短編1
  • 表示切替
  • 使い方

走り屋

怖いけどチョット「うる」っと来そうな話しです。

ある日、A君とJ君はいつものごとく夜な夜な、峠をランサーエボリューションでかっ飛ばしてました。

J君とA君は地元でも有名な走り屋集団の一味でした

しかし、ある日J君のランサーエボリューションが大事故を起こしてしまいます。

J君は病院に運ばれましたが即死でした。

悲しみに暮れたA君は、ある日、走り屋から足を洗います。

貯金も無くなり生活に苦しくなったためでした。

走り屋から足を洗って数年後の夜A君は、久しぶりにランサーエボリューションでドライブをしたくなりました。

交差点で信号待ちをしていたA君は見たことのある、赤いランサーエボリューション8を見ます「ん?Jかぁ!Jは死んだはずだぞ!」そう言っている間に、ぐちゃぐちゃになっている、赤いランサーエボリューション8がA君の隣に止まります。

怖くなったA君は赤信号を無視してかっ飛ばします。

しかし、A君はルームミラーからJ君が車から身を乗り出して何か言ってるのを見つけます。

「俺は死んでもAの一生のツレだからなぁ!また、一緒に走ろうなぁ!」

怖い話投稿:ホラーテラー プジョー406ガブリオレさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5840
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ