中編3
  • 表示切替
  • 使い方

みじかに潜む恐怖

nextpage

nextpage

これは私が小学5年生の時の話です。

駄文ですがお付き合い下さい。

ではどうぞ。

nextpage

その日も暑い1日でした。

夏休み真っ最中だった私は

昼に家で1人夏休みの課題をしていました。

nextpage

クーラーの風が心地よく、

次第に眠くなった私はいつの間にか眠ってしまっていました。

nextpage

どれくらい時間が経ったのでしょうか。

私は目を覚ましました。

起きてすぐ思ったことがあります。

nextpage

”部屋の雰囲気がおかしい”

クーラーをかけているはずなのに

じめじめして気持ちの悪い雰囲気が漂っていました。

そう思ったあと、すぐに気づいたこと…

それは…

nextpage

shake

”部屋の隅にナニカがいる”

ということです。

仰向けに寝ている私は

視線の隅にいるソレの正体を理解するのに

時間はかかりませんでした。

nextpage

『この世のものじゃない…』

無意識に口から出た言葉を言い終えた瞬間

私の体は金縛りにあいました。

nextpage

『っ…』

体も動かない。声も一切出ない。

唯一できた行動は、

目を動かす、目を開閉する

この2つだけでした。

nextpage

金縛り自体は何度もなっていたので、

今回も ”またか” 程度にしか思っていませんでした。

とにかく早く解ければいいな〜と

そんな風に思っていたのです。

nextpage

ですが…

ガタッガタ…ガタッ…

今回は少し違うのです。

私の部屋にある家具たちが

一斉にガタガタと音を立て始めました。

nextpage

”これはヤバイ”

そう思った私は必死に

解けろ!解けろ!解けろ! と思い続けました。

でも金縛りは解けてくれず、

家具の音は鳴りっぱなし。

どうしようかと思っていたその時…

nextpage

スッ…

『っ!!?』

部屋の隅にいたソレが動いて

私の方に来るのです。

『こっ…こ…こ』

”来ないで!”。そう言いたいのですが

言葉が全く話せません。

nextpage

そうこうしていると、

ソレは私のすぐ真横まで来ていました。

さっきまでは薄暗くて見えなかったソレは、

白い薄汚れたドレスをまとった

西洋の女性でした。

nextpage

私は見てはダメだ!目を合わせてはダメ!

そう思い、必死で視線をずらそうとしました。

ですが なぜか私の目はゆうことを聞かず、

その女性を捉えて話そうとはしません。

nextpage

俯いていた女性がゆっくりと顔を上げていきました。

そして私と目が合いました。

…………

ニタァッ

その女性は私の顔を見て笑ったのです。

その瞬間…

nextpage

shake

お前のせいだ お前のせいだ お前のせいだ お前のせいだ お前のせいだ お前のせいだ お前のせいだ お前のせいだ……ギャハハハハハハハ…

女性は狂ったように笑いながら

”お前のせいだ”と言い続けたのです。

nextpage

それから気を失ってしまった私は、

帰宅した母に起こされました。

私はすごくうなされていたそうです。

nextpage

『夢か〜。。』

怖い夢を見たのかと一安心していると、

母『その腕どうしたの?!』と

母が驚いた顔で私の腕を指差しました。

nextpage

私の腕は誰かの手形のような模様で

赤くなっていました。

さっき見たあの女性……

私の腕を思い切り掴んでいた。

夢なんかでは無かったのです。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4390
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ