短編1
  • 表示切替
  • 使い方

一人遊び

休み時間、給食、放課後

学校でも家でも小学生のA子はいつもひとりぼっち

遊び場所と言えば誰もいなくなってる近所の古びた神社

nextpage

でもA子はここが凄いお気に入り!!

先生、クラスメイト、両親、みんな知らない

A子だけの秘密基地・・・

nextpage

一人お手玉

一人あやとり

一人おままごと

いつも自分が主役の一人遊び

nextpage

毎日毎日遊んでたんですが

ある日、遊びに夢中になり過ぎ気付くと周りは真っ暗闇!!

まだ9歳のA子にとって夜の神社と言う物は凄い恐怖

nextpage

「ママーッ」と泣きながら

母親の携帯に電話するも

「おかけになった電話番号は・・・・」

nextpage

そして、A子の留守電に

「ママは友達とご飯行くからテーブルの1000円で適当にご飯食べといて」

nextpage

そして着信履歴はこの一件のみ

nextpage

「・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・」

nextpage

A子「私は誰からも必要とされてないの?(涙)」

nextpage

「今、目の前に立ってる気持ち悪いおじさん以外は・・・」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7400
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ