【祝祭】カンタとショウタ

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

【祝祭】カンタとショウタ

このお話は先月、見事に二度目の月間アワード賞を受賞された、よもつひらさか先生に捧げる

「ユウタとショウタ」のオマージュ作品です。

nextpage

心構えも出来ないままの、衝動的な作品です。

よもつ様のファンの方、申し訳ありません。

興味のない方はスルーして下さい。

でも、できれば、読んでください。

nextpage

separator

「カンタ、カンタ起きなさい。

最近遅刻ばかりでしょう!」

母親のバカでかい声で、なんとか身を起こすことができた。

nextpage

一階のダイニングへ入ろうとすると、後ろから妹のユカが尻を思いきり、はっ叩いてきた。

「カン兄、なに寝ぼけてんの?」

生意気な妹にですら、言い返す気にもなれず、朝食が並んだ食卓へ座った。

nextpage

「また、夜中まで携帯いじったりしてたんでしょう?」

味噌汁を差し出しながら、母親が言う。

「いや…昨日は9:00には寝た…はず…」

そう言いながら、母親の顔を見て、違和感を覚えた。

nextpage

母ちゃん、こんな顔…だっけ?

目玉焼きの黄身をうまく白身になじませることに夢中のユカに聞いてみた。

「なぁ…母ちゃん、なんか違わね?

髪…かなぁ…?」

「えー、何も違わないよ。いつものお母さんじゃん」

nextpage

そうだろうか…

俺の母親は、もっと髪が長く、【ママ】が似合いそうな人じゃなかったか…?

ん…?夢か?

え⁉どっちが…?

nextpage

そんなことを思っていると、目の前の母親が不思議そうに聞いてきた。

「何?どうしたの?」

「あぁ、いや…なんかさ、最近疲れてんのか、夢と現実がごちゃ混ぜになってんのよ。

なんか、こっちの俺と、あっちの世界の俺…

それが、めっちゃリアルだからさ。」

nextpage

「ゲームとかのやりすぎなんじゃないの?」

母親が呆れたように言う。

「違うって。なんて言えばいいのかなぁ…

あっちの世界でも、目が覚めると、そこでの俺の世界があんのよ。

で、なんか最近、よくこっちの世界の方が抜けるんだわ。

たぶん、俺、あちらの世界の人間になる前触れだわ。」

あれ!?俺、何言ってんの?

nextpage

「はぁ?カオスすぎて分かんない」

既に食べ終わろうとしているユカがバカにしたように言った。

ん…⁉なんか、このやりとり…

覚えがあるような…

nextpage

「う…ん。そうだよな。

その夢には毎度、ショウタは出てくるし」

「え⁉ショウタ君?

誰だっけ?」

母親が、眉間にシワ寄せ言う…

nextpage

え⁉ショウタだよ。

いっつも俺とつるんでたろ?

うちで飯食ってたりしてたじゃん…

…あれ⁉ショウタ…?

あれ⁉ユウタ…?

あ…れ…?

nextpage

separator

「ゆかぁ、起きなさい!もう、毎日毎日!」

「起きてるって!

もう!お母さん、またお茶碗一つ多いよ!」

「あれ、本当だ。

何で毎日、同じことやっちゃうんだろうね…」

「もう!呆けてきてんじゃないの?」

「そうかなぁ…」

そう言いながら、未使用の茶碗を今日も片づけた。

Concrete
閲覧数コメント怖い
91323
21
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

鏡姐さぁん!来てくれまして、ありがとうございます‼
どこかで、体調を崩されたと見ましたが…
大丈夫ですか?
それなのに…読んでくれて、ありがとうございます‼
・゜・(つД`)

そうなんです…見事な【お祭り女】…
でも、お声をかけていただけるのも、幸せなことだなぁ…と、感謝もしております。
投稿前は、アタフタo(T△T=T△T)oしちゃうんだけど…

お母さんの愛って…
でも、だぁれも気づかないんでしょうね…
今回の登場人物は…

姐さん、最後まで読んでいただいた上、【コメント】【怖ポチ】ありがとうございました‼
早く、体調を戻してくださいね。

返信
表示
ネタバレ注意
返信

ピノさん、そんなに嬉しいお言葉を…
・゜・(つД`)・゜・
もう、本当に嬉しい!!!
なんか、いつも『こんなん投稿してすみません』って気持ちで投稿しちゃうんだけど、皆さんのお優しい言葉がクセになっちゃって…

ピノさん、いつもありがとうございます。そして、最後まで読んでいただいた上、【怖ポチ】【コメント】ありがとうございました‼

返信
表示
ネタバレ注意
返信

マガツヒさん?
私だって、そのノリでロビン様に毎度毎度…

いや、でも今回『無茶ブリ』される側の大変さを知りました。
とても読みたいけれど…
すごく楽しみだけど…
皆さん、同じ気持ちでしょうけど…
(* ̄ー ̄)ニヤリ

返信

ねぇ!ちょっと待って!w
見せていただく番って何!?( °Д° )
ダメよ!?そんなこと言ってもダメなんだからねっ!?←何がだ

返信

おぉ!マガツヒさん!!!
ご無事でしたか!

本当の…正真正銘の【お祭り女】となりました…
今まで開催したお祭り、全て皆勤…
自分でも呆れます
┐(´・_・` ;)┌

お忙しそうなのに、読んでいただいてありがとうございます‼
がっつり深爪なのに、ロビン様にペンチで引っ張り出され、スッポーンと抜けそうです…

さぁ、マガツヒさんの磨き抜かれた爪を見せていただく番です( ̄▽ ̄)

【コメント】【怖ポチ】本当にありがとうございました‼

返信
表示
ネタバレ注意
返信

ラグト様、【コメント】【怖ポチ】ありがとうございます‼
ねぇ…よもつさん、やっぱりすごいですよね。
よもつさんが、仕立てたストーリーだからこそ、できた一作でした。
私の貧困な創造力では、こんなお話し出来なかったです。

ラグトさんこそ、お疲れ様でした。
今日は、睡魔と戦った日だったのでは!?

また、ご一緒できると嬉しいです。
ありがとうございました。

返信

mami様、お疲れさまでした。
「ユウタとショウタ」、何だか思い出せないと思ったらリレーの走者のすぐ後で体を壊していた時でした。
あらためてmamiさんのおはなしで新しく読むことができてよかったです。
日常の中に実は潜んでいるかもしれない恐怖!
よもつ様の作品の雰囲気がうまくインスパイアされていたと思います。

返信

はるさーん!
【怖ポチ】と【コメント】ありがとうございました‼
読んでいただきました?
はるさんへの『コメ辺』と同時に、“プシュッッ”と開けさせてもらいました。
旨いっす。

そうなんです。よもつさんの作品読んだ時の、あの感覚を残したくて…
母親からもあっさり忘れられてたら…
子供をあっさり忘れてしまったら…
というところにもって行かせてもらいました。

昨夜から、とても愛のあるメッセージをありがとうございました。
今日は飲むぞ~‼

返信

ロビン様…ロビン…様…
ロ…ビン…(# ゜Д゜)さ…ま…

私のこと、『呼び出せば、すぐ出てくる女』って思ってるでしょう‼

缶ビール【500×2】本呑みながら、楽しい《怖ばなtime》を送っていたところだったんですよ‼
もう…ロビン様のお陰で、アドレナリン出すぎのしわくちゃババァになっちゃいます。
…とは言え、こうやって、皆様からお優しい【コメント】とか【怖ポチ】いただいちゃうと…(*´ω`*)
たまらないんですよね…(*≧∀≦*)

お話しの“オチ”につまずいたもので…
お茶碗のところ、皆さんにコメントいただけることが、とても嬉しいです。

次は…私の『birthday祝祭』やってもらおうかなぁ…
私が、一番手やるので、ロビン様が完結のコラボ作品を…Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

さえちゃーん!
【怖ポチ】【コメント】ありがとう‼
よもつさんや、ロビン様が、個々の作品のオマージュだったり、続編書いたりされてるのを、いつも楽しく読ませていただいてるけど…
まさか、自分がこんな大それた事を仕出かすとは…

お母さんって、偉大です。
私自身は、ほど遠い母親ですが…

本当にいつもありがとうございます。

返信
表示
ネタバレ注意
返信

よもつ様、コメントをありがとうございます。
えへ…よもつ様の作品は、読むだけならとても面白いんですが、いざその話から…となると、私には難しくて…
よもつ様の最近の作品を、いくつか読み直して、選びました。
よもつ様ご自身も、再読されたお話し…なんか嬉しかったです。

お引っ越しに間に合って良かったです。

返信