長編6
  • 表示切替
  • 使い方

箱の中身

wallpaper:123

music:1

私は友人と賭けをしている。

賭けと言っても二束三文の安値だ。

明日の夜、今日の事を肴に友人と呑めば終わる程度である。

nextpage

内容は至って簡単。

明日の朝、友人が取りに来るまで預かっている箱を開けない事。

立方体の箱は意外と大きく、ホールケーキ2つ分以上はある。

nextpage

先ほど友人と飲み屋で別れ、自宅まで少し重いこの箱を持って帰ったのが深夜0時過ぎ。

風呂に入って軽く酔いを醒まし、酒を飲もうか水を飲もうかと考えている今が1時前。

nextpage

テレビの深夜番組をボーっと見ていると、友人からメールが来ていた。

『箱は開けてないよな?』

あぁ、もちろんだ。なんなら今まで忘れていた。

nextpage

テーブルに置くと邪魔なので、部屋の隅に置かれている。

黒い箱は蓋がガムテープでしっかりと固定されており、一度でも開ければ跡が残ってバレてしまうだろう。

nextpage

それにしても、結局これはなんなのだ?

ヤバい物じゃないか再度確認するも、友人はのらりくらりと返事を濁す。

これも作戦なのだろう。

nextpage

まあ開けてしまっても良いのだが、せっかくなのでこの遊びを楽しもうと思った。

テレビを消して箱をテーブルの上に持ってくる。

やはり少し重い。

nextpage

傾けると中身が軽く移動する。

箱ギリギリの大きさでは無いらしい。

nextpage

箱には特になにも書いておらず、臭いもしない。

ううん、まったく見当が付かない。

nextpage

それにしても今日は冷えるな。

春だというのに部屋はうすら寒く、出しっぱなしだったヒーターを点けたくなる。

コップの水が無くなったので冷蔵庫に取りに行くと、キッチンの小窓が開いていた。

nextpage

いつ開けたんだ?

いつも開ける事が無いその窓は、少しの隙間から冷たい風を送り込んでいる。

気持ち悪くなってすぐに窓を閉め、冷蔵庫から出した水を一気に飲み干した。

nextpage

『そろそろなにかあった頃か?』

ついでにトイレを済まし出て来た時、また友人からのメールが来た。

面白がりやがって。

窓の事を話そうかと思ったが、馬鹿にされるのがオチなので止めておく。

nextpage

「なっ……」

リビングに帰って来た時、箱がテーブルの下に落ちていた。

確かに机の上に置いたはずだ。

落ちる程端には置いていない。

nextpage

まさかあいつ生き物を入れてるのか?

いや、それにしては静かすぎる。

遠隔操作?

そこまでするような奴か?

nextpage

落ちた箱をテーブルに戻し、テレビの電源を入れる。

怖くなったわけでは無い。

ただ、少し気分を変えたかった。

nextpage

…………

………

……

nextpage

チャイムの音で目が覚める。

テレビを見ていたらいつの間にか寝ていたようだ。

もうあいつが来たのか。

nextpage

目を開けて時計を見ると、時刻は2時半。

昼の訳はない、まだ窓の外は真っ暗だ。

こんな時間に誰だ?あいつの嫌がらせか?

nextpage

まあそんな所だろうと玄関へ向かう。

あいつのせいで変な妄想をしてしまう所だった。

一言文句を言ってやらねば。

nextpage

扉を開けようとした時、もう一度チャイムが鳴る。

せっかちな奴だ、少しぐらい待てないのか。

「はいはい、今出るよ」

私は眠い目を擦りながら扉を開けた。

nextpage

…………

………

……いない。

誰もいない。

nextpage

チャイムを押して逃げた?

しかしここは古いアパートの2階だ。

階段を降りればその音はここまで響く。

nextpage

私はすぐに扉を閉め、妙な視線を感じて後ろを振り向く。

もちろん誰もいない。

リビングのテーブルの上にはちゃんとあの箱がある。

nextpage

その時、付きっぱなしのテレビから速報の音が鳴る。

地震でもあったのかと思い目をやると、小さな文字で事件の情報が流れていた。

nextpage

そう言えば昨日、この辺りで殺人事件があったのだ。

男が殺され、身体をバラバラにされたらしい。

今の速報は身体の一部が見つかったとの情報だった。

nextpage

嫌な想像が頭から離れない。

まさかとは思うがこの箱の中身は……。

そう思ってから溜息と共に笑いを吐き出した。

nextpage

馬鹿らしい、そんな訳があるはずない。

そうだとしたら、今頃酷い臭いで耐えられなくなっているはずだ。

私は友人にメールを送る。

この箱はどこで手に入れたんだ?それくらい教えろと。

nextpage

返事は3文字だけ。

しかしそれは私の強がりを壊すのには充分だった。

『拾った』

nextpage

嘘だろ?私にこの箱を開けさせたくて言っているんだ。

あんな事件があった事も知っていて、私をミスリードしている。

頭では分かっていても、可能性がある限り安心は出来なくなった。

nextpage

そもそも死体は本当に臭いのか?

私は実際に嗅いだ事がある訳じゃ無い。

なにか臭いのしない方法があるのかも知れない。

頭、だとしたら丁度それぐらいの重さだ。

nextpage

考え始めればキリがない。

今自宅のテーブルの上にある箱の中には、もしかしたら知らない男の生首が入っているかも知れないのだ。

nextpage

時計が3時を指したころ、私は耐えられなくなって友人に電話した。

コールが1度、2度、3度と鳴る。

出ない、あいつこのタイミングで寝ちまったのか?

nextpage

呼吸荒くイライラと足踏みをする。

チラチラと目線を箱にやり、動きはしないかと監視する。

nextpage

動く?生首なら動きはしない。

いや、さっき動いたじゃないか。

違う、違う違う。動いたんじゃない、落ちただけだ。

nextpage

電話が留守電に繋がり、私は苛立ちと共に携帯をベッドに投げる。

何度も時計を見るが、時間は一向に進まない。

朝まであと何時間だ?あいつは何時に来る?

nextpage

…………

………

……開けてしまおうか?

箱が乗ったテーブルの周りを何度も回っていると、ふとそんな考えに行きついた。

nextpage

別に賭けなんてどうでもいい。

負けてしまってもどうせはした金だ、くれてやればいい。

こんな気分になるぐらいなら、いっそ今楽になってしまおう。

nextpage

どうせ中身は下らない物だろう。

そこそこの重さの有る何かと、私へのメッセージ。

そんな所だ。

nextpage

箱のテープに手を置き、端から捲っていく。

しかしその時、頭の中が嫌なイメージでいっぱいになった。

この箱を開けた瞬間、中にある生首がこっちを睨んでいるのだ。

nextpage

「うわっ!」

箱を放して後ろに飛び跳ねる。

怨むような目でこっちを睨む目が、頭から離れない。

nextpage

「おい!私はなんにもしてないぞ!?この箱を預かっただけだ!」

箱に向かって大きな声で叫ぶ。

もちろん、箱が動く事も、ましてや返事をする訳も無い。

nextpage

落ち着け、冷静になれ。

水でも飲もうと冷蔵庫へ向かう。

先ほど使ったコップが流しにあるので、それを手に取って冷蔵庫を開ける。

冷蔵庫から漏れた光がコップを照らし、ベッタリと付いた赤い血を映し出す。

nextpage

music:6

「うわああああ!」

私はコップを床へ投げ捨てて後ずさった。

なんで血が?なんでコップに……。

気が付くと私の両手は血で染まっていた。

nextpage

「あ、あぁぁ……」

急いで手を洗おうと流しの水を出す。

乱暴に手を擦り合わせ、近くにあったタオルで手を拭う。

その時、台所の下の収納棚が少し開いている事に気付く。

nextpage

見てはいけない、そんな気がするのだ。

しかし、本当に見ないままこの場を離れる事は出来なかった。

ゆっくりと目だけを動かしていく。

nextpage

不意に思考が停止した。

開いた扉の間から、青白い手が生えて手招きしていたのだ。

nextpage

「ひいいい!あっ!ああああ!」

パニックになり、後ろの食器棚にぶつかりながら転んでしまう。

駄目だ、あれは本物なんだ。

このままじゃ私は……。

nextpage

気付いた時には身体が動いていた。

玄関に駆け寄った私は、靴も履かずにドアノブに手を掛ける。

ガチャガチャとノブを回すも開かない。

クソ、鍵が掛かっている。

nextpage

「速く!速くしないと!開け!開けよおおお!」

「おいおい、俺を置いて行くなよ」

後ろから聞こえた声に反射的に顔を向けてしまう。

nextpage

私の足元には、血で染まったどす黒い箱が置いてあった。

蓋は開いており、あいつの生首が恨みの籠った目で私を睨んでいる。

nextpage

「ああああああああ!」

「あの部屋です!」

「拙い!錯乱状態だぞ!」

「おい!警察だ!大人しくしろ!」

nextpage

私は大勢の警官に取り押さえられた。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6912
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

はなさん、コメントありがとうございます。
お返事遅れてすいません。
褒めて頂けて嬉しいです。
これからもちょいちょい投稿させて貰いますね。

いや~ほかの作品といい、上手いですね(≧▽≦)
発想力が素晴らしい!!ドキドキさせていただきました******♬♪