中編2
  • 表示切替
  • 使い方

仕事場

music:1

お久しぶりです

ずいぶんと長い間

投稿を休んでいました

職場が変わり

住む所も変わり

やっと落ち着いたので

1つ

話を書かせていただきます

nextpage

music:4

今回は新しく変わった

その職場について

奇妙なことがあったので

それを書いていきます

nextpage

私のいる仕事は

物を壊す

といった方が

正しいかもしれません

そんな職場です

nextpage

色々な物がくる

食器や家具

人形におもちゃ

思い出の詰まった物や

元々が雑に扱っていたのであろう物

nextpage

ある日

事件が起きた

nextpage

ゴミが跳ねて

お客さんの車に当たり傷を付けた

実際には誰も見ていないが

ゴミが車に当たったらしい

全員を別の場所に集めて

誰がどこにいたかの

シュミレーションを行なった

車に当たったゴミを

誰かが拾って捨てたようだ

それも誰も見ていない

しかし

そんなことは私にとって

どうでもよかった

nextpage

その後に言った言葉が

私には引っかかった

nextpage

その現場には作業員は7人いて

実際に現場に出ている人数は

5人なのだが

nextpage

sound:18

あと1人いた!

その人はどこ?

nextpage

music:2

周囲の同僚は

みんな顔には出さないが

呆れたような雰囲気になった

しかし

働き始めて二週間で

私はそれを見た

nextpage

最初はホントにひっそり

そしてうっすらと

徐々にハッキリと鮮明に

nextpage

それは視界の端から

徐々にゆっくりと

真正面に

見えるようになった

nextpage

私や他の作業員と同じように

そいつは

作業服を着ていて

ヘルメットをしている

顔は一度も見たことがないが

視界の端に突然現れる

nextpage

music:6

私も確かに見ているのだ

それも何度も

nextpage

場所はどこでも関係ない

いきなり現れて

何もせずに

歩いていたり

こっちをジッと見ていたり

何かするわけではない

nextpage

だが

そいつは確かに

その場所にいる

nextpage

だからなのか

私は

職場に仕事が終わってから

長い時間いたいとは思わない

周りの景色が夕焼けから

暗くなっていき

夜のとばりが降りてきて

あいつが

活発に動き回っているのが

分かるからだ

nextpage

あいつは暗がりが好きで

その施設の地下や

人の立ち入らない場所を好む

nextpage

自分1人で作業をしていると

周囲に誰もいないと

あいつは現れる

nextpage

music:5

あいつが何かをすることはない

そのはずである

私の考えすぎならそれで良い

もしかしたら

私はいつもいる

同僚達の他にも

もう1人

みんなが知らない同僚と

仕事をしてるのかもしれない

Normal
閲覧数コメント怖い
1,1212
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

MEGさんはじめまして
そうなんですか
お友達も大変な職場に勤めていらっしゃるのですね

なんとなく友達と同じ職場のような(笑)地域は違いますが( *´艸`)