中編3
  • 表示切替
  • 使い方

長い友とのお別れに

今村の話

wallpaper:928

separator

呑み会を終えて深夜に帰宅する。

旨い酒が入ったせいで、遅い時間だというのにやたらと、テンションが高い。

wallpaper:201

いざシャワーを浴びようと、鼻歌まじりに突入した脱衣所で、鏡に写る自分と目が合った。

呑み屋で知り合った女の子達…その中でも特に好みの瞳の大きな女の子が、自分に向けて言った言葉が甦る。

wallpaper:1235

「私のタイプなんですよ♥」

自然と顔が綻ぶ。

wallpaper:201

気が付けば鏡に向かってキメ顔を作り、どの角度が一番良く写るか、研究している自分がいた。

顔を上に向けたり左に向けたりしている内に、ふと今まで気付かなかった異変に気付く。

nextpage

「……何だコレ?」

思わず声に出た。

wallpaper:2979

呟いて右手で摘まみ上げたのは、1本だけ長い髪の毛。

丁度、頭頂部に生えたそれを指で摘まんだまま、頭の形に沿って下ろしてみると、襟足より少し下に先端がくる。

段を刻みながら短く切り揃えた髪型の中で、真っ直ぐに伸びる1本は明らかに変だ。

nextpage

……あの床屋の親父、腕が落ちたな…

1週間前に足を運んだ馴染みの床屋…そのいく末を嘆きつつ、髪の毛の先端を摘まむ指に巻き付け、上空へと引っ張る。

……抜けない。

どうやら毛根は力強く根付いている様だ。

毛先を解放して、今度は根元の辺りを指で挟み込む。

nextpage

ズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズルズル……………

nextpage

引っ張れば引っ張るだけ、髪の毛がどんどん伸びる。

古典的なマジックで、シルクハットからハンカチが何枚も連なって出てくるあの光景に似ていた。

「………んな…アホな…」

wallpaper:2980

酔ってる。

きっと凄く酔ってる。

引っ張る度に、酔いが醒めていく気もするけど気のせいだ。

毛先が既に肩甲骨を越えて腰に向かって落ちているのも気のせいだ。

…とまぁ、こんな具合にパニックを起こしていた為、

nextpage

「引っ張るのやめて、根元辺りで切っちゃえば良いんじゃね!?」

という発想がまるで出てこなかった。

nextpage

焦りと不安で嫌な汗を吹き出しながら、一心不乱に引っ張り出していると、頭皮が吊られる感覚があった。

漸く終わりを迎えた様だ。

少しだけ安堵する。

よし、一気に抜いてしまおうと指先に更なる力を込めてみた。

wallpaper:525

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

nextpage

響き渡る不快な悲鳴…

その出所が、指の動きに合わせて髪の間から盛り上がってきた。

頭皮に小さな顔がある。

頭の傾斜に沿って、顎を上げ苦悶の表情で絶叫する横顔…長い髪の毛はその額の生え際に根を降ろしている様だ。

「うおっっぅ!?」

予期せぬ顔の出現に、思わず叫んで顔を仰け反らした瞬間、

……プツンッッ

長い髪の毛が、音を発てて抜けた。

wallpaper:526

あ あ あ あ あ あ あ あ あ ああああぁぁぁぁぁ…………

nextpage

途端に頭の上の小さな絶叫が尻すぼんでいく。

悲し気な表情を見せると、まるで萎れる花の様にシオシオと沈んでいく。

wallpaper:201

……。

暫し…フリーズ。

頭の中が真っ白になったせいで、事態が飲み込めない。

はたと我に返った時、目の前の鏡には1本の長い髪の毛を手に、茫然と立ち尽くしている自身の顔があった。

恐る恐る震える手で顔の浮き上がっていた辺りを探る。

wallpaper:2979

……何も無い。

今度は顎を引き、頭頂部をやや前に突き出すと両手で髪の合間をまさぐり、異変はないか慎重に確認する。

………やっぱり何も無い。

安堵の溜め息が口から溢れると同時に、ヘナヘナとその場に崩れ落ちた。

nextpage

wallpaper:48

separator

「……それが3年前、俺の身に起こった事だ…あれ以来1度もソイツを見る事は無かった…多分、これからもな…」

遠い眼差しで煙草をくわえる今村は、旨そうに紫煙を吐き出す。

wallpaper:2982

その頭部には、[長い友]…髪の毛が1本も無い。

頭部の小さな顔から髪の毛を引き抜いたあの日以来、抜ける・生えぬ・育たぬと悪夢の三拍子が鳴り響き、地肌を世間の眼差しに晒す今に至ったそうだ。

今村は語る。

「いいか、人の頭にはな!毛根の精が住んでるんだ!!それを殺したら、[根]絶やしにされる…俺みたいにな…」

wallpaper:2981

この自虐的な恐怖体験に、何と応えたら良いものか…僕は今村のツルツルと光る頭から、目を逸らさずにはいられなかった…。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,2298
22
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

とても面白かったです。途中までは怖くて怖くてドキドキしながら読んでいましたが、最後で笑ってしまいました(笑)
次の作品もとても楽しみしています。頑張ってくださいね!

表示
ネタバレ注意

ご感想、有難うございます。
修行者様
画像いけてません( TДT)
死ぬほど苦手です。
オヤジな僕には、ハードルが高過ぎます。
ただ修行者様に褒めて頂けたので、ちょっとだけ達成感が湧いてきました(笑)
お礼に、毛根の精を甦らせる特別な魔法を……うわっ、なにするん…や、やめっ○△◇☆
…………すいません、呪文を何者かに奪われてしまいました(笑)

表示
ネタバレ注意