中編3
  • 表示切替
  • 使い方

夢の中の友

 

wallpaper:1803

私は小さい頃不思議は体験をいくつかしました。20歳を過ぎてそういうことは少なくなり、今ではまったくないです。

よく20歳を過ぎると霊感は弱くなると言いますが、ほんとにそうだなと思う。幼い頃は感覚も敏感なんですね。

さて、今思い出しても鳥肌が立つような私が実際に体験した不思議体験や心霊現象をいくつか紹介したいと思います。

 あれは私が18歳の時、今から12・3年前になります。

深夜、近所の交差点で原付バイクに乗って帰宅途中の友人は、赤信号無視の車に突っ込まれ逝きました。

友人と言ってもプライベートで遊ぶほどではなかったですが、小・中・高と同じ学校で、

高校のときは3年間同じクラス。良く話をした友人の1人でした。

友人が亡くなるのは初めてで、思ったよりショックで号泣したのを覚えています。

 時は過ぎ私が20歳の頃、私は専門学校で県外に出ていたが、その時は夏休みでちょうど帰省していました。

その日は先輩に誘われ近所のバーでお酒を飲んで、久々の地元を楽しんいました。

結構酔った状態でしたが、当時は今ほど飲酒の規制は厳しくなく、バーから自宅までは、1キロ程度。

いつも検問をやる場所も熟知していたから「まぁーちょっとくらい」という気持ちで車で帰宅しました。

 その夜。。。。

お酒を飲んでいた私は深ーい眠りにつきました。

wallpaper:1004

すると、夢に亡くなった友人がでてきたのです。「こいつ死んだんだよなー」と思いつつも、

不思議と恐怖はなく多少戸惑いつつも友人に歩み寄り、

私「よう!久しぶりだなー」

友人「・・・・・」

友人からは返事なく私を見つめていました。

私「どうしたんだよー?・・・元気してたかぁー??」(多少混乱する私w)

友人「・・・・・」ただ私を見つめる友人。

よく見るとその顔は少し怒っているようで、ちょっと目つきが怖かった。

でも恐ろしい形相ではなく何か訴えるように私をにらんでいた。。。。

「なんなんだよ??」と思いつつも彼との距離が離れていく。。。。

「おーい!?」と呼び止めるも彼は遠ざかり視界からフェードアウトしていった。

彼は姿が見えなくなるまでずっと私をにらみつづけていた。

パッと目が覚め、なんだったんだろー??と思いつつもまだ明け方。眠気に勝てずにまた夢の中へ、、、、

 次に起きたのは昼頃。眠い目を擦りながら起床した。

昨日の夢のを思い出すも、不思議でしょうがない。久々に地元に帰ってきたから会いに来たのかな?

と考えたがしっくりこない。

とにかくあの怒ったような顔つきが気になってしょうがない。

遅めの朝食をむさぼりながら、少し冴えてきた頭で考えていた私は、思い出して鳥肌が立った。。。

          あいつって飲酒運転の車に引かれたんだ!!!!

しかも昨日の帰り道、私は彼の死んだ交差点のそばを飲酒運転で通っていたのだった。

警告しに来たんだ。。。。

お前優しい奴だったもんな。もう二度と飲酒運転はしないよ。ありがとう。

Normal
閲覧数コメント怖い
4531
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意