中編4
  • 表示切替
  • 使い方

おつまみ怪談

*僕だけがビビリまくっているリアル体験談。

お酒に添えられるピスタチオの様に、数ある怖話の小休憩位に、お楽しみ頂けたら幸いです。

nextpage

切っ掛けは、TVの心霊特集で紹介された、1枚の心霊写真でした。

場所の特定されていない、出所不明の写真が画面に映し出された時、

「※※(県名)だ!!」

…予期せぬ言葉が自分の口から飛び出したんです。

ちょっと驚きました。

僕は零感人間ですし、心霊写真の中の霊を見付けるのさへ、●ォーリーを探すより下手くそな人種です。

しかも僕が口にした名の県は、僕とは縁もゆかりも無く、行ってみたいとも思った事がありませんでした。

ただ、その県名を口にした瞬間から、猛烈にその写真が…正確にはその場所が怖くなり、僕はTVを消してガタガタと震えていたのを憶えています。

nextpage

あ~、怖かったぁ…で終わる筈だった、この出来事。

どうやら何かの始まりだった様で、何の因果があるのか…どんな縁があるのか分かりませんが、何故かそれ以来、※※県に[呼ばれている]みたいなんです。

nextpage

その恐怖が再び訪れたのは、偶然取れた連休を利用して、前々から行ってみたかった九州に行こうと思い立った時でした。

休みの朝、突発的に思いついた、無計画な行動でしたが、平日だし、シーズンオフだから宿も新幹線の座席も、簡単に取れるだろうと軽い気持ちで行ったんです。

そんな浮かれ気分に冷水を浴びせたのは、切符売場で対応してくれた窓口嬢。

nextpage

「九州方面の喫煙席は、満席ですね…※※県方面の喫煙席なら空いてますよ。そちらにどうですか?」

nextpage

※※県、東北なんですが。

僕が行きたい九州と真逆なんですが。

そもそも新幹線の切符買うのに、窓口で指定した県名以外の県名言われて、そちらにしたら?なんて言われたの、初めてですよ。

窓口嬢は、僕が仕事で行くのか遊びで行くのかさへ、知らない訳ですし、まして行き先を今朝決めた突発旅行である事なんて、分かる訳がありません。

最もその時の僕は、[※※県]の一言で、得体の知れない恐怖に襲われ、歯の根も合わない程震えていた為、窓口嬢に突っ込みを入れる余裕はありませんでしたが。

…そんなこんなで切符を買うのも躊躇して、一旦売り場から離れたのですが、待ち構えていた様に駅員さんが寄ってきて、

nextpage

「※※県行きの乗り場ならアチラですよ。」

nextpage

と気さくにご案内してくれ様とします。

因みにこちらの駅員さんは、チケットを巡る僕と窓口嬢のやり取りは知りません。

たった今、ホームの方から改札を通って僕にたどり着いた人ですから。

この人の一言で完全に怖くなり、ヘタレな僕は旅行自体を断念して、トボトボと家路に着きました。

nextpage

それからも、何かと付きまとう[※※県]と、訳の分からない恐怖心。

3等の折り畳み自転車狙って、申し込んだスーパーのキャンペーンで、※※県の温泉が当たったり(奇跡の1等でした)、もう何年も連絡の途絶えた知人から、※※県に住んでる……遊びに来ないかと執拗に誘われたり、会社の僕の書類の端だけに『※※県○○○○○(人名)』という走り書きが印刷されていて、書いた該当者無し……そもそも※※県の出身者・縁者無しで、皆が首を傾げるというおかしな事があったり…………。

nextpage

極めつけは、道端で知らないオバチャンに突然話し掛けられ、

「貴方、※※県行きなさいよ!良い事あるわよ!」

と、怖い笑顔でお奨めされたり…。

こんな事が続いて、遂に僕の心に恐怖とは違う、怒りが宿り出しました。

nextpage

行って白黒付けてやる!!

大体、県名1つにビビリ過ぎなんだ!!ただの偶然が重なっただけなんだから!!

…と、自分に言い聞かせ、一念発起して※※県に出掛け様と思った途端…

nextpage

「その旅行、止めた方がいい!!悪い予感がする!!」

「死にたくなったら、脚を向けろ。そうじゃないなら、止めておけ。」

「駄目だ、絶対に行かせない…行ったらお前、還ってこれない。」

nextpage

………と、同僚・友人・同居人という3人の霊感持ちサマに、待ったを掛けられてしまいました。

何で3人、日付も時間も場所さへもバラバラに話したのに、同じ方向性のご回答なんだ…

てか、行ったら還れないとか何?死ぬの?

何で死ぬんだよ?

と、恐怖全開の涙目で伺いますと、3名サマは各それぞれが次のご返答を下さいました。

nextpage

「「「そこがお前の終焉の土地だから。」」」

nextpage

………かくして、僕は未だに※※県には足を踏み入れておりません。

そして、悲しいかな、あのTV放送を目にしてから、少なくとも10年以上は経ったと思うのですが、未だに僕と※※県の戦いは続いております。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3,42322
43
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

階段師さま、おはようございます。
これは…怖いです。。
行ったことないのに、パッと【何県だ!】と思った時点で呼ばれているかも⁇←よくわかります。
しかも売り場女性、駅員等、既に何かに取り憑かれているのか… 考えるほど恐怖が膨れ上がります。
ありがとうございました!
また、次の作品も楽しみにしています。

表示
ネタバレ注意

ご感想を頂き、有難うございます。
河上マングース様
体験中の僕には、怖い話です。
有難うございましたm(_ _)m

奇怪だとは思うけど怖くはないわね。

ご感想を頂き、有難うございます。
あんみつ姫様
投稿したのが悪かったのか……数ヶ月ぶりに、※※県の猛攻に晒されている僕は、あんみつ姫様のお話で戦慄致しましたww
※※県お住まいでも、どうか『おいでおいで』はしないで下さい(笑)

そうですね、悲観的にならず、前向きにならなきゃ駄目ですよね!
前向き……前向き……と思って、仕事をしていたんですが!
たった今、移動中の電車の中で隣に座った見ず知らずの婆様が、寝言でずーと『※※、※※、※※…』と低いお声で呟いていらっしゃいました。
偶然にしても気持ち悪いので、席を移動しようと立ち上がった瞬間、婆様がカッと目を見開いて僕を睨み、『何で行かないの?』って怒鳴られてしまいました。
意味分からな過ぎて、『すいません……』とか謝ってしまいましたよw
今、自分を落ち着ける為に駅構内でブレイク中です(笑)
ヤダ、も~※※県怖過ぎ、ワロエ無い……誘うにしても、もう少しソフトにやるかセクシーに誘って頂けたら、考えなくも無いのに……。
……という訳で僕は、あんみつ姫様の様に達観出来そうにありません(´・ω・`)
いつかは笑って、『あんみつ姫様の仰っる通りでした』と、言える様になりたいです。

有難うございましたm(_ _)m

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

ご感想を頂き、有難うございます。
まりか様
そーなんですよ、偶然だ!と思いたいのに、出来過ぎだろ?!って事が起こるんです。
呼ばれれば、呼ばれる程、頑なに「行かない!」と思えるから良いんですが、暫く間を開けられると、「あれ?今なら大丈夫かな?行ってみようかな?」と思えてくるので、危なくて仕方ありません(笑)

宮崎と言えば、高千穂があるじゃないですか!天岩戸神社!行ってみたいです!
何と言っても、宮崎牛!そしてマンゴー!
食い物ばっかに食らい付く、いやしん坊ですw
不味いな……このコースだと、男1人で僕が苛められるコースだぞ(笑)!
道連れという名の、生け贄をを探さねば(笑)!
有難うございましたm(_ _)m

表示
ネタバレ注意

ご感想を頂き、有難うございます。
mami 様
だ・か・ら(*≧д≦)何でそんなに面白いんだ!会社で「ブフォ( ;゚;ж;゚;)ブッ」って鳴き声上げちゃったじゃないか(笑)!
そんな時に限って、普段賑やかな室内がシーンとしてたモンだから、「ポンコツ部長が居ると、3時お茶が優雅に飲めない!」って、おんにゃのこ達に爆笑されたじゃないか(笑)!
イジワルmami様め……覚えてろよ!絶対、笑わせてやるからな!

そうか!弟の事を忘れてた!
僕の終焉の土地なら、弟はどうなんだろう?
今度、無料宿泊券貰ったら、弟に……ゲフンゲフン!……何でも無いですじょ?

窓口嬢……あれは何だったんでしょう?
あれを言われた時、僕と窓口嬢の間で暫し時が止まりましたw
お嬢さん、ご親切に※※県のパンフレットまで下さいましたよ……惚れちゃいそうな営業スマイルで。
「え?」「は?」しか出てこなかった、当時の自分が悔やまれる。
「君となら、何処だって行くぜ……(*`・ω-)ノ」くらい言いたかった……

福岡……僕の憧れの土地……敬愛する菅原道真公をお祀りする大宰府天満宮……嗚呼!行きたい!この場所こそ、僕にとっては聖地ですたい!
この土地に行けるのなら、mami様に溺れるほど呑まされて、アルコール中毒であぼーんしても悔いは無し(笑)!
というわけで、山口→福岡『よもつひらさか先生を誘拐して、魔王mami様の牙城に乗り込むぞツアー』の計画でも、妄想します(笑)
有難うございましたm(_ _)m

おつまみ…???…ちょっとブレイク的な…?と、読み始めましたが…どこがおつまみですか!何がブレイクですか!(←あっ、これは言ってない?)
怖い…けど、興味深々ですよ。
内心、『行け!行け!』と思ってましたが、そうですか…止められましたか…

その、駅の窓口の女性には笑っちゃいました。
『そんなことあるぅw?』って(*^^*)
その人も、一瞬何かに憑かれたのでしょうか…
『あれ…私、勤めて30年、一度もあんなこと言ったことなかったのに…』とか…

どうですか?行ってみて、『キサ○ギ駅』の様に、ここで実況してみるとか…Ψ( ̄∇ ̄)Ψおっと、またイジワルmamiが…
そうだ!弟さ…ゲフンゲフン…

ところで…よもつさんの山口の後、私の福岡にツアーはどうです?
お酒…強くなっちゃうかも…ですよ(* ̄ー ̄)キラーン

ご感想を頂き、有難うございます。
よもつひらさか様
何を隠そう僕のルーツの片方が、山口にあります!
大橋で繋がった小さい角の島で灯台が在って、映画の舞台にもなった事がある場所です。
そして僕は、瓦蕎麦が大好きです(笑)!
僕の住むみゃーみゃー県には、瓦蕎麦のツユも麺も売ってなくて泣けますw
秋芳洞も行った事があります!あの幻想的な美しさが大好きです!
七つの家のお近くなんですか!
まだ有名になる前に1度、従兄弟に連れて行かれた事があるんですが、ヘタレな幼児だった僕は雰囲気だけでギブアップしました。

( ゚д゚)ハッ!スイマセン…地元じゃないのに、山口の話は飛び付いてしまいます(笑)
大好きなんです、山口……出来れば、終焉の土地にしたい場所のベスト3に入ってます。
今度、山口にお邪魔する時は『よもつひらさか先生を訪ねる旅』にしたいと思います(笑)
有難うございましたm(_ _)m

表示
ネタバレ注意

ご感想を頂き、有難うございます。
琉聖様
悲しいかな、実話です。
※※県と聞くだけで、粟立つ悪寒が背筋を駆け上がり、ボワッと膨らむ猫状態です。
出来る事なら生涯逃げ切り、お気に入りの場所で大往生を迎えたいですね(笑)
掲示板も見て下さって、有難うございます!
本当に…皆様の発想力・表現力・執筆パワーには、ただただ圧倒されます。
Lv.1の冒険者が、Lv.1000超えの勇者様方とパーティーを組んで冒険している感じですw
掲示板からの投稿に関しては、また話し合いが持たれると思います。
賛成意見も反対意見も『その時に!』書き込んで頂けたら、幸いです。
有難うございましたm(_ _)m

表示
ネタバレ注意

ご感想を頂き、有難うございます。
ロビン魑魅魍魎.com様
そう言って頂けると、僕の感じている恐怖を共有して頂けた様で、凄く嬉しいです。
そしてこの話を投稿した本日、上司から※※県の旅館の無料宿泊券を頂きました…ひ…
丁寧に辞退して後輩に譲ったんですが、おいでおいでと呼ぶ※※県の攻撃が段々、断り辛い内容の物になってきている気がします…ひひ…
有難うございましたm(_ _)m

では、山口県に来ましょう。日本三大鍾乳洞の秋芳洞もありますし、かの有名な「七つの家」は我が家の近くですw

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意