短編1
  • 表示切替
  • 使い方

緑のお花

shake

wallpaper:255

music:2

俺は、バイト続きで疲れた体をゆっくり休めようと思い、その日は家にいた。

お昼頃になって、腹が減ってきたのでコンビニに行った。

ハンバーグ弁当を買って、店を出ると目の前に中年の女が立っていた。

そのままスルーして帰ろうとしたら、

いきなり女が俺の肩掴んで意味わかんないことを言い出した。

「緑のお花知ってる?」

「いや…知りません。」

怖くなったのでそれだけ言って急いで帰った。

次の日、バイトに行こうと思ってコンビニの前通るといるんだよ。

女が。

遠回りして行こうかとも思ったが、時間がなかったのでそのまま通ることにした。

そしたらまた言ってきた。

「緑のお花知ってる?」

答えても意味ないので無視して通ろうとしたら、

「緑のお花持ってるでしょ!」

とか意味不明なこと言ってきた。

さすがにこれにはビビって、走ってバイトに行った。

バイトから帰って、メシ食ってたらチャイムが鳴った。

宅配便だと思って出たのが失敗だった。

ドアを開けると女が立っていた。

「持ってるじゃない。」

ニヤニヤしながらそう言うと、女は俺の髪を勢い良くむしった。

shake

「痛ってええ!!」

「あら、まだ持ってるわね!明日摘みにくるわ!」

そう言って女は去って行った。

Normal
閲覧数コメント怖い
4690
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ