中編2
  • 表示切替
  • 使い方

不自然

wallpaper:1137

私が実際に見た夢の話です。

気が付くと、私は電車に乗っていました。

辺りを見回すと、自分の向かいの席に私が幼いころから大切にしてきた

ぬいぐるみ(仮にC介とします)が座っていました。

私とそのぬいぐるみ以外に乗客はいません。

すると、男の人の声で

「まもなく、終点の人形町駅です。お忘れ物のないようにご注意ください。」

と放送が入りました。

人形町って実際にある場所だよな?とぼんやり考えていると、

向かいの席に座っていたC介が席から降りてこっちに来いとでも言っているかのように

私に背中を向けて立ち止まっています。

一緒に行かないと夢から抜け出せない気がしたので、仕方なくついていきました。

nextpage

電車から降りて駅のホームに移動しました。駅の看板には「人形町駅」と書いてありました。

C介は改札の方へ向かいます。切符も何も持っていません。

どうすればいいのか迷っていると、改札が勝手に開きました。

C介が駅を出たので私も駅を出ました。外に出てみると、

shake

日本人形が道路に一列になって並んでいました。

あまりにも異常な光景に、私は立ち止まってしまいました。

C介はこちらを見ています。

私は仕方なく進むことにしました。

nextpage

駅の向こう側にはお店がたくさんありました。

その道路にも日本人形が並んでいました。

C介は「お好み焼き」と書かれた看板のある店に入っていきます。

私もそのお店に入っていくと、その店にも日本人形がいました。

すると、「いらっしゃいませ」と子供の声が聞こえてきました。

その店の中には、淡い水色の浴衣を着た黒い長髪の女の子がいました。

その女の子は親切に麦茶のようなものを渡してくれましたが、飲みませんでした。

私は、女の子に今まで疑問に思っていたことをすべて話しました。

女の子はこう、答えました。

「私は、人形だけで人間のような世界を作りたいと思ったの。だけど、失敗しちゃったみたい。

 町並みは人間の世界と同じなのに、人形が道路に並んでいるなんて変じゃない?

 だから、人間の世界の人に知識を分けてもらいたくて、あなたを呼んだの。」

nextpage

私は、「人形だけで人間の世界を作りたいのなら、手伝ってあげたい。

でも、私は帰りたい。もといた世界に帰りたい。」

と答えました。

すると女の子は、「いいよ、帰してあげる。今度は別の人を呼ぶから。」

女の子は立ち上がり、店の入り口の前に立って、引き戸を開きました。

その向こう側には、私の部屋がありました。

「ここからあなたの世界に帰れるよ。そのぬいぐるみはここでしか動けないから、

 抱いておいた方がいいんじゃないかな。」

私はC介を抱き上げ、入り口の前に立ちました。

女の子は言いました。

shake

「来たくなったら、また来てね。」

Normal
閲覧数コメント怖い
7520
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ