【都市伝説】メリーさん【亜種】

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

【都市伝説】メリーさん【亜種】

wallpaper:742

夢を見ていた。

nextpage

濃い霧のかかったどことも知れない場所に、私は一人、立っている。

霧のむこうに小さな人影が見える。

遠すぎて、そして霧が深すぎて、その人影が男か女か、老人か子供かも知れない。

不意に耳元で声がした。

nextpage

『私、メリー。今、………にいるの』

nextpage

か細い声だった。言葉の一部が聞き取れない。

私はなぜか、その声が遠くの人影のものだと、なんも疑問も持たずに信じている。

そこで唐突に夢は終わった。

nextpage

………

nextpage

………

nextpage

何日か後、私はまた夢を見ていた。

濃い霧のかかった、どことも知れない場所。

霧の向こうに人影が見える。

人影は、前よりややこちらに近づいていた。

nextpage

それは金髪の、髪の長い女性だと思われた。

不意に耳元で声がした。

nextpage

『私、メリー。今、………にいるの』

相変わらず、言葉の一部は聞き取れなかった。

しかし、声は前よりわずかにはっきりと聞こえた。

そして、その声は苦し気であった。

そこで、夢は終わる。

nextpage

………

nextpage

………

nextpage

また何日か後、私はまた夢を見ていた。

濃い霧のかかった、どことも知れない場所。いつもの場所。

霧の向こうに人影が見える。

人影は、前よりさらに近づいて、それが自分と同い年くらいの少女であることが知れた。

表情は、長い金髪に隠れてわからなかった。

白い、ゆったりとした服を着ている。

nextpage

いつもなら耳元で声がするばずだった。

しかし今日は、いつになっても声は聞こえてこない。

nextpage

不意に、霧の向こうの少女がこちらに駆けだしてきた。

うつむきながら、長い髪を振り乱しながら。

ぎょっとしたが、私の足は動かない。動けない。

みるみる距離が縮まる。

nextpage

少女の姿が私の目の前にあった。

身体をくの字に曲げて、荒い息を吐いて肩を激しく上下させている。

nextpage

苦し気な息の下、少女が叫んだ。

shake

『わ、たし……メリー!私は――――――!』

夢が終わる。

nextpage

………

nextpage

………

nextpage

目が覚めると、母親が立っていた。

そして泣きながらこう告げた。

「喜んで!あなたの手術が決まったわ!ドナーが見つかったの!」

nextpage

………

nextpage

………

nextpage

………

nextpage

夢を見ていた。

nextpage

濃い霧のかかったどことも知れない場所に、私は一人、立っている。

霧のむこう、人影は見えない。

不意に耳元で声がした。

nextpage

『私、メリー。今、あなたの中にいるの』

nextpage

私は自分の身体を抱きしめた。

「うん、ありがとうメリーさん。これから、よろしくね」

Normal
閲覧数コメント怖い
1,1685
19
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

「亜種」シリーズ、面白いですね~(≧∀≦)!!

わたしメリー、いま地球から5250光年離れた、直径23億キロmのはくちょう座v1489星という所にいるの。

光の速度でそっちに向かってるけど何年かかるかしら?

長生きしてね♪

表示
ネタバレ注意