中編3
  • 表示切替
  • 使い方

ただしくん

ただしくんがけいむしょをしゅっしょしたときには、もう30さいをすぎていました。

ただしくんは、はたちのときにじぶんのおとうさんをころしました。

おとうさんがだいすきなりんごのなかに、せいさんかりというどくぶつをまぜたのです。

ただしくんは、おさないころからなにかにつけて、いつもおとうさんになぐられていました。

おとうさんは、じぶんににていないただしくんがどうしてもかわいくはおもえませんでした。

ただしくんは、おとうさんのじつのこではなかったからです。

ただしくんは、おとうさんがくるしみもだえながらしんでいくすがたをみても、ざいあくかんも、こうかいもなく、なにもいわず、ただそこにたっていました。

ただしくんはふしぎなことに、なんのかんじょうもわかないのに、こころのなかではわらっていました。

そのあとただしくんは、おかあさんもさしころして、つとめさきのてっこうしょでからだをこまかくせつだんすると、とおくのやまのなかにうめました。

けいさつがさがしても、おかあさんのいたいはみつかりませんでした。

ただしくんは、そのひからわらうことも、かなしむことも、おこることもなくなりました。

けいむしょをでたただしくんは、ほごかんさつかんにしょうかいしてもらった、いなかのこうじょうではたらきはじめました。

そして、40さいになったとき、ただしくんはこうじょうでであったとしうえのじょせいとけっこんしました。

あつげしょうで、おかねがだいすきで、おおきなこえでわらうひとでした。

ただしくんは、かんじょうのきふくもとぼしく、ぜんかのあるじぶんのどこがすきなの?とたずねました。

なんでもゆるしてくれそうなやさしいところ

と、じょせいはこたえました。

じょせいはすぐにあかちゃんをみごもりました。

うまれたのはかわいいおとこのこでしたが、ただしくんにはまったくにていませんでした。

ただしくんは、なぜかじぶんのこどもをあいすることができませんでした。

こどもが5さいになったとき、おくさんがかってきたあかいりんごをむしゃむしゃとたべるわがこのうしろすがたをみて、ただしくんは、ころしてやりたいというかんじょうがわいてきました。

ただしくんは、むいしきにこどものあたまをなぐっていました。

ただしくんは、いたがるこどもをみて、むねのなかにあったきりがはれるのをかんじました。

そして、しんじられないぐらいにたのしいきぶんになりました。

ただしくんのかおには、ひさしぶりのえがおがもどっていました。

そのひからただしくんは、おくさんががいしゅつしているときをみはからって、こどもをたたくようになりました。

あるひ、いつものようにこどもをたたいていると、うちどころがわるかったのか、こどもはうごかなくなりました。

ただしくんは、くるまにこどもをのせると、とおくのやまにむかいました。

あなをほって、はだかにしてうめようとしたとき、こどもがとてもおいしそうにみえました。

そのよる、きたくしたおくさんとこうろんになって、あのこはおまえのこじゃないんだ、かえせ!といわれました。

ただしくんはにこにこしながら、たべちゃったからもうないよー、とこたえました。

2002、6、3

河村忠本人が書いたとする、この日記を法廷に持ち込んだ日高直美の弁護士は、彼女の正当防衛を主張した。

この日付の二日後に、日高直美は夫である河村忠を刺殺している。

夫の河村忠に多額の保険金が掛けられていた為、裁判は最高裁まで縺れたが、結果的に日高直美は日記という証材を盾にして、執行猶予付きの仮処分を言い渡された。

それから5年後、日高直美は自室で首を吊り自殺を図った。

日高直美の預金は既に底をついており、検査官が直美の遺体を調べたところ、咽喉に詰め込まれた一枚の紙切れを発見した。

それにはこう書かれてあった。

ただしくんと、だまされたばかなやくにんたちのおかげで、なおみちゃんはおおがねもちになりました。

しかし、わるいおとこにだまされたなおみちゃんは、おかねをすべてうしなってしまいました。

なおみちゃんは、てんごくにいきました。

【了】

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,02219
22
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

マミ姐さん、安心して下さい!姐さんの作品も三作全て転載されております⁽⁽◝( •௰• )◜⁾⁾

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

ロビン様、訂正…と言いますか、補足をさせてもらいたくなったもので、すみません、再々登場させてください。

確かに…一作出しただけで、舞い上がり有頂天になるようなアッホーな私でしたら、パクリ?うほ!と、思い出作りのような話で終わるのですが…

いつも、一生懸命皆さんを喜ばせる(怖がらせる)お話しを、考え、練っている方々に対しては、盗作同然の行動ですね。
すみませんでした…

いや~‼帰って来てぇ!!!

なになに?
これが、先日まりかちゃんとよもつさんが話してたサイトですか?
うほっ!パクリ早いな…

私も、パクられたり続編書いてもらえる様になりたい…
あっ、テンション違いました?

マミ姐さん、常習犯の魔太郎の作品は、早速大空に羽ばたいていきました!本当にありがとうございました! ⁽⁽◝ꈊ◜⁾⁾ ぶーん

http://horrorstory.top

りこ姐さん、ひらがなは目がチカチカしますよねw わかります…ひひ…

よもつ先生、早速のコメントとお許しを感謝致しますと共に、僕の「ただしくん」も、無事パクリサイトにパクられた模様ですw ⁽⁽◝ꈊ◜⁾⁾ ぶーん

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意