クリスティーヌの場合 ※コピ

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

クリスティーヌの場合 ※コピ

1974年7月15日。

アメリカのフロリダ州、ABC放送系列のサラソタ局では「サンコースト・ダイジェスト」というニュース番組が生放送されていた。

画面はちょうど、29歳の女性レポーターであるクリスティーヌ・チュバックが喋っている場面であった。

放送の途中、彼女は突然「只今から流血事件をカラー映像でお送りします。」と言ったかと思うと傍にあった机の引出しを開け、中から38口径のピストルを取り出した。

そして周囲の人が手出しをする間も無く、彼女はそのままピストルを自分の頭に突き付けて引き金を引いた。

銃声が響き渡り、その後突然テレビ画面が消え、しばらくして映画番組に切り替わった。

この時のテレビ局の対応が、やらせではなく本物の自殺であるという事を物語っていた。

後にわかった事だが、この事件の前に、彼女は知人に遺書を託していた。

その遺書の中には自分の自殺劇のニュースの原稿も書かれていた。

『クリスティーヌ・チュバック記者は15日の朝、ニュース番組の生放送中に、その番組内でピストル自殺を図りました。クリスティーヌ記者はすぐにサラソタ記念病院に運ばれましたが意識不明の重態です。』と。

実際には重態でなく死亡した。

怖い話投稿:ホラーテラー 8LooPさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
45500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ