短編1
  • 表示切替
  • 使い方

紅茶

俺は紅茶が好きだ。

毎日外をみながらゆっくり紅茶をすする。

お気に入りの喫茶店でマスターの食器を磨く音を聞きながら俺は最後の時間を過ごす。

「マスターごちそうさま」

そう言ってお代をテーブルに置いた。

マスターはいつものごとく寡黙だ。

今日もそのまま店を出ようとしたその時、初めてマスターが口を開いた。

「未練が消えたようですね、どうぞゆっくり眠って下さい」

俺は店を出た後、喫茶店にうつった自分の姿を見た。そこには誰も居なかった。

俺は居なかった。

道行く人が俺をすり抜けていく。

「ありがとうマスター」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4230
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ