中編2
  • 表示切替
  • 使い方

8階の話

怖い話の話の続きもあるんですが、まず。

nextpage

music:3

バイト先の社員さんの話なんですけど。

nextpage

その社員さんが中学生の頃、スキー研修というのがあったらしいんですね。

nextpage

二泊三日、スキーをするだけの研修。

nextpage

毎年、同じ宿舎に泊まるらしいんです。まぁ、軽いホテルですね。

nextpage

その宿舎、8階建てだったらしいんです。

nextpage

スキーを滑り終えて生徒全員で宿舎に向かう。

生徒は全員七階で寝なきゃならないらしいんですね。

nextpage

先生は6階。たまに見回りに来るくらいで。

nextpage

風呂と食事を終えると特にすることもなくなり、4人ほど集めて宿舎内を探検することになったらしいんです。

nextpage

で、先生達から聞かされていたのは「8階は従業員専用だから行ってはいけない」という事。とはいえ生徒が使うエレベーターには8階のボタンすらないからどちらにしろ行けず、で。

nextpage

社員さん一行は7階からスタートして6階、5階、と順番に探検して行って。

nextpage

30分もしないうちに一階のロビーへと辿り着いたらしいんですね。

nextpage

翌日もスキーだし、早く寝ようという事になってエレベーターに乗り込み、7階のボタンを押したわけです。

nextpage

エレベーターはぐんぐん昇っていきます。

nextpage

エレベーター、7階を過ぎたらしいんですね。

nextpage

nextpage

生徒用のエレベーターじゃ行けないはずの8階に辿り着いてしまった。

nextpage

しかし、好奇心もあった。8階がどうなっているか見たかった。がががと音を立て、古いエレベーターのドアが開く。

nextpage

目の前に真っ暗なオフィスが広がっていたらしいんです。

それも、かなり巨大な。

nextpage

一行は気になってエレベーターから少し降りた。

しかし、恐怖で足が動かない。暫くすると、

nextpage

一番遠くの蛍光灯がパッ、と灯された。

nextpage

それを皮切りに、パッ、パッ、パッ、とどんどん灯りが迫ってくる。

nextpage

これはまずい。一行はエレベーターに戻った。

どんなに閉ボタンを押しても全く反応してくれない。灯りは迫ってくる。

nextpage

一番手前の蛍光灯、セットされてなかったみたいで点かなかったらしいんです。それを確認した瞬間、ドアが閉まった。一行はそりゃあもう安堵した。

nextpage

ただ、まだ終わらない。そう、エレベーターは上昇を始めたというんです。

nextpage

階数がどんどん増えていく。あるはずのない二桁の階数が表示される。12.13.14.どんどんどんどん。社員さん曰く、あきらめもあったらしいんです。もう死ぬわこれ。と。

nextpage

19.20.21...

nextpage

7

nextpage

エレベーターが開くと、目の前には普通の7階が広がっていたらしいです。

nextpage

翌朝、従業員に8階の事を尋ねると

nextpage

普通の物置だけど、物が多すぎて従業員でも入りたいと思わない。

って言われたそうです。

nextpage

社員さん一行は何処に行ってたのでしょうか。

nextpage

おしまい。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9551
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

昇りつめるだけ昇りつめて、目的地に着くというのは怖いですね…
いったい、どこを経由して帰ってきたのか…