中編3
  • 表示切替
  • 使い方

昔拾った箱

music:7

最初に言っておかなければなりません

この話はかなり読み難いです

会話もあるので長くなります

ご了承ください

ではどうぞ

nextpage

music:1

明日は休みだぁー

仕事を終えて帰宅し

汗を流して布団に倒れた

何をしようか

久しぶりの連休だ

そんなゆったりとしたサイコーの時間

sound:32

nextpage

あ?

なんとなく嫌な気分になる

こういう時はいつもアイツだ

無視!

sound:32

nextpage

無視!

nextpage

sound:32

sound:32

あーうるさい

仕方なく出る

nextpage

「おーH元気かぁー?」

やっぱりこいつだ

図々しくてやかましく

ズカズカと人の気持ちに立ち入ってくる

生臭坊主のYの声

nextpage

私「元気だよ」

Y「そうかー今は家か?」

私「さっき帰ってきたとこだよ」

Y「おーちょうど良かった!でよ?」

私「いや聞きたくない」

Y「まぁそういうなよ?なぁ?」

私「ごめん電波が悪いみたい」

Y「お前、家って言ったよな?」

私「チッ!で?なに?」

nextpage

関わりたくない

どうせ厄介ごとに巻き込まれる

そんな気持ちを考えずにYが話を進める

Y「お前さ?箱を探してただろ?」

私「はい?なんの?」

Y「持ち主見つかった

会って話すわ近くまで迎えに来てるから」

nextpage

箱?なに?ってか

近くまで来てる?

nextpage

仕方なく着替えて準備して

近くのコンビニまで行く

いた!

無駄なガタイに

スキンヘッド

はたから見たらカタギじゃねぇよ

やだなぁー

nextpage

あっ見つかった

Y「おーきたきた

まぁいいや車乗れよ?」

ハァーーーーー

自分の口から無意識に深いため息が出る

nextpage

車が走り出し

Yが話を切り出し始めた

Y「あのよー

前にお前が見つけたって言ってた気持ち悪い箱!

覚えてるよな?

○○宗教の△△事件があった一軒家に落ちてたやつ」

私「あぁー雰囲気が危ないからって

持って帰ろうとしたやつだっけ?

途中で置き引きにあって無くなったんだよな」

nextpage

Y「あれを今持ってるやつ見つけた

ってか来た」

私「ほー?そっかそれで?」

Y「今、家にいるから手伝って?」

私「やだ」

Y「頼むよー2人じゃ手に負えねぇんだわ」

私「2人?誰かいんの?」

Y「おう!Aがいるぞ」

nextpage

最悪だ

AとはYがその筋で知り合った

祓い屋の修行をしている人

どうもウマが合わない

Yとは対照的でクソ真面目の

冗談の通じないやつ

nextpage

私「帰る」

Y「Uターンはしねぇぞ?」

私「………中身は?」

Y「まだ見てない」

私「中を見れるなら行く」

Y「よし!」

nextpage

しばらく走り

Yの家に到着した

sound:19

アァァァァァァー

聞きたくない奇声が聞こえる

私「除霊始めてどれくらい?」

Y「約5時間」

私「この声は持ち主?」

Y「違う…箱だ」

うん?箱?

nextpage

箱のある部屋に行くと

注連縄が部屋の四隅にきっちりとしてある

Y「気を付けろよ?」

注連縄を潜ろうとすると

Yが真面目な口調で言ってきた

music:2

あぁーやっぱり

潜った瞬間に空気が変わった

粘り毛のある

ジメジメしたような不快感が

全身を襲った

アァァァァァァーアァァァァァァー

アァァァァァァーアァァァァァァー

ずっと聞こえていた奇声が

倍以上の音量で聞こえる

nextpage

部屋の奥の神棚の手前に

お札が何十枚も貼ってあり

その隙間から赤黒い色の箱がそこにある

手前には

一心不乱にお経を唱えているAが座っている

nextpage

Yに合図をしてAを連れて

一旦部屋を出た

私「で?Aさん効果あった?」

A「ありませんでした」

Y「だろうな

ありゃ手強いからなぁ」

私「お札はちゃんと見た?

あのお札の何枚かは中身を封じてるんじゃなくて

外からのものを弾いてるんだよ?」

Y「どっかのバカが間違えてなんでも貼りまくったんだろうな」

nextpage

長いので一旦切ります

Normal
閲覧数コメント怖い
6300
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ