中編2
  • 表示切替
  • 使い方

節操のない人達

清潔感があってオシャレで高身長で笑顔が素敵な彼!!

いつも違う女の子を連れて私の働く喫茶店でモーニングを食べにくる彼

nextpage

口調は穏やかながら相手の顔をジッと見つめる真剣な眼差し

nextpage

「もしあんな目で私も見つめられたら」

キャーっ!!

nextpage

「でもやっぱり彼女いるのかなぁ?もう結婚してんのかなぁ?」

「でも指輪はしてないなぁ?」

と喜んだりため息ついたり私の頭は彼一色!!

nextpage

そんなある日、この前彼と一緒にいた女性が一人で来店

積極的ではないむしろ受身的な私にとって

知らない人、しかもお客様相手にコッチから話しかけるのはかなりの勇気だったんだけど

nextpage

もう部屋で一人モヤモヤするのはイヤ

とにかく結果が知りたいと、当たって砕けろ精神で

「あの~この前の男性の方は・・・・」

nextpage

と話かけると

あっさり「私の彼氏です。」

nextpage

その余りに堂々と言われたのと

お客様相手になんて事を聞いてしまったのか?と言う後悔とで

「スミマセン!!」と逃げるようにカウンターに戻ろうとすると

nextpage

「あ、ちょっと」と私を呼び止める彼女

すると穏やかな表情で

nextpage

「安心して彼女と言っても私だけじゃないわ」

「彼、色んな所で女食ってんの(笑)」

「だからあなたも立候補すれば簡単に彼女になれるわよ」

「私の次で良ければだけど・・・(笑)」

nextpage

一瞬「バカにしないで!!」と思ったんだけど

「でも二番目でもなれるの?」

「デートも出来るの?手を繋ぐ事も?」

と彼とのデード妄想の方が遥かに魅力的で

気付けば彼女とメール交換してました。

nextpage

そして

「ただただ彼と友達になりたいだけなんで誤解しないで下さい」

と必死で頭を下げる私に

「明日紹介するわ」とニッコリ笑う彼女

nextpage

それから数日後の今

私は彼と一緒に夜景がきれいな高級ホテルの最上階で食事をしています。

nextpage

今日一日彼から案内された場所は私の妄想を遥かに凌駕し

驚きと感動の連続で

nextpage

この世の中にこれ以上カッコいい人なんているの?と

彼からの「家に来ない?」と言う誘いを断る理由はどこにもありませんでした。

nextpage

そして夢心地の中彼の寝室に入り

何気に横の部屋を見ると

nextpage

・・・・生首?

nextpage

私「そ、そういやこの前の彼女は?」

男「あ~食ったよ」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,5285
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

い、いろいろ節操なさすぎ(´・д・`)

皆死んだから一番になれましたね!

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意