はは、確かに三度の飯よりは好きかな?」

「だめですよー、お母さん大事にしないと」

「ごめんなさい」

さえさんが俺の隣に座った。

「じゃあ、いつ帰るんですか?」

「今夜かなぁ。初めてできた彼女を紹介したいしね」

「…その後は私の両親にも、きちんと挨拶してくださいね?」

こんなことなら、もっと早く出会いたかったな。

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,36012
12
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ピノ様、ありがとうございます。
常に新しい展開を作っていきたいと思います。
今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

おくたま様、ありがとうございます。
今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。

返信
表示
ネタバレ注意
返信

腐煙様、ありがとうございます。
2度も読んでいただけるなんて光栄です。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信