中編2
  • 表示切替
  • 使い方

来るな!

これは私が高校2年生のときのお話です

持病の関係で手術することになり

担当医からは出血が多いから

輸血するかもしれないこと

血が止まりにくい体質だから

最悪の場合もあること

などなど言われた上での手術でした

そして、いざ手術室へ

酸素マスクから麻酔を流して

5秒も掛からず瞼が落ちて眠りにつきました

nextpage

separator

目を覚ますと見渡す限りの白

よくみると霧というか

もやもやーっとしたものがある感じ。

あぁ私死んだのかあ

まだやりたいことあったのになあ

ここが天国というか

この世の場所じゃないんだなって

なんとなく思っていました

とりあえず歩こうかって思い

真っ直ぐずっと歩いていると

着物を着たお婆ちゃんっぽいのがいる

(これって脱衣ババアみたいなやつなのかな

捕まったらあの世いきなんだなー)

なんて考えていました

顔が認識するところまで近付くと

死んだ婆ちゃんだった

この時改めて

あ、わたし死んだのか。と確信

婆ちゃんは死ぬ前から体調悪くて

会話もまともにできなかったから

話しかけようと近づいたら

来るな!!!!

と鬼のような形相でそう言った

なんで?どうして?

私死んだんでしょ?

と聞いても

来るな!まだ早い!戻れ!絶対振り向くな!

一方的にそう言い放ち霧の向こうに消えてしまった

一瞬追いかけようと思ったけど

素直に戻ろうと来た道を戻ることにした

あたり1面白くてもやもやしてて

どっちが来た道かもわからなかったけど

ひたすら歩いていた

しばらくすると足音がする

私がゆっくり歩けば

足音もゆっくり

早く歩けば

向こうも早く歩く

だんだん早歩きになる

…って…

声がした

思わず立ち止まる

「待って」

今度ははっきり聞こえた

耳元で言われたような

すぐそばにいる

婆ちゃんの声だった

思わず振り向きそうになった

けど直感で声は同じだけど

婆ちゃんじゃない気がした

ひたすら走った

もう来た道なんてわからない

けどひたすら走った

足音も私に合わすように

バタバタバタ…!!!!

ひたすらひたすら走った

待って…!!!!

婆ちゃんの声がそう言う

更にスピードをあげる

婆ちゃんは生前足が悪かった

歩くのもやっとなのに

あんなに早く走れるはずがない

待って…!!!!

待てえええええええ!!!!

声が変わった。

低くて怒りに満ちた声

そんな声がした瞬間

目の前から光が迫ってきて

眩しくて思わず目を瞑った

nextpage

separator

再び目を開けると病室だった

話を聞くと

手術中に急変して心臓が止まったらしい

心臓は動き出したけど

意識が戻らなかったらしい

あの時もしも

婆ちゃんについて行ったら…

振り向いてしまったら…

私はこの世にいなかったかも知れません

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,20111
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

にゃんぱす様
怖いありがとうございます♪

健様
怖いありがとうございます♪

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

me様
怖いありがとうございます♪

琉聖様
怖いありがとうございます♪
ほんと婆ちゃんには
頭あがりません(´;ω;`)

sun様
私のこと聞いてくれず
来るな!しか言わなくて
不貞腐れて追いかけなくて良かったです(´;ω;`)

お婆ちゃんの優しさと来るな!と言う厳しさに感動しました( ´∩︎⌑︎・̥̥̥̥̥`)

えぇ話や( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

りこ様
またまた怖いありがとうございます(´・ω・`)♡

Sun様
…(´;ω;`)!!
ありがとうございます♪