自殺を図った友人の部屋から日記が見つかり、その内容に驚愕したんだが

長編10
  • 表示切替
  • 使い方

自殺を図った友人の部屋から日記が見つかり、その内容に驚愕したんだが

やあロビン魔太郎.comだ。

この話はまことしやかにオドロオドロしくもあり、容易に納得できる類いのものではないというのが私の率直な感想なのだが、良かったら目を通して欲しい。

そしてこれは記憶の絡んだ糸の紐が解けるように思い出した話の内容で、忘れない内に急いで文章におこしている為か文章に若干の乱れと違和感と嫌悪感を覚える形になってしまうかも知れないが、そこもご了承頂きたい。

それは今から8年程前の昔の、春の風が心地よい春先の、午後のお昼過ぎの2時頃の春の事だったように記憶している。

不意に私のガラケーの携帯電話に幼稚園時代の子供の頃から幼馴染みである、Y.猛から、五年ぶりぐらいに連絡があった。

実名なので、申し訳ないが吉田をYと伏せさせて頂きたい。

まず最初に感じた違和感の感じが私を唖然とさせた。8和音の着信メロディーが18和音に変わっている事も不可思議だが、その奏で方がまるで滑稽なのだ。

そう、それはまるで壊れかけのレディオのように途切れ途切れで、音量も上がったり下がったりの繰り返しで全く要領を得ない。

不審に思い感じながらも、懐かしいY.猛の声を早く聞きたいという一心から、私は通話スイッチのボタンを押した。

「ガ、ガガ、ねえ、ガガ、ロビンく…ガガ、ザザ、ザザザザ、僕、もうダメ…ガ、ガガガガガ」

どうも携帯の調子が悪い様で上手く聞き取れないが、ノイズの隙間の間から聞こえてくる小さな声は紛れもなくY.猛の声だ。

「ガ、ガガ、僕、もうガガガ、死んザザザザザザザザザザザザーーー」

そこでフワリと通話は途切れてしまった。

私はY.猛の声に何か得体の知れない、注連縄で胸を締め付けられるような不安感の塊のような厭な感じを覚えたのだが、たまたま昼食中だった事もありそのままかけ直す事もなく、電話の事などすっかりと忘れてしまっていた。

すると、その日の日が沈んだ夜の7時頃にまたY.猛の電話から私の携帯電話に着信があった。

今度は正常に8和音の「愛は勝つ」を奏でている。電話は故障していないようで私は安堵のため息を吐きながら電話の携帯に出てみた。

すると、電話の主はY.猛ではなくY.猛の父親にあたる生みの親のY.昭三であった。

Y.昭三は別段取り乱す様子もなく、淡々と猛が今朝はやくに自室で首を吊って死んでいるのが発見されたのだと語り、明日の告別式の通夜のお葬式に参列してくれないかと聖書を朗読するかの様な無機質な声で私に語った。

私はもう1人の幼馴染みであり親友であり舎弟でもある、T.龍に連絡を取り、急いでT.猛の生家へと3時間ほどかけて、携帯電話のGPS機能を駆使しながら向かった。

実名なので、申し訳ないが滝川をTと伏せさせて頂きたい。

そして、猛の生家の家の前の門の正面に立った時、原因不明の頭の頭痛と腹の腹痛が私たち2人を容赦なく襲った。

ゾクリと背後に悪漢に似た悪意の塊のような恐ろしい気配を感じて振り返ると、電柱の陰から女の女子高生とおぼしきセーラー服の服装をした長い黒髪の髪型をした女性の顔が覗いており、こちらを見ながらケラケラと指を指しながら声を出さずに大笑いしていた。

するとその女の女子高生は地に腹をつけるような腹這いになったかと思うと、4本の四肢を巧みに操りながらまるで大きな蜘蛛のようにこちらへと滑るように近づいてきたのだ。

女はT.龍の右足の足首をガシリと掴み、空いた方の右手の手で、私の左足の足首をむんずと掴んできた。

それはヒンヤリとした氷のような冷たさであり物凄い握力だった。因みに数年の年月が経った今でも私の左足の足首には薄っすらとその時の手の指の黒い痣がしっかりと黒く痣のように残っている。

そして、女の女郎蜘蛛とおぼしきその不気味な様相の女は、上目遣いに長く赤い真っ赤な舌をチロチロと振り回しながら私たちに向かってこう言った。

「あんたたちも連れていこうかしら」

丁度その時、玄関ドアの扉が勢いよく開き、家の中から白髪頭のY.昭三が飛び出してきた。さすがは猛の父親だけあってかなりのデブだ。

Y.昭三は右手の手に持った大きな木製の木の十字架をこちらに向けて、

「悪霊退散!悪霊退散!悪霊退散!ぶーー!!」

と、女郎蜘蛛に向かって口に含んだ聖水を吹きかけ、銀色のボールに入った生卵の卵をいくつも投げつけ始めたのだが、運悪くその内の3つか5つがT.龍の顔の顔面にヒットして、顔は黄身の黄色と白身の白色で異常なまでにベトベトにベットリとベトついてしまった。

昭三は幾分か申し訳ない顔をしながらも、一瞬怯んだ女郎蜘蛛に向かって再度、日本酒の入った一升瓶の中から酒を一口、口に含み「ぶー!!」と女郎蜘蛛に霧状に吹きかけたのだが、霧状にし過ぎたのが災いしたのか隣りにいるベトベトの龍の顔にもその酒の日本酒の聖水が降りかかってしまった。

女郎蜘蛛は「ひっ!」短い言葉の悲鳴を残し、煙りのように物凄い速さで電柱と電柱を渡り飛びながら消えて行った。

昭三は私と龍をリビングに招き、猛が自殺したという二階の猛の部屋へと私たちを誘導した。

押すタイプのドアの扉を横にスライドさせたその瞬間、私たちは「はっ!」と息を呑み、唾と一緒に固唾を呑むこととなった。

壁一面に余す所なく蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛のポスター。

天井一面にも蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛のポスター。

床一面にはセーラー服、ブレザー、ブラジャー、パンテー、ストッキング、ハイレグ、ビキニ、ルーズソックス、汚れた白いワンピースなどが大量に散乱しており、所狭しと無造作に山のような形を作っていた。

「こ、これは!」

私の言葉を遮った昭三は、あるときから猛が急に蜘蛛好きになった事をカミングアウトした。

将来は蜘蛛博士になると豪語する猛は遂に蜘蛛を集めるだけでは事足りず、蜘蛛を舐め始め、遂には食べ始めるようになったという。

将来は蜘蛛レストランを作る!と夢が二転三転する猛は、とうとう昨年辺りから女郎蜘蛛になりたい!と言い始めたそうだ。

昭三は猛の机の引き出しの中から見つけたという日記帳のような小さく古びたノートを、震える手でそっと私たちに差し出してきた。

それによると、猛は女の女子高生風のセーラー服を身に付け、オヤツ代わりに蜘蛛を香ばしく揚げたやつを食べながら街中を練り歩き、用事もないのに毎日のように朝の満員電車に揺られながら「子蜘蛛ばら撒きテロ」を決行していたのだという。

しかし、相次ぐ通報と職質に業を煮やし、以前から密かにしたためていたある作戦を決行する事にした。

それは処女の血を吸った毒蜘蛛をある儀式を行った後に炙って体内に取り込む事で、超人的な身体能力を秘めた女郎蜘蛛に突然変異するという訳のわからない作戦だった。

猛は闇サイトで知り合った怪しい住人から超危険な毒々しい毒蜘蛛を一匹仕入れ、夜道を歩いていた部活帰りの女の女子高生に標準を絞り背後から近づいた。

毒蜘蛛に首の後ろを噛まれた女の女子高生は「ぎゃあ!!」と悲鳴を上げたかと思うとショックの為か、すぐさま泡を吹いて絶命してしまった。

猛は女子高生を背中に担ぎ、奇跡的に誰にも見られる事なく電車を乗り継ぎ、富士の樹海まで辿り着き、女を自殺と見せかけて両手両足をきつく縛り、首を切断して火をつけて逃げたという。

猛は家に帰り震えた。

作戦は見事に失敗した。しかしもう一度アレを見たい。

女が絶命する時のあの絶叫と悲痛な表情が堪らない。猛の中に眠っていた邪悪な悪魔が目を醒ました瞬間だった。

翌日、猛はいつものように満員電車子蜘蛛ばら撒きテロを成功させた後、夜を待って人気のない田んぼの中の田んぼ道にある、女子高生達の帰り道でもある田んぼの所の横の死角に入りこみ、田んぼを通って帰る獲物を待ち構えた。

すると、暗い田んぼ道の向こうから部活帰りであろう女子高生が1人歩いてきた。

暗いので見えにくいが、雰囲気でなんとなく可愛いと分かる。

猛は女子高生がすぐそこまで近づいたのを見計らって、田んぼの死角から勢いよく飛び出し、女の女子高生を後ろから押さえつけた。

女子高生は恐怖の為か、前の時のような悲鳴を上げずにブルブルと震えている。

「ちっ!ツマンネーな!泣けよ!ほら泣けよ!ほら!なけ、なけ、なけ、なけー!」

猛は女の髪の毛を後ろから鷲掴み、強引に引っ張ると、ゴキャン!!と骨のネジ切れる音がして、女子高生の顔がこちらを向いた。

「また私をコロス気?」

真っ白い顔にポッカリと空いた2つの空洞には眼球がなく、代わりにザワザワと物凄い数の蜘蛛達が這い出してきて、猛の手を伝って顔にまで登ってきた。

「ぎゃ!!」

気づくと猛は自室のベッドで目覚めた。

夢かと思い見上げると、人間ほどの大きな蜘蛛が一匹、天井にへばり付いていた。

なぜか頭だけが人間で、逆さに垂れ下がった長い黒髪の上から、真っ赤に光る赤い両目が猛を睨んでいた。

猛の日記はそこで終わっていた。

最後の日付は今から2日前、猛が自殺した前日の事である。

「あ、兄貴、これって猛、女郎蜘蛛に呪われてますやん!」

龍が今まさに私の考えていた言葉を口に出してしまった瞬間、昭三がその場に泣き崩れてしまった。

私たちはこの日記の内容がもし事実だとするならば、ただの猛の自業自得な上に、自殺の原因も分かった事で、何か胸に支えていた魚の骨が取れたかのようにホッとしたのを覚えている。

泣き喚く昭三を二階に残して帰ろうと階段の下の階下を見下ろすと、先ほどの女郎蜘蛛が音も立てずにゆっくりと6本の脚を器用に動かしながら登ってきていた。

女郎蜘蛛は笑っているが、隣りの龍の顔は「曇って」おり、後ろの昭三は涙と鼻水で「苦悶」の表情を浮かべている。

私は「雲」をも掴む思いで、足元に転がっていた太宰治著書の「注文の多い料理店」ではなく、敢えて「蜘蛛の糸」という分厚い本を手に取り、女郎蜘蛛に向かって投げつけていた。

「ぎゃーー!!!」

階下から女郎蜘蛛の鋭い断末魔が響き渡ったと同時に私の意識は途絶え、次に目を醒ましたのは病院のベッドの上ではなく、彼女である香織の部屋のベッドの中だった。

「なんだ夢か?」

妙にリアルな夢を見たなと寝ている香織の頬にキスをしてから立ち上がると、ベッドの下に何かが貫通したかのように丸い穴の開いた太宰治著書の「蜘蛛の糸」が転がっていた。

顔を洗い、テレビを見ていると香織が目を醒ましたのかベッドの上から甘えたような声をかけてきた。

「ちょっとー、昨日は途中で急に寝ちゃうから私悶々としちゃってなかなか寝れなかったんだぞ!今から責任とれ!この役立たず♡ うふふ」

見ると、香織は掛け布団を両手の手で抱きしめ、クネクネと腰から下をスイングさせている。恐らく、掛け布団の下は今大変な事になっているのではなかろうかと容易に想像がついた。

私は二枚目俳優バリに渋い声でやれやれと腰を上げてベッドに向かおうと立ち上がると、突然、左足首に重たい激痛が走り、よろけてしまった。

ベッドに腰掛けて確かめてみると、私の左足の足首には紫色に内出血した指の後がクッキリとついていた。

驚く香織に夢の内容を話すと「猛?猛って誰よ?」ときた。香織も小学校から同じクラスなので猛を知らない筈がない。

実は猛が存在していなかった!などという「夢オチ」よりも悪質な「存在しなかったオチ」はなんとしても避けたい一心で「良く思い出せ!」と香織の両肩を揺すっていると、香織が「何か音しない?」と言い出した。

周りを見渡しジッと耳を澄ませると、頭上の天井から微かにカサカサと紙の擦れるような音がした。

恐る恐る見ると、夢で見たあの6本脚の女郎蜘蛛が天井に張り付いていた。

私は「うわっ!」と悲鳴を上げて布団を頭から被った。

しばらくして香織が「ねえ、天井に何かあるの?」と言ってきたので、ゆっくりと布団から顔を出して天井を見上げると、身体が蜘蛛で頭が人間の女郎蜘蛛が天井にベタリと張り付いていた。

私はまた情けない悲鳴を上げながらテーブルの下に逃げ込んだ。

暫く震えていると、香織が「もう知らない!」と拗ねた声で寝室から出て行く音がした。恐らくモヤモヤした気持ちを洗い流すためにシャワーでも浴びに行ったのだろう。

やはり香織にはアレが見えていないのか?

私は一先ず落ち着いて、自らの精神状態を冷静に分析する事にした。

蜘蛛のお化けに猛が取り憑かれて自殺させられる夢を見て、少なからず同様しているのは確かに明確な事実である。

ここ最近、身内の不幸が続いており、冷静な判断が出来ずに、居もしないモノが見えてしまっているのではないだろうか?

だいたい、常識的に考えてこの科学の情報化時代に女郎蜘蛛のお化けなどという昔話に出てくるような妖怪が現実に現れるなんて馬鹿馬鹿しい事があるものか!くだらない!見間違いに違いない!

て、言うか猛って誰だよ?そんな奴いたか?知らねーよ馬鹿野郎!もう顔も思い出せねーよ!

私はため息を1つついて、テーブルの下からノソノソと這い出し、笑いながら天井を見上げた。

すると、天井には黒々とした長い髪の毛を垂らした、顔が人間、身体が6本脚のまるで「女郎蜘蛛」のような姿の女が逆さまに張り付いていた。

【了】

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,92711
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

みゆり様、コメントありがとうございます。

読みにくい文章を最後まで読んで頂き感謝です。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

ロビさん…
私もブロされてます(=_=)

ヒロポンさん、いや、ヒロタンさん…ひ…

ろ、ロビンソン…ひ…

やあロビンソンクルーソー.comです!

批判?そ、そんな事もありましたっけ?すいません覚えておりません。

なぜかというと、基本僕はふざけた怪談しか書けないので嫌われる確率の方が遥かに高いからです。僕はドエムではありませんが、ソフトエムです。

批判されればされるほど、筆欲が膨れ上がる「変態」なのですよヒロタンさん♪…ひひ…

追記ですが、投降されている方がえらそうだとかそんな発言はしていません。無料サイトなのに文句を言うなら、有料サイトで読めばいいと言っただけです。無料で読ませてもらっているという発言しかしていません。投降されている方に勘違いされないように書き込ませていただきました。私は今のままのサイトが好きなので!ロビンさん、前に文句を言いましたが、この場を借りてしまっていることをお詫び申し上げます。ロビンソンのことが嫌いではないと言うこともあわせて書き込ませていただきます。

申し訳ないのですが、ぷふさんにブロックされているのでロビンさんの場所を借りて投降させていただきます。ここならみなさんに読んでいただけると思いまして。ぷふさんは私の投稿を削除してから返事をしているような小心者みたいです。私の納得できる返事も出来ていませんでしたし。ぷふさんのことは相手をするだけ疲れると思うので、今後はスルーしてあげた方がよいのではないでしょうか?自分に不利な意見は削除してさらにロックしてきますから。私は今のままのサイトが好きなので番長にも残ってもらいたいと思います!ぷふさんのような理不尽な方がいなくなればよいのではないでしょうか。

やあ、この奇妙なお話を読んでくれている皆様!書き忘れましたが、今回のお話は

怖い

エロい

面白い

悲しい

長い

つまらない

文才がない

訳が分からない

もう二度と読みたくない

をテーマにしております…ひ…⁽⁽◝( •௰• )◜⁾⁾

やあマミ姐さん、またまた大事な局面でYとTを間違えてしまって非常に悔しいです!魔太郎です!⁽⁽◝( •௰• )◜⁾⁾

そういえば、お知らせメール復活しましたね♪

始まりが、いつものロビン様らしくなかったので、おぉ!と読み始めましたが…
やはり、ロビン様でした。

折角、実名を隠しても意味ないし、途中【T.猛】になってるし…
やはり、ロビン様でした。

龍さんでなく、ロビン様について来られた様子…
そんなもんについて来られた生活は怖いです。
香織さんとの一時も、天井から見られているわけですから…

ところで…こわばなサイトから【お知らせメール】来てますか?