あれは、いったい。(実話)

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

あれは、いったい。(実話)

wallpaper:553

music:4

あれは、今から2年前。

僕らはある心霊スポットに行った。

テレビで、島田秀平さんが話した、「長野県 軽井沢町の湯川という場所の湯神神社」というところに行った。

そのときに話していた、二つのいけないこと

一つ、絶対に橋の途中で車を停めてはならない。

一つ、絶対に湯神神社で、お参りをしてはならない。

この約束だ。僕らはもしこれをやぶったらどうなるのか、遊び半分で湯川に向かった。

まずは車を停めてはならない。

これをやる。

湯川橋のあちらこちらに、「途中停車禁止!」のシールが満面なく貼られていました。

A男が、「もう帰ったほうが、良くない?(T . T)

なんだか寒くなってきた」と言ってくるのです。

B太郎は、「ここまで来たんだからヤろうぜ!。

わざわざ埼玉から出てきて何時間かけてきたんだよ!きてすぐ帰るのは、ごめんだぜ。」

僕もその気でいました。

騎Cは、「じゃあ、車を橋の上で停めるよ。」

停めていざ出てみると、あちらこちらに有刺鉄線が張られていました。

湯川は、自殺名所らしくそこで21人が身をなげたそうです。

僕たちは、あるところに目がいってしまいました。それは、一部分、柱にホコリがかぶってなく、有刺鉄線が新しく張り替えられてたのに気付きました。

ここで、新しく、自殺した人がいる!と考えると、背中が凍りました。

早くお参りをして帰ろう。そう思い、早くお参りを済ませました。すると、

A男が、「ぎゃ〜!」

悲鳴をあげました。

神社の名前をみると湯神の湯が氵のみ残って、神の礻だけ残ってあとは全部消えかかっていました。このふたつの残り字を組み合わせると。

氵礻=シネと書いてあったのだ!

大急ぎでお祓いをしてもらうよう、霊能力者に、頼みました。

お祓いが始まり、30分ぐらいしてからでしょうか。霊能力者は、フゥ〜と、深呼吸をしました。

そのときは、あー終わったのかと思い、

「もう帰って良いですか?」

聞きました。すると霊能力者は、笑って、

「ははは!何言ってんの。まだ20体いるよ。」

そう!そこで、身をなげた21人全員をおびき寄せていたのです!

お祓いが、終わったのが深夜2時から始めて、600分くらいかかりました。

皆さんは真似をしないように。

wallpaper:553

Normal
閲覧数コメント怖い
88811
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

(*^▽^)/★*☆♪さんコメントありがとうございます!
考えた話じゃないんですよ!自分の体験談をそのまま語らせてもらいました!

お寺に遊びに行くのはもう止めよう…

キャー( >Д<;)とっても怖かったです…
これはタクあんさんが考えた話ですか❔すごいです( 〃▽〃)
”怖い”付けさせてもらいました❗

みのむしさんコメントありがとうございます!
遊び半分でいくと、大変な目にあうことをこの時に、気づかされました!ww

すごい怖かったです。。
遊び半分で行かないほうがよいのですね!

バンビさん!コメントありがとうございます!
ぼくは、やったらいけないことだとわかっててもやっちゃうんですよね!(無意識に)
押しちゃダメ!とか、見ちゃダメ!って時に、見ちゃったり押しちゃたりしちゃう癖があるんです。
早く治さないと!

ともすけさん!コメントありがとうございます。
僕もあの後後悔しました。泣
ぼくは、心霊スポット仲間の中でも霊感が強いので、あの時なんで言わなかったんだ!と言われました。ぼくは、あの時は霊なんか見えなかったのに。

表示
ネタバレ注意

タクあんさんこんばんは!夜分にすみません。
読ませていただきました!
遊び半分で行かないこと、してはならないこと、破るとどうなるか… この恐怖は計り知れません。シンプルに怖かったです!
私の知人曰く、霊は実在すると断言してます。
霊を怒らせてはならないと…
そういう気持ちで読ませていただきました!ありがとうございます。

すいません。間違えました。
ちゃんと内容変更で変えました!
教えてくれてありがとうございます!

表示
ネタバレ注意