深夜のコインランドリーなんだが、下着姿の女が…

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

深夜のコインランドリーなんだが、下着姿の女が…

wallpaper:237

ふと立ち寄った深夜のコインランドリーに、下着姿の女がいるんだ。

nextpage

時間は深夜2時。

俺も俺で、なんでこんな時間にコインランドリーに来ているかというと、「明日のデートはこれで行く!」と決めていた服の上に、誤ってコーヒーをこぼしてしまったからだ。

今から部屋の洗濯機で洗濯したところで朝までには乾かないので、乾燥機のあるコインランドリーに行こうと思い立ったわけだ。

nextpage

で、汚してしまった服を持って、部屋着のまま近所のコインランドリーに来てみると、中に下着姿の若い女が、椅子に座って雑誌を読んでいるんだ。

それも結構な美人が。

nextpage

わが目を疑ったね。あまりに非常識な光景だ。

それから俺は考えた。この場合考えられるのは……、

nextpage

その1、「見間違いだ」。

ぱっと見、下着姿に見えるが、肌色の服を着ているだけかもしれない。

ガラス戸の外からじろじろと観察する。

いや、やはり下着だ。服は着ていない。

nextpage

その2、「これは夢だ」。

俺はいつの間にか寝てしまっていたんだな。

淫夢ってやつだ。醒めるのもったいないなー。

えいっ!痛てて……。

ほっぺをつねるがちゃんと痛い。夢ではないようだ……。

nextpage

その3、「アブナイ人だ」。

いくら深夜だからって、下着姿でコインランドリーにいるなんてなあ……。普通じゃない。

ちょっとアブナイ人かもしれない。

美人なのになあ……。胸も大きいし。E?F?G?Hカップか……?

でも話しかけたら奇声をあげたりなんかして……。

nextpage

「こ、こんばんは~……」

「あ…、はい。こんばんは。こんな時間にお洗濯ですか?」

「え、ええ。明日着ていく服にコーヒーこぼしちゃって。いや~僕ってドジで……」

「まあ、大変ですね」

nextpage

ふ、普通な対応だな……。恥ずかしがってるようにも見えないし。

もしかして幽霊、とか思ったけど、ちゃんと足もあるしな。

あとは……。

nextpage

その4、「透視能力に目覚めた」。

彼女が恥ずかしがっていない以上、自分にだけ彼女が下着姿に見えている!

やったよ!全人類の夢が叶っちゃったよ!

道行く女性の下着も、その下も見放題だよ!

俺今後往来を普通の顔して歩けるかしらん……。

ってそんなわけないか。自分の身体見たらちゃんと服着てるしな。

nextpage

それにそもそも透視能力って、道行く男性の服も透けて見えちゃいそうで、一概に良い能力とも言い難いな……。

さてさて……。

nextpage

結論としては、

「なんだかしらんがラッキー」にしておくか。

まあ最初から理由なんてどうでもいいし。

せいぜいさりげなく見貯め(?)しとこ~っと。

nextpage

汚れた服と洗剤を洗濯機に入れ、コインを投入する。

そして、彼女の隣の椅子に座って、置いてあった古い週刊誌を広げる。

漫画を読んでいるふりをしながら、下着姿を堪能……、

nextpage

――ピー。

先に回っていた洗濯機が終了を告げる。

彼女が席を立つ。

なんだよもー。

nextpage

洗濯機の蓋を開けて、中の衣類を取り出す。

白いワンピースのようだ。

ただ、そこには大きなシミが。

nextpage

「あー、やっぱり血って落ちないもんですねー」

言うが早いか、彼女は俺に走り寄って、どこから取り出しのか大型の包丁を俺の腹に突き立てる。

nextpage

「だってあなた、見ちゃうんだもん」

すねた口調で言う彼女も可愛かった。

Normal
閲覧数コメント怖い
2,7358
24
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

いやいやいやいやいやいや、頭取
いやいやいやいやいやいや

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意