短編2
  • 表示切替
  • 使い方

エロ画像の怪奇

俺は大学生の頃、ネットでエロ画像を収集して保存しまくっていた。

ある時、当時(5年ほど前)としても珍しい、パソコンネットも全然していないという、友達が部屋に遊びに来た。俺はそいつに、

「見てみ。パソコンがあればこんな画像タダで見放題やで。」

とCD-ROMに保存していたエロ画像を見せた。

「おお!すげえ!!俺もパソコンしてえ!!」

という反応を期待していたのだがそいつの反応は思いのほか淡白。それどころか、

「これもう見るなよ。フロッピー(フロッピーじゃねえよ!)も捨てろや。」

と。ハァ???となる俺。

ネットとか詳しくない奴だから、こんなん見てたら警察に捕まるとでも思ってんのかな?と思った。それにしても良識ぶりやがって、と少々ムカついたものの?

「なんで〜?せっかく集めたのに(笑)」

と俺。すると、

「この中の何人かはもう死んどる。しかもロクな死に方しとらん。こんなんで抜いとると、抜いて気が抜けた瞬間祟られるで。」

とそいつ。

・・・ハァ??

怖い、というのは全然無くて、こいつ頭おかしいわ、と正直思った。で、反射的に

「アホちゃうか??何言うとんねん。わけわからん。」

と俺。そしたら、そいつが俺の頭を軽く抑えてパソコンの画面(エロ画像出てる)に向けて、

「見てみ」

と。

マジ怖かった。

画面を見た瞬間、開いてたフェラ画像の女が一瞬で腐った。そして崩れながらこっち見た。

一瞬声も出ず、しばし沈黙の後

「キョオ!!」

とようやく謎の奇声を発して後ずさりする俺。いつの間にか画面は元のフ○ラ画像に戻っていたが、俺はパッとパソの電源を切った。

汗びっしょりになって

「何今の?」

と友達に聞く俺。

「何でもええが。とにかく捨てとけよ。」

とそいつ何度も説明してくれるよう頼んだが、結局

「うるさい。教えん」

の一点張りで最後まで何も教えてはくれなかった。

その後とりあえず、ちょうどパソコン買い換えようと思ってた時期でもあったしパソコンも換え、CDも捨てた。あれが何だったのかは結局分からんかったが、だいぶ経ってからその友達が古くからある神社の家の子であることが分かった。

とりあえずそれ以降ネットでエロ画像は見てません。霊とか霊能者というものを多少信じるようになった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,3721
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

キョオwww