中編2
  • 表示切替
  • 使い方

末期的廃棄家族

僕には家族が居ない

僕は今は親戚の家に暮らしている

親戚は僕の事を家族だと言ってくれている

だけど僕にとっては家族じゃない

nextpage

僕の家族はみんな借金で首吊り自殺した

僕だけ生き残ってしまった。

nextpage

今日は土曜日、親戚の叔父さんは仕事

叔母さんはいつも社交界、娘さんはバイト

因みに僕が他人の子とは娘さんは知らない

だから、お兄ちゃんと呼んでくる

今日は親戚の家で他人の僕一人だけだ

nextpage

一人で考えてた

親戚は僕に優しくしてくれる

だから僕も家族を演じてるだけど

そろそろ疲れてきたんだ、この生活にね

nextpage

今日は日曜日、親戚は全員いる

朝は

叔母さんがサンドウィッチを作ってくれた

昼はショッピングで叔父さんと買い物した

夜には娘さんが勉強を教えてと頼んできたから教えてあげた

nextpage

分かった!やっぱりだ!

偽物の家族はいけないんだ

本物の家族じゃなきゃいけない

僕はこの家に存在してはいけないんだ

こんな家族ごっこ終わりにしよう

nextpage

僕は台所から包丁取り出した

僕は正しい事をしているんだな

少し勇気が湧いてきた

親戚はみんな寝る準備をしに部屋に入ったから、一人一人殺そう。

nextpage

最初は叔母だ、叔母の部屋に入ると

叔母は寝ている様だ

叔母は僕がこの家に来た時に泣いて迎えてくれた

nextpage

叔母の料理はとても美味しかった

僕がおかわりすると、とても喜んでくれた

だけど叔母は偽物だ殺さなきゃ

寝ている叔母に口と目をガムテープで塞ぎ

首に包丁を押し当てあとは押すだけだ

nextpage

shake

グギャャァャャャァと叫んだ様に聞こえた

幸いガムテープのお陰で外には聞こえなかった、ありがとう叔母さん

nextpage

次は僕をお兄ちゃんって呼んでくる

うるさい娘さんだ

早速部屋をノックすると娘さんが出てきた

僕は大事な話があると部屋に入った

娘さんに真実を打ち明けた

nextpage

娘さんはボロボロに泣き崩れた

僕はごめんと謝って包丁を真っ赤に腫れた目に刺した、あとは押し倒して

首を絞めた娘さんの目は開かなくった

nextpage

次は叔父さんだ

叔父さんは優しくて明るくて

家族だって言ってくれた

だけど偽物の家族なんで要らないんだ

nextpage

叔父さんは明日仕事だから

寝ていた、叔父さんを起こすのは嫌だから

さっきと同じ様にガムテープで目と口を塞ぎ

包丁で首を刺した

叔父さんはあっけなく死んだ

nextpage

偽物はいなくなった

これで演じなくっていいんだ

でも後片付けが大変だ

まあいいや明日ゴミの日だし

nextpage

今日は月曜日大きなゴミが3つ出た

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9084
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

hanさんありがとうございます
そしてお気遣いもありがとうございます
削除しなくて大丈夫ですよ

表示
ネタバレ注意

バンビさんすいません直しときます
結構僕もこの話好きなんですよ

表示
ネタバレ注意